ミックス犬「パピチワ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種の紹介

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、小悪魔的なかわいさでファンを増やしている「パピチワ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

パピチワの特徴

パピチワは、「チワパピ」とも呼ばれ、チワワとパピヨンを親犬種に持つミックス犬です。アメリカでは「チオン」などとも呼ばれているとか。

もともと、どちらの犬種にも純血種交配の長い歴史の中で、チワワとパピヨンを掛け合わせたこともあり、遠い親戚筋であるといえます。

パピチワの印象的なクリっとした瞳などは、チワワ、パピヨンどちらの親犬種にも共通するチャームポイントですね。

そんな魅力を受け継いだパピチワには、大きな飾り毛のついた三角の立ち耳や、豊かな被毛をまとって尻尾、丸い頭(アップル・ヘッド)、キュートな短めのマズルなど、他にもかわいいポイントがいっぱい。

パピチワはどちらの親犬種の特徴が色濃く出ている、と言うよりも、全体的にチワワとパピヨンがシンクロして、かわいさをアップさせているようです。

パピチワは体重3kg前後、体高25cm前後と小柄な体形で、手触りの柔らかなストレートな被毛を持ちます。

毛色には、「ホワイト&マーキング」「フォーン&マーキング」「トライカラー(三色)」などがあります。

パピチワの毛色は成長するにしたがって変化することが多く、子犬の頃から特定することはできません。その分、どんな風に成長していくのか、その過程を楽しむ醍醐味があるといえるでしょう。

パピチワの性格

親犬種であるパピヨンは、その優雅な容姿と愛らしさから上流階級の貴族にもてはやされた愛玩犬でもあります。そのため、明るく甘え上手で、積極的に人や他の犬ともコミュニケーションをとることを好みます。

しかし賢いゆえの気位の高さもあり、甘やかしすぎてしまうと、どうしようもなくワガママに振舞ったり、飼い主さん以外の人をまったく受け付けない、などの箱入り娘・息子になりやすい傾向にあります。

同様に、同じ親犬種のチワワも、愛情深く、活発でフレンドリー。用心深く勇敢な一面から、番犬気質を持ち合わせています。

こうした親犬種の性格的な特徴を受け継いだパピチワは、飼い主さんへの信頼が厚くて甘えん坊、フレンドリーで活発な性格です。

その反面、両親犬種の気の強さを受け継いでいるため、甘やかしすぎずにしつけは毅然とした態度で行いましょう。

パピチワはパピヨンよりのタイプは気丈な性格で何事にも前向きになりますし、チワワよりのタイプは、従順で用心深い慎重派が多いようです。

小さな頃から、社会化をしっかりと行い、自立心と自信をつけさせてあげれば、誰とでも仲良く振舞えるお利口なワンちゃんに育ちます。

パピチワはワガママで攻撃的な性格の要素を持ち合わせていることを忘れず、良いことと悪いこと、の区別をしっかりとして甘やかしすぎないことを心掛けましょう。

パピチワのお手入れ

美しい飾り毛を持つことがパピチワの最大の特徴でもあり、魅力でもあります。

パピチワの、やわらかな被毛は毛玉になりやすく、毎日のブラッシングを欠かさないようにしましょう。

長い被毛のお手入れには気を使いますが、そのほかに大変なことはあまりありません。

ブラッシングを嫌がるようになってしまうと、せっかくの毛並みが台無しになってしまうため、毎日のお手入れを嫌がらずにできるように、子犬の頃から道具そのものやブラッシングに慣れるようにしておきましょう。

抜け毛の対策とともに、夏の暑さや冬の寒さなどの体温調節のためにお洋服を着せたりしてお手入れやおしゃれを楽しむことができるのも、パピチワの魅力のひとつでしょう。

気を付けたいパピチワの病気

パピチワは、ミックス犬のメリットとして遺伝的な病気などにかかるリスクが少なく丈夫といわれています。

特にかかりやすい病気、として特筆することが少ないですが、元気で遊び好きなパピチワは、床がすべりやすい、高い場所に上ってしまう、などが影響して骨折など関節系の事故を起こしやすいので、住環境の見直しなどをして事故が起きないように気を付けてあげましょう。

膝蓋骨脱臼も起こしやすいです。歩き方がおかしいな、などと異変を感じたら獣医師に見てもらいましょう。

その他、親犬種のかかりやすい病気の傾向として、目にまつわる病気があげられます。

「進行性網膜萎縮」「眼瞼内反症」など、どのような病気でどのような症状があるものなのかなどを理解をしておくと、病気の早期発見につながります。

キュートな小悪魔パピチワにメロメロ!!

いくらしつけをしっかりしないとワガママな子になりますよ、と言われたって、こんなキュートな瞳で見上げられたら、ついつい何でも許してしまいそう。

そんな小悪魔的な魅力をもったパピチワは、かなりの統率力を持つ愛らしい家族の一員になること間違いありません。

どんな子に育っていくのか、はその子の持ち前の個性と飼い主さんの愛情次第。個性を受け止め、愛情を惜しみなく与えれば、魅力あるパピチワの小悪魔パワーに癒されながら、愛犬と楽しい毎日が送れるハズですね。

スポンサーリンク