【東京】蘆花恒春園ドッグラン -アクセスや登録方法-

関東エリア

世田谷区にある蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)ドッグランは、都心に在りながら、代々木公園ドッグランや駒沢オリンピック公園ドッグランほど混み合ってなく、穴場的ドッグランです。

スポンサーリンク

蘆花恒春園ドッグランの概要

蘆花恒春園ドッグランへのアクセス

蘆花恒春園は京王線の芦花公園駅、八幡山駅から徒歩15分程度のところにあります。車だと、主要幹線道路の甲州街道や環八からすぐで、とてもアクセスが便利です。蘆花恒春園ドッグランに隣接する蘆花恒春園入口には広い駐車場もあります。公園自体は入場料無料。駐車場は有料です。

蘆花恒春園ドッグランの利用方法

蘆花恒春園ドッグランの利用には、初回と1年ごとの登録が必要。登録は蘆花恒春園内のサービスセンターで9時〜16時まで受け付けていて、必要書類(犬鑑札と、保健所等の発行する狂犬病予防注射済票)を持参すればその場で受け付けてくれます。

利用者登録が済めば、登録証(蘆花恒春園ドッグランフレンドカード)が発行されて、ドッグラン利用時に首からかけて利用するルールになっています。

蘆花恒春園ドッグランの利用ルール

蘆花恒春園ドッグラン自体は、1,450㎡とまずまずの広さで、フリーエリアと小型犬専用エリアの2つに分かれているので、大型犬の苦手な、小型のワンちゃんも安心して遊べます。ドッグラン内でのボールやディスク遊びは基本禁止ですが、火曜と木曜の終日はボール遊びだけOKになります。

蘆花恒春園ドッグラン内は、フリーエリア、小型犬エリア共に、一部芝生、一部土といった感じです。なので、雨が降った後は、ワンちゃんが汚れてしまうことは覚悟が必要です。また、土埃もかなり立ちますので、アクティブなワンちゃんは、遊んだ後、シャンプーやタオルで体を綺麗にしてあげた方が良いと思います。

また、この蘆花恒春園ドッグランは、広い駐車場があるので、遠方から来られている方もいますが、地元の常連さんが多い印象を受けます。ドッグランの運営自体も、地元のボランティアグループ(蘆花ワンクラブ)の方々によって行われているようです。なので、どこのドッグランでも同じですが、飼い主さんそれぞれが、規約を守って、楽しくワンちゃん達を遊ばせてあげてください。

もちろん、ドッグラン以外の公園の敷地も、リードをつけて散歩できます。公園は広く、地形も起伏に富み、緑が沢山あるので、ワンちゃん達もゆっくり散歩を楽しめると思います。いたるところにベンチがあるのも嬉しいです。ただ、小さなお子さん連れのご家族も沢山いるので、周りへの気遣いは忘れずに。

蘆花恒春園ドッグラン近くのドッグカフェ

蘆花恒春園ドッグランから徒歩1分のところには、テラス席がペット可のカフェ(カフェ ロカーサ)もありますし、環八沿いのスターバックス芦花公園店も1階テラス席がワンちゃん可なので、公園帰りにくつろぐには便利です。

蘆花恒春園ドッグラン まとめ

以上が、蘆花恒春園ドッグランの概要になります。蘆花恒春園ドッグランは都心のアクセスの便利なところにありながら、意外と穴場のドッグランですので、是非一度愛犬を連れて遊びに行ってみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク