大自然と触れ合える淡路島で、愛犬と牛の初対面、牛乳飲み放題

関西エリア

大阪市内から2時間もかからずにいける淡路島。気軽に、そして存分に自然と触れ合える絶好のお出かけスポットだと思います。

今回は入場料、駐車場無料のコスパ抜群で牛と触れ合える場所、淡路島牧場と、インスタ映え間違いなしのお花畑が広がるあわじ花さじきへ行ってきました。愛犬は初めて牛を見ます。どんな反応をするのか楽しみです。

この記事に登場する愛犬

 いっちゃん(柴犬)。4歳。メス

スポンサーリンク

犬連れは絶対寄るべき!淡路サービスエリア

関西に住んでいる方なら知らない人はいないと思いますが、明石海峡大橋を越えたらすぐに淡路サービスエリアがあります。大きな観覧車が遠くからも見えて、とても広いサービスエリアです。

淡路サービスエリアの見所は何と言っても観覧車です。遊園地顔負けの大きな観覧車に乗って瀬戸内海を一望できます。

私たちのような犬連れの方も楽しめるように、この観覧車は2台限定でペットも一緒に乗ることができるんです。

もちろん大人は料金がかかりますが、ペットは無料でした。嬉しいですね。休日だったこともあり、前に小型犬と乗る方がおられたので、6分ほど待ちました。

2台限定なので、ペット連れの方が多かったらその後の6分後、というように約6分間隔で動いているようです。

他にも、一面ガラス張りのゴンドラや、大きなぬいぐるみが乗っているゴンドラなど、家族連れもカップルでも楽しめるように工夫されています。

そして遂に私たちも乗る番が回ってきました。「ペットを連れた方はこちらでお待ちください」と日陰にある椅子に誘導されたので、待ち時間も苦に思いませんでした。

観覧車の中での愛犬の様子

観覧車の中での愛犬の様子

最初は少し怖がっていましたが段々慣れていました。ただじっとしているのが嫌なのか終わりに近づいてくるにつれて、早く降りたいとクンクン鳴いていました。

車内アナウンスが流れ、瀬戸内海と明石海峡大橋を上から見ることができて、私たちはとても満足でした。

一周約12分ほどでしたので、愛犬を連れて淡路島に行った際には是非チャレンジしてみてくだいさい。思い出になりますよ。

そして愛犬のストレスが少し溜まったら、観覧車のすぐ側にあるドッグランで走らせてあげましょう。会員カードや記入する場所は特になく、係員もいないので自由に出入りできます。

当然ですが、狂犬病とワクチン接種は必須ですし、愛犬同士の挨拶など、最低限のマナーは守って楽しく遊ばせてあげてください。水道もうんちを入れるゴミ箱も設置されています。

小型犬と大型犬が別れていないのが残念ですが、サービスエリアは出入りが頻繁なので、タイミングをみて入りましょう。

淡路島牧場 駐車場から牛のお出迎え!興味津々の牛たち

淡路サービスエリアから少し車を走らせ、目的地である淡路島牧場に到着しました。まだ早い時間だったため、お客さんもまばらでした。

駐車場に着いてすぐに牛がお出迎えしてくれます。牧場独特の臭いなど心配していたのですが、あまりきつく感じなかったです。

愛犬を車から降ろすと、牛も反応してじっとこちらを見てきました。たくさんの牛がいたのですが、愛犬が近付くに連れて、わんさか集まってきました。愛犬は最初は匂いを嗅いで警戒していました。

牛の方は慣れているのか、柵の間から上手に愛犬を舐めようとしていました。少し怖がる愛犬が面白くて、私が抱っこをして牛に近づけると牛はここぞとばかりに顔を近づけていました。

駐車場すぐの放牧場にいる牛と愛犬

駐車場すぐの放牧場にいる牛と愛犬

着いてすぐにこうして牛に触れ合うことができるので楽しいです。牛たちに別れを告げて牧場の中の方へ行ってみましょう。

顔はめパネルがあり、子連れの方達が楽しそうに撮っていました。せっかくなので愛犬も撮ります。記念撮影用に置いてあるので気楽に撮ることができました。

淡路島牧場のエントランスのような場所で記念撮影

淡路島牧場のエントランスのような場所で記念撮影

淡路島牧場をさらに奥へ進んで行くと、ポニーがいて、餌やり体験と、乗馬体験ができるようです。牛の乳搾り体験もできます。これらは有料になりますが、子供には貴重な体験ができるのでお子さんがいる方は是非やってみてください。

ちなみに犬連れだと体験はできません。見るだけで満足なので問題ありません。真ん中の建物で軽食をとることができます。

ただ、そこも犬連れは入れません。外にテーブルと椅子が置いてあるので、お腹が空いたらそこでいただきましょう。

食事は他にバーベキューもできるようになっていて、テントの下にバーベキューセットがたくさんありました。

そしてこの牧場の醍醐味でもある、「牛乳試飲コーナー」へ行きました。とても楽しみにしていたんです。牧場で牛乳が飲めることを。

食事コーナーの中にしかなかったので、旦那と愛犬は外で待っていてもらい、中に入りました。

中は思っていたよりとても広く、たくさんの家族連れがきても大丈夫なように大きなテーブルと椅子が並んでいました。

入ってすぐに牛乳試飲コーナーはありました。冷蔵庫に牛乳パックがいくつも入っており、「こちらから飲んでください」と、開封してある牛乳が2本ほどありました。テーブルに紙コップが置いてあったので、早速試飲してみます。

やはり美味しいです。喉越しが全然違います。牛乳臭さもなく、何杯でも飲めそうでした。旦那は牛乳が苦手なので、愛犬に少しだけ牛乳を持って行くことにしました。飲んだ後の紙コップは、近くに置いてあるゴミ箱に捨てれます。

量にするとストロー1本分くらいしかない牛乳を愛犬はとても美味しそうに舐めていました。なくなった後の紙コップも綺麗に舐めとり、満足そうにおかわりを欲していました。お腹の調子が分からないので、今日は少しで我慢してもらいます。

道路を挟んで売店コーナーがあります。そこの建物も愛犬は入れませんが、お土産が買えるので、私だけ入ります。

淡路島名物の玉ねぎせんべいや、先ほど試飲した牛乳の他、コーヒー牛乳も売っていたので、お土産に買いました。

そしてもう一つの名物、ソフトクリームもこちらで買えます。ミルクソフトとコーヒー牛乳ソフトがあり、どちらもあっさりしてなめらかで食べやすかったです。

ここまで愛犬は退屈なひとときを過ごしていたので、牧場を一周お散歩することにしました。小動物コーナーに鳥がいたり、牧場の裏にもたくさんの牛がいました。愛犬が足を止めたのは、豚の檻の前です。

牧場の周りを歩いていると豚に会えました

牧場の周りを歩いていると豚に会えました

柵のネットも破れていたので愛犬は興味津々で豚を匂います。一方の豚は大人しく、威嚇することも攻撃することもしません。

愛犬は豚を友達だと思っているのでしょうか。それにしても、豚というのは想像以上に大きいです。

最後に駐車場の牛にお別れの挨拶をする愛犬

最後に駐車場の牛にお別れの挨拶をする愛犬

あわじ花さじきも駐車場、入場料無料

牛たちに別れを告げて次に向かったのは、綺麗な花畑が有名な兵庫県立あわじ花さじきです。

少し狭い道路を走り、標高の高いところに登っていくと、見えました。 とても綺麗な一面菜の花畑です。

天気がいいこともあり、車もお客さんもいっぱいでしたが、十分停められるスペースがあり、無事に到着しました。

ただ、駐車場出入り口が一方通行になっているのですが看板が分かりにくいのか、間違えている方が多かったです。人もたくさん通るので少し危ないですね。

駐車場から横断歩道を渡って、花畑に行きます。横断歩道には信号がありませんが、交通量もそんなに多くないので、左右確認して気をつけて渡りましょう。

着いてすぐのところに直売所と休憩所がありました。時間が遅かったからか、もうほとんど品切れでしたが、玉ねぎなどの特産品が買えるようです。休憩所には自動販売機もあり、ソフトクリームも売っていました。

施設案内図もここで確認できます。季節によって違う花が咲くので次は秋に、など楽しみが増えますね。

私があわじ花さじきに行ったのは3月だったので、1番種類が少ない時期だったのかもしれません。菜の花しか咲いていなかったので。

しかしそんなことも気にならないくらい、たくさんの菜の花が咲いていました。

菜の花畑を背景に記念撮影

菜の花畑を背景に記念撮影

あわじ花さじきはどちらを向いても菜の花が広がっていて、とても綺麗でした。気温もちょうどよく、愛犬にとっては少し暑かったかもしれません。みんな自撮り棒を持って記念撮影していました。

菜の花畑の間に道が作られているので、菜の花に囲まれている写真も撮れたり、傾斜になっているので少し上からの撮影も可能です。みんな思い思いに菜の花を写真に収めていました。

私たちの他にも犬連れの方はたくさんおられました。直売所の近くには展望デッキもあり、一番良い場所で菜の花畑を眺望することができますよ。

愛犬は公園内を一周すると結構疲れたようで帰りの車の中ではぐっすり寝ていました。

日帰りで十分遊べる淡路島

今回、2度目となった淡路島日帰り旅行ですが、2回目でも飽きることなく思う存分楽しめました。

淡路島は愛犬に優しい街だなと改めて実感しました。ドッグランだけでなく、淡路サービスエリアには、ハイウェイオアシスから歩いて行ける兵庫県立淡路島公園という散歩に絶好の場所もあるのです。

前回行った時に一周愛犬と回ったのですが、途中で何度も休憩するほど長い散歩コースになりました。散歩好きな愛犬にとって、とてもいい場所だったと思います。

他にも淡路島の魅力はたくさんありますが、やはり気軽に行けてお財布にも優しい今回の旅行は思い立ってすぐに実行できる日帰り旅行だと思います。

帰るのが名残惜しくなりますが、車で気持ち良さそうに寝ている愛犬の顔を見ていると、「また淡路島に来ようね」「いい一日だったね」と必ず言いたくなるに違いありません。

自然と触れ合い、美味しいものを食べて幸せになるのは人間も犬も同じなのですから。

この記事の執筆者の愛犬
いっちゃん

柴犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク
スポンサーリンク