ミックス犬「マルシーズー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種の紹介

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ふわっふわの毛並みと賢さが魅力の「マルシーズー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

マルシーズーの特徴

マルシーズーはその名の通り、マルチーズとシーズーを親犬種に持つミックス犬です。「シーマル」などとも呼ばれます。

最近人気が高まってきたことから、ペットショップでも見かける機会が多くなってきました。

どちらも、小型犬であること、抜け毛が少ないこと、性格が穏やかな愛玩犬としての歴史が長いことなど、もともと似ている部分が多い、シーズーとマルチーズ。

そのため、両犬種の掛け合わせは無理が無く、バランスもとても良いミックス犬が生まれているようです。

一般的には、お母さん犬種の特徴が色濃く現れるようですが、成犬になってみないとはっきりしないと言われています。

短めのマズル(口吻)、ウルウルと潤んだ大きな目などは、シーズーの特徴が大きく現れることも多いようです。

体高28センチ前後、体重は6kg前後。親犬種もほぼ同じくらいの体格のため、一般的にはあまり小さすぎたり大きすぎたりすることは無いようですが、そこはミックス犬のこと。親犬同士が極端に大きい、小さいサイズであれば、その限りではありません。

雄犬の方が若干大き目になる、という傾向は親犬種と同様です。

毛色については、マルチーズは基本的にホワイトカラーのみですが、シーズーはホワイトをベースにゴールド、レッド、オレンジ、などベージュに近い毛色から明るめの色までさまざまな茶色のバリエーション、またはブラックとの2色、または3色の組み合わせがあります。

マルシーズーは、シーズーのような2色カラーや薄いベージュなどの単色、あるいは、ボディはホワイトで耳や尻尾の部分だけにシーズーの特徴的なカラーが現れるタイプなどが多いようです。

親犬種の特徴と同様に、マルシーズーの毛色も定着するまでに時間がかかり、子犬の頃の毛色が成犬になるにつれて次第に変化していくこともあります。

マルシーズーの性格

マルシーズーは、どちらの親犬種にも共通した「温厚で賢い」性格を引き継いでいます。

そのため、年配の方や小さな子どものいる家庭でも大変飼いやすいと言えるでしょう。

マルチーズの活発で遊び上手な点、シーズーの甘え上手で遊び好きな点も組み合わさり、一人でも大人しく遊べたりもしますが、飼い主さんと遊ぶことも大好きです。

賢く、物覚えもよいのですが、一度定着してしまったことを変えることがなかなか難しい、頑固な一面もあります。

子犬の頃のしつけは、その頑固な一面を理解して上手に導いてあげることがポイントです。

大人しく、甘え上手で遊び好き、というと文句のつけどころのないマルシーズーですが、親犬種の持つ頑固な一面や勇敢で向こう見ずな積極性が悪い方向に表れてしまうと、吠え癖がついてしまったり、見知らぬ人に対して人見知りが強くなる傾向があります。

かわいいからといって甘やかさずに、良い悪いの区別をしっかり付けたしつけを行いましょう。

マルシーズーのお手入れ

親犬種であるマルチーズ、シーズーどちらも抜け毛の少ないシングルタイプの毛質です。

そのため、マルシーズーも抜け毛はそれほど多くありません。一方で、毛が伸び続けていくため、定期的なトリミングが必要になります。

いろいろなデザインカットを楽しんだり、長く伸ばした毛を編んでリボンをつけたりなど、かわいくアレンジすることもできますよ。

毛が抜けないからと言ってブラッシングを怠ると、細くやわらかな被毛は絡まりやすくひどい毛玉になってしまいます。

日常的なブラッシングと定期的なトリミングで、マルシーズーの特徴でもあるフワフワとした柔らかい毛並みをキープできるようにしましょう。

また、耳の中や目の周りは少し気を付けてケアをしてあげたい部分です。

垂れた耳は蒸れやすく、細菌が繁殖しやすいため、変な匂いがしないかどうかなど日々チェックしておきましょう。

目元は涙やけで被毛が変色してしまったり目ヤニが多く出てしまうと、せっかくのかわいい表情がくもってしまいます。

目元専用の洗浄液などもありますので、日常的なホームケアができるとよいですね。

気を付けたいマルシーズーの病気

マルシーズーだけでなくても、どのワンちゃんにも言えることですが、あまり太り過ぎてしまうと関節系疾患のリスクが高まります。

膝蓋骨脱臼、椎間板ヘルニアなどはかかりやすいと言われています。

マズル(口吻)の短いタイプのワンちゃんに多いのが、熱中症や鼻腔狭窄などです。

また、親犬種であるシーズーは肛門線の固いタイプのワンちゃんが多いため、肛門周囲線種(肛門周りの組織の腫瘍)なども気を付けたい病気のひとつです。

皮脂の分泌が多いシーズーは高温多湿の環境が苦手で、脂漏症などの皮膚の病気にもなりやすいです。

シーズーよりの傾向が強い場合は、皮膚のケアも気を付けてあげる必要があります。

その他、親犬種であるマルチーズ特有の病気としてホワイトシェイカードッグ症候群があげられます。白い小型犬がかかりやすいと言われているため、マルシーズーもリスクが高い病気のひとつと言えるでしょう。

愛嬌たっぷり!ふわっふわのヌイグルミ

大人しく穏やか、それでいて遊ぶ時は元気いっぱいの笑顔を見せてくれるマルシーズー。

クリクリした大きな瞳で見つめられたら、きっとどんなことでも許してしまいそうになってしまうのではないでしょうか。

表情豊かに喜怒哀楽を表現してくれる小さなヌイグルミのようなマルシーズーは、家族皆を癒してくれる天使のような存在になるハズです。

マルシーズーはきっと、かわいがられることがお仕事!なのかもしれませんね!

犬種の紹介
シェアする
フォローする
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
woo-wan.com
スポンサーリンク