ミックス犬「チワズー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、コンパクトボディとキュートな表情が人気の「チワズー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チワズーの特徴

チワズーは、その他にも「チーズ-」「チワシー」「チワシーズ」「シーチワ」などの呼ばれ方がある小型のミックス犬。名前からも分かるように、チワワとシーズーが親犬種です。

どちらの親犬種も、人気の小型犬ですね。人気者の両親から生まれたチワズーは、まるでヌイグルミのようにキュート。

体重5kg前後、体高20cm前後の大きさが一般的で、その容姿は、体つきはチワワのよう、顔はシーズーの面影が色濃く現れることが多いようです。

耳の形状は、親犬種の特徴によって立ち耳になったり、垂れた耳になったりさまざまです。

ミックス犬ならではのアンバランスさから、どちらの親犬種の特徴がどのように現れるかは未知数です。その子の個性を楽しみながら、育てていってあげたいものですね。

チワズー毛色は、シーズーに多く見られるブラウン&ホワイトの2色カラーを中心に、ブラック、クリーム、3色のトライカラーなどがあります。

どちらの親犬種もダブルコートで2種類の被毛を持ち、短めのアンダーコートと、長さの異なるオーバーコートを持ちます。

チワズーの性格

チワズーは、両親犬種の性格的な特徴をバランスよく受け継ぎ、愛情深く、好奇心旺盛で遊び好き。

のんびり、おっとりしたタイプのワンちゃんが多く、年配の方や小さな子どもとの相性も良いと言えるでしょう。

チワズーは社交的な性格で、人や他の犬に対してもフレンドリーに接することができます。多頭飼いにも適しています。

一方で、チワワの警戒心の強さや臆病な一面が強調されると吠え癖がつきやすく、シーズーの頑固な一面を受け継いだ場合は、しつけに苦労するかもしれません。

ヌイグルミのように愛らしいからと、チワズーを甘やかして育ててしまうと、頑固でワガママ、無駄吠えばかりする、といった親犬種のマイナス要素が強化されてしまうため、家庭に迎えたらすぐに一貫したしつけを徹底しましょう。

チワズーは飼い主さんに対する愛情の深さ、従順な姿勢を持ち合わせているため、きちんと導いてあげることができれば、それほど手を焼くことはありません。

どんなワンちゃんにも言えることですが、早いうちから信頼関係を築き、メリハリあるマナーを学習させてあげましょう。

チワズーのお手入れ

チワズーはダブルコートの被毛ではあるものの、シーズーの要素の影響から抜け毛はそれほど多くはないでしょう。

その代わり、毛が伸び続けたり、柔らかいアンダーコートがもつれて、すぐ毛玉になりやすい毛質になることも多いので、日常的なブラッシングは必須です。

親犬種のシーズーは皮脂が多く体臭が出やすいと言われているため、チワズーも皮膚のケアには特に注意をしてあげましょう。

定期的なトリミングでかわいらしい容姿をいつでも保つようにしてあげると、お手入れそのものも楽しめますね。

チワズーは頑固な一面があることから、爪切りやシャンプーなど一度でも怖い経験をしてしまうと、その後のお手入れを頑なに嫌がるようになってしまう場合もあります。

小さなうちに、コームやスリッカーなどのブラシ類、爪切り、ドライヤーなどのお手入れ道具に慣らし、痛い思いをさせないように気を付けて、ワンちゃん自身がお手入れを楽しめるように工夫してあげると良いでしょう。

気を付けたいチワズーの病気

小型犬の中でも小さめなチワズーは、親犬種の平均寿命からしても比較的長生きです。

親犬種に多いとされる病気や怪我などに気を付けて、元気に長生きできるようにケアをしてあげましょう。

膝蓋骨脱臼で後ろ足の膝関節を痛めてしまうケースは、適度な運動をして筋肉をつけることやカーペットや高低差の多い家具類などの住環境を足に負担のかからないように整えることで予防することもできます。

その他、脂漏症などの皮膚疾患、角膜炎や白内障などの目の病気、水頭症、などがチワズーがかかりやすいと言われている病気です。

親犬種のどちらも太りやすい傾向があるため、チワズーも体重管理には配慮が必要です。

チワズーは唯一無二のキュートなパートナー

ミックス犬ならではの個性的な容姿の中でもチワズーのキュートさは、まるでアニメ映画に登場するような印象的な愛らしさがありますよ!

小さなお子さんの新しい妹弟としてもぴったりで、すぐに仲良くなれるでしょう。

成長するにしたがってクルクルと印象が変わる小さな相棒は、世界にただ一頭だけの大切な家族です。

どんなことがあっても長く一緒に過ごして、楽しい時を重ねていきたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク