ミックス犬「シーポメ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

ポメラニアンとシーズーのミックス犬 犬種の紹介

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、まん丸フェイスとモフモフ感が魅力の「シーポメ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

シーポメの特徴

シーポメは、シーズーとポメラニアンの掛け合わせで生まれたミックス犬。「ポメシー」や「ポメズー」などとも呼ばれています。

親犬種であるシーズーもポメラニアンも、小型の家庭犬としては大人気の犬種。その両親犬種の良いところを上手に受け継いだシーポメは、初めてワンちゃんを飼う家庭でも飼いやすいと評判です。

シーポメは体重7kg前後、体高25cm前後くらいのサイズ感ですが、両親犬の大きさなどによっても個体差があります。

どちらかというと、ポメラニアン寄りの見た目になることの多いシーポメですが、中にはシーズーの特徴が色濃く現れているタイプのワンちゃんもいます。

どちらの親犬種に似るのかどうかは、成長の過程で変化することも多く、親犬種の面影を探したりする楽しみもありますよ。

シーポメの毛質はシーズーに似ることが多く、柔らかくしっとりした手触りの毛並みで、毛色はポメラニアンに寄るとオレンジやブラウンに、シーズーに寄ると白地にブラウンやブラックのパーティーカラー(3色)になることもあります。

シーポメの性格

シーポメの性格は主におっとりしていて、物事に動じず落ち着きあるタイプ。

ポメラニアンの用心深さをシーズーの落ち着いてフレンドリーな性格がうまく中和して、穏やかでやさしい気質を生み出しています。

また、シーポメは家の中ではのんびりしていても、ひとたび外に出ると元気に走り回ったり活動的な一面も持ち合わせています。

シーポメは聡明で人の言うことをよく理解するため、しつけもしやすいですが、シーズー譲りの独立心の強さから、少し頑固なタイプになることが多いようです。

良いことと悪いことをしっかりと区別し、一貫したしつけを行うようにしましょう。

遊びに誘っても興味を示さない、などマイペースな一面もあるようです。

大人しく手間がかからないことで、ワンちゃんの思い通りにさせていると、頑固さを助長してしまいワガママに育ってしまいますので、ルールとして決めたことは徹底するようにしましょう。

シーポメのお手入れ

どちらの親犬種のタイプに似るかによって、シーポメの毛並みのボリュームや雰囲気は異なりますが、いずれにしてもフワフワと柔らかい毛はどちらかというともつれやすい毛質です。

定期的にブラッシングをして、不要な下毛を取り除き、絡まらないようにお手入れを欠かさないようにしてあげましょう。

シーズータイプのシーポメは垂れ耳になるため、耳の中が蒸れやすく細菌などが繁殖しやすいため、匂いや汚れのチェックをして常に清潔にして外耳炎などの病気を予防しましょう。

ボリュームのある被毛は、トリミングサロンでカットしてもらったりすることもできます。

個体差はありますが、シーポメは丸顔を中心にしたかわいいデザインカットなどを楽しむこともできますよ。

気を付けたいシーポメの病気

ミックス犬特有の遺伝子異常などがある場合もあるため、家族に迎える前にブリーダーなどに親犬種の病歴などを確認することも大切です。

もし少しでも不明なことや不安があれば、家族に迎える前に心配ごとはクリアにしておきましょう。

シーポメは比較的太りやすい傾向にあるので、どのワンちゃんにも言えることですが、特に肥満にならないような体重管理を意識してあげましょう。

その他、親犬種のかかりやすい病気には、流涙症や白内障などの目の病気や気管虚脱などの呼吸器系の病気、膝蓋骨脱臼などの関節の病気などがあげられます。

心掛け次第で予防することもできるため、親犬種のかかりやすい病気については正しく理解し、異変があった時にすぐに気づけるよう注意をしておくと良いでしょう。

思いがけず一目ぼれ!なシーポメ

犬を飼うつもりなんてなかったのに、ペットショップで見かけたこの子と目と目があった瞬間一目で惚れてしまった…などという出会いも多いシーポメ。

つぶらで黒目がちなシーポメの瞳で見上げられたら、誰もが恋に落ちてしまいそうです。

シーポメのおっとりのんびりした性格もまた、忙しくストレスを抱えることの多い現代人にはぴったりの癒しの存在になってくれそうですね!

ポメラニアンとシーズーのミックス犬「シーポメ」と暮らしている方の声

「のん太」はポメラニアンとシーズーのミックス犬。
やんちゃ盛りの甘えん坊、1歳の男の子です。

ポメラニアンとシーズーのミックス犬

出会いは近所のペットショップ。夫も私も犬好きで、最初は保護犬を新しい家族として迎え入れることを考えていました。

しかし、我が家は賃貸。ペット可物件ではあるものの、小型犬のみという制約がありました。保護施設で出会った子たちは、みな中型犬。泣く泣く受け入れを諦めました。

そんな時、何となく立ち寄った近所のペットショップで見つけた小さな犬。セール中と書かれたケージの中から、ジッと私たち夫婦を見ています。

何だか胸が痛みました。

抱き上げると尻尾をちぎれんばかりに振って喜び、私たちの足元から離れません。これも何かの縁だからと、夫と相談してこの子を連れて帰ることにしました。それが「のん太」です。

ポメラニアンとシーズーのミックス犬

のん太は、ポメラニアンの人懐っこさとシーズーの賢さを併せ持っています。お客さんが来ると、最初は警戒しますが数分後にはちゃっかり膝の上へ。

お気に入りのおもちゃを投げてやると、猛ダッシュで取りに行っては嬉しそうに戻ってきます。親馬鹿だと言われてしまいそうですが、数回言い聞かせれば新しい事でもすぐに覚えてしまいます。

外を歩けば「まあ、めずらしいワンちゃんね~」「犬種は何?」と、よく声をかけてもらえます。ユニークな見た目で、覚えてもらいやすいのもミックス犬のいいところ。

どんな見た目に成長するのか分からないワクワク感もあります。ちなみに、のん太は後ろ足の肉球の先がピンク色。のん太だけのチャームポイントです。

ポメラニアンとシーズーのミックス犬

最近は、窓から外の様子を観察するのにハマっているようです。窓ガラスにぴったりと鼻をつけて、伏せてジーっと外を見ています。

近所の子どもたちが通ると嬉しそうに吠えますが、小さな犬や猫が通るとけたたましく吠え、“のん太注意報”発令。もっとも、大きなワンちゃんは見てみぬふりなのですが…。気の小さいところまで、可愛らしく感じます。

偶然の出会いから1年が過ぎ、今ではすっかり大切な家族の一員。我が家のアイドルとして、毎日私たちを楽しませてくれています。

スポンサーリンク