愛犬と蓼科の横谷渓谷を散策!信州名物お蕎麦も!

犬とお出かけ

9月初旬のまだ夏の日差しが残る中、蓼科にある会員制のホテルを予約し愛犬と訪れたのが横谷渓谷の遊歩道。

横谷渓谷の遊歩道は最高地点の標高が1530mあり、渋川の流れに沿ってわんちゃんと散策できるコースで、横谷温泉旅館の脇から登り、王滝で折り返してきました。

この記事に登場する愛犬 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

長野と言ったらやっぱりお蕎麦

中央高速茅野インターチェンジで降りて蓼科の方へ向かい走っているとき、相棒が「お昼ご飯は長野だからお蕎麦食べたいね」と言っていたのですが、この日は9月に入ったばかりの暑い日で、蓼科といえども炎天下の中愛犬を車の中に残して昼食休憩するわけには行かず、せめて駐車場に木陰が有るお店を探しながら走っていました。

数軒のお蕎麦屋さんの前を通過しましたが、駐車場には木陰はありません。

無理かなと諦め掛けたときに、テラス席のあるお蕎麦屋さんが有りました。

でも外席は1テーブルしかなく先客がいましたが、もうじき食事も終わりそうだったので待つことにしました。
更科そばメルヘン
私は天ざるランチ。相棒はキノコご飯とざるそばのランチを注文したのですが、テラス席まで運んで頂いた天ぷらの種類がたくさんあって食べきれずに、相棒に少し手伝って貰いました。

偶然見つけたテラス席のある更科そばメルヘン。

蓼科そばは腰が強くさらっとした味わいで美味しく、食べきれないほどのランチに大満足。

愛犬の蕾もお蕎麦大好き犬なので、少しお裾分けしてあげたら美味しそうにちゅるちゅる食べていました。
更科そばメルヘン
食後少し休憩していたら、トンボも美味しそうな匂いに誘われたのか飛んできて、私が人差し指を出したら指先に停まってくれ、まだ残暑が残る暑い日でしたが、小さな秋を感じさせてくれました。
更科そばメルヘン

蓼科の横谷渓谷

蓼科の横谷渓谷は、横谷温泉旅館の脇から入る遊歩道と、横谷観音から入る遊歩道があり、横谷温泉旅館側から歩くと、ずっと登りになります。逆に横谷観音から乙女滝までは下り坂。

往復するならどちらから歩いても同じになりますが、バスを利用するなら横谷観音側から歩いた方が下り坂なので楽に歩くことができます。
愛犬、横谷渓谷にて
一番のおすすめの時期はやはり紅葉の時期、清らかな流れに沿って染まる紅葉が見所で、一番観光客も多い時期です。

冬には氷瀑も見られライトアップされますので、またひと味違った楽しみ方ができるそうです。

横谷峡の遊歩道は、横谷峡入り口のバス停から横谷観音入り口までですが、大滝展望台の脇を通って御射鹿池までわんちゃんを連れて歩くこともできます。

渓谷の見所は、乙女滝・霜降の滝・屏風岩・一枚岩・大滝などが有り、マイナスイオンを浴びながら散策でき、他で見られる渓谷と少し違うのは、鉄分を多く含んだ川なので川底は赤茶けた色をしています。

横谷渓谷
横谷渓谷
横谷渓谷
横谷渓谷

マイナスイオンを浴びながら愛犬と横谷渓谷遊歩道を散策

私達は横谷温泉旅館のある方から出発し、大滝まで愛犬と共に歩いて、また同じ道を折り返してきました。

駐車場に車を停めて、一番手前にあるのが乙女滝なのですが、遊歩道から少し入ったところにあるため最後に見ることにして、横谷温泉旅館の裏手にある遊歩道を愛犬を引き連れ歩いて行きました。

遊歩道側にも湧き水が浸みだしていて小さな小さな滝や水たまりを作っています。 横谷渓谷は標高が高いとは言え、まだ残暑厳しい季節で上り坂を歩いていると汗ばんできます。

愛犬も当然ながら長い舌を出して体温調整しながら歩いていますが、小さな水たまりを見つけると、ポチャポチャ入って足先だけでもクールダウン。
横谷渓谷遊歩道
愛犬、横谷渓谷にて
横谷渓谷
横谷渓谷遊歩道は広めに造ってあり綺麗に整備されていますので歩きやすいですが、見た目よりもかなり上り坂になっているため所々で愛犬と休憩しながら歩いて行きました。

遊歩道は高木に囲まれているので殆どが木陰になっていますが、それでも暑かったです。

最初渋川を見たときは、清流どころか濁流なのかと思ったほど岩や川底が茶色かったのでびっくりしましたが、鉄分を多く含んだ水が岩の色を赤っ茶色く変色させていたためで、水自体はとても清らかです。

遊歩道に沿って伸びる杉の木も、大きな岩を抱き込むように根を張っていたり、どうしてこんな形になってしまったのかと思うような伸び方をしている木もあるため、この辺りは大きな岩がたくさんあって木々も根を張るのに必死なのかもしれません。
愛犬、横谷渓谷にて
横谷渓谷
愛犬、横谷渓谷にて
最初に見えるのは霜降りの滝。そして1枚岩。この流れを見ると台風一過の濁流のように見えませんか?

そして折り返し地点の大滝。

展望台からはあまりよく見えませんでしたが、2段になって流れ落ちる滝で、横谷渓谷の中では一番落差があり50m程有ります。
横谷渓谷霜降りの滝
横谷渓谷一枚岩
横谷渓谷一枚岩
横谷渓谷大滝
愛犬、横谷渓谷大滝にて
最後に乙女滝に寄ってきました。

乙女滝の落差は15m程なのですが、直ぐ間近で見ることができるので一番迫力があるかもしれません。

轟きと共に水しぶきを上げながら落ちてくる滝は、乙女と言うにはふさわしくないような気もするほどで、乙女滝のそばにいるとその轟音で話し声は全く聞こえません。

この迫力になぜ乙女滝と言われるのかは分かりませんが、頭上から叩き付けるように落ちてくる豪快な姿は、観光客にとっても一番人気のようです。

愛犬も乙女滝の直ぐそばで写真を撮りましたが、迫り来るような水しぶきにちょっとビビリ気味でした。
横谷渓谷乙女滝
愛犬、横谷渓谷乙女滝にて

横谷渓谷を愛犬と散策 まとめ

蓼科旅行の際に愛犬と訪れた横谷渓谷。

残暑厳しいときでしたが、川から吹き上げる風が心地よく往復1時間ほどの散策コースです。登りはかなり大変なので下りに膝が笑ってしまうかもしれません。

休憩を挟みながらゆっくり愛犬と一緒に歩けば、森林浴とマイナスイオンをたっぷりと体の中に取り入れることができます。

信州は美味しいお蕎麦もおすすめなので、まずは腹ごしらえをしてからわんちゃんと一緒に散策してみてください。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク