ミックス犬「シーポメ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

ポメラニアンとシーズーのミックス犬 犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、まん丸フェイスとモフモフ感が魅力の「シーポメ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

シーポメの特徴

シーポメは、シーズーとポメラニアンの掛け合わせで生まれたミックス犬。「ポメシー」や「ポメズー」などとも呼ばれています。

親犬種であるシーズーもポメラニアンも、小型の家庭犬としては大人気の犬種。その両親犬種の良いところを上手に受け継いだシーポメは、初めてワンちゃんを飼う家庭でも飼いやすいと評判です。

シーポメは体重7kg前後、体高25cm前後くらいのサイズ感ですが、両親犬の大きさなどによっても個体差があります。

どちらかというと、ポメラニアン寄りの見た目になることの多いシーポメですが、中にはシーズーの特徴が色濃く現れているタイプのワンちゃんもいます。

どちらの親犬種に似るのかどうかは、成長の過程で変化することも多く、親犬種の面影を探したりする楽しみもありますよ。

シーポメの毛質はシーズーに似ることが多く、柔らかくしっとりした手触りの毛並みで、毛色はポメラニアンに寄るとオレンジやブラウンに、シーズーに寄ると白地にブラウンやブラックのパーティーカラー(3色)になることもあります。

シーポメの性格

シーポメの性格は主におっとりしていて、物事に動じず落ち着きあるタイプ。

ポメラニアンの用心深さをシーズーの落ち着いてフレンドリーな性格がうまく中和して、穏やかでやさしい気質を生み出しています。

また、シーポメは家の中ではのんびりしていても、ひとたび外に出ると元気に走り回ったり活動的な一面も持ち合わせています。

シーポメは聡明で人の言うことをよく理解するため、しつけもしやすいですが、シーズー譲りの独立心の強さから、少し頑固なタイプになることが多いようです。

良いことと悪いことをしっかりと区別し、一貫したしつけを行うようにしましょう。

遊びに誘っても興味を示さない、などマイペースな一面もあるようです。

大人しく手間がかからないことで、ワンちゃんの思い通りにさせていると、頑固さを助長してしまいワガママに育ってしまいますので、ルールとして決めたことは徹底するようにしましょう。

次のページではシーポメのお手入れや病気について紹介するよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク