ミックス犬「ポメキー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、小さいけれどゴージャスで個性的!そんな「ポメキー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ポメキーの特徴

ポメキーまたはポンキーとも呼ばれるワンちゃんは、ポメラニアンとヨーキー(ヨークシャー・テリア)を親犬種に持つミックス犬です。

ヨーキーは小型犬の中でも特に小柄で毛並みが美しく、動く宝石とも呼ばれることのある人気の犬種。ポメラニアンもクリクリしたつぶらな瞳が愛らしくファンの多い小型犬。

そんな人気の犬種を両親に持つポメキーは、絶対的かわいさを受け継ぎ、ミックス犬の中でも話題を集めています。

ポメキーの子犬の頃の容姿はポメラニアン寄りのほわほわと綿菓子のようなシルエットをしていますが、成長するにつれてヨーキーの面影が色濃く現れるなど、見た目の印象が変化していくといわれています。

両親犬の大きさも影響しますが、ポメキーは体重3kg前後、体高20cm前後と小さめサイズが一般的です。

ポメラニアン譲りのボリュームある被毛に、艶のあるシルキーな毛質はヨーキー譲り。小柄ながら、ゴージャスな風貌となることも、ポメキーが支持される魅力のひとつと言えるでしょう。

ポメキーの毛色は、両親犬種の特徴的な毛色をバランスよく受け継ぎ、ブラウン系やシルバーグレイなどのブラック系などさまざまです。

どちらの親犬種の特徴が色濃く現れるかどうかで毛色がまったく異なるため、個体差があるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク