ミックス犬「チワズー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、コンパクトボディとキュートな表情が人気の「チワズー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チワズーの特徴

チワズーは、その他にも「チーズ-」「チワシー」「チワシーズ」「シーチワ」などの呼ばれ方がある小型のミックス犬。名前からも分かるように、チワワとシーズーが親犬種です。

どちらの親犬種も、人気の小型犬ですね。人気者の両親から生まれたチワズーは、まるでヌイグルミのようにキュート。

体重5kg前後、体高20cm前後の大きさが一般的で、その容姿は、体つきはチワワのよう、顔はシーズーの面影が色濃く現れることが多いようです。

耳の形状は、親犬種の特徴によって立ち耳になったり、垂れた耳になったりさまざまです。

ミックス犬ならではのアンバランスさから、どちらの親犬種の特徴がどのように現れるかは未知数です。その子の個性を楽しみながら、育てていってあげたいものですね。

チワズー毛色は、シーズーに多く見られるブラウン&ホワイトの2色カラーを中心に、ブラック、クリーム、3色のトライカラーなどがあります。

どちらの親犬種もダブルコートで2種類の被毛を持ち、短めのアンダーコートと、長さの異なるオーバーコートを持ちます。

チワズーの性格やお手入れは次のページで紹介するよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク