ミックス犬「シープー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種の紹介

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、人気急上昇中の「シープー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

シープーの特徴

シープーは、ともに小型犬の中でも安定した人気を誇るシーズーとトイ・プードルを親犬種に持つミックス犬です。

ミックス犬としては後発のほうですが、その魅力的な容姿と性格に人気がじわじわと高まってきています。

アレルギーフレンドリーで活躍する使役犬も作出を目的に、プードルを親犬種に持つミックス犬は種類も多く、歴史も長いことが多いです。

シープーは、そうしたプードル・ハイブリッドの先輩ミックス犬たちとは違った路線で、その容姿のかわいさに人気が高まってきているようですね。

とはいえ、容姿だけではない性格的な魅力も含めて、家庭犬としてとても飼いやすい、現代っこのワンちゃんと言えるでしょう。

体高25cm前後、体重5kg前後の小型犬で、テディベアのような愛らしい顔つきが特徴です。

親犬種であるシーズーとトイ・プードルの特徴がバランスよく現れることが多いとされていますが、一般的に、垂れ耳の丸い顔に丸い目、少し長めのマズル(口吻)に三角形の鼻、といった外見になるようです。

毛色は親犬の毛色にもよりますが、ホワイト、ブラック、クリーム、グレイなどの単色または、シーズーのようなホワイトをベースにした2色または3色の斑があるタイプになることもあります。

多くはトイ・プードル特有のカールした毛質を受け継ぐようです。

シープーの性格

穏やかで、遊び好きなシーズーの性格と、陽気で社交的なトイ・プードルの性格が相まって、シープーは人懐っこくてフレンドリー、温厚でいてアクティブな一面も持ち合わせています。

普段はおっとりとしていて大人しく、遊ぶ時は元気いっぱいに遊ぶ、というバランスの良さ。まさに、親犬種のいいとこ取りです。

その反面、その子の個性によっては、シーズーの人が大好きで他のワンちゃんには興味が無い、という傾向が出やすかったり、トイ・プードルの神経質な一面が出やすかったり、することもあります。

しかし本来は、社交的でフレンドリーな素質を持ち合わせているため、他のワンちゃんや小さな子ども、年配の方などとも上手に付き合うことができるワンちゃんです。

子犬の頃から社会化をしっかりと意識して、たくさんの経験をさせてあげることで、バランスの良い落ち着きを身に付けることができますよ。

いずれにしても親犬種の長所と短所とともに、その子の性格を理解して、しつけをしてあげることが大切です。

親犬種のシーズーもトイ・プードルも飲み込みが早く賢いため、しつけは難しくありません。頑固な一面があることを理解した上で、良い悪いの区別をきちんと教えてあげましょう。

シープーのお手入れ

両親犬種の「毛が抜けにくい」という長所の恩恵を受けて、シープーのお手入れは難しくはありません。

しかし、毛玉になりやすい、毛量が多いというデメリットもあるため、日々のブラッシングは欠かせません。

丁寧にブラッシングを行い、フワフワしたヌイグルミのような毛並みをキープできるようにしましょう。

ブラッシング時には、スリッカーブラシを使うとよいでしょう。

毛は伸びていくので、月に一回くらいの頻度でトリミングも必要になります。

シーズー寄りのタイプのワンちゃんは、皮脂の分泌が強い傾向にあります。皮膚炎や脂漏症などにならないよう、シャンプーなども注意してあげるとよいでしょう。

そのほか、歯肉炎や歯周病になりやすい傾向にあるため、子犬の頃から歯磨きの習慣をつけて、歯のお手入れも欠かさないようにしてあげることが大切です。

気を付けたいシープーの病気

ミックス犬のメリットとして、先天的な病気はあまり心配ないかもしれません。

しかし、後天的な理由や環境によって病気のリスクが高まらないよう、日頃から健康管理には気をつけておきたいものです。

親犬種に共通する病気として、外耳炎や気管虚脱、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼などがあげられます。

これらは、普段のお手入れや体重管理を怠らなければ防げる病気でもあるため、日ごろのホームケアをきちんと行ってあげましょう。

また白内障や進行性網膜萎縮症などの目の病気のリスクも高い方です。早期発見のためにも、定期的な健診などで異変を見逃さないようにしましょう。

愛情表現の豊かさは天下一品!

親犬種譲りの性格の良さはもちろんですが、飼い主さんに対する愛情の深さ、そしてその愛情表現の豊かさに、癒されない飼い主さんはおそらくいないでしょう。

そのヌイグルミのようなかわいさが拍車をかけて、シープーの魅力は尽きることがありません。

どんなワンちゃんでも愛情を与えれば、その倍以上の愛を返してくれるもの。特にシープーは、そんな愛情の示し方が得意なワンちゃんなのかもしれません。

そんな相思相愛の愛犬に巡り合いたいものですね!

スポンサーリンク