ミックス犬「チワプー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、もう食べちゃいたいくらい!にかわいい「チワプー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チワプーの特徴

チワプーは、チワワとトイプードルを親犬種に持つミックス犬です。「プーチー」などとも呼ばれ、ペットショップでも大変人気のハーフ犬種。

日本のみならず海外でも人気のミックス犬です。

数ある小型犬の人気ランキングでダントツ一位を誇るトイプードル。そして、やはり根強い人気のチワワとが親犬種です。

トイプードルの標準的なサイズから、チワプーも体高25㎝前後、体重3kg前後が一般的です。チワワは世界最小の犬種ではありますが、チワプーはトイプードルの血統が含まれるため、チワワの標準サイズよりも小さくなることはありません。

チワワ、トイプードルどちらの親犬種も、被毛のカラーバリエーションが豊富のため、チワプーの毛色もバラエティに富んでいます。

アプリコット、ブラック、ブラック・アンド・タン、ブラウン、ブラウン&ホワイト、チョコレート、ダークブラウン、ゴールデン、ライト・ブラウン、ホワイトなど、さまざまです。

小さめの頭部とクリクリした瞳が特徴で、プードル寄りの場合は、少しウェーブがかった被毛になります。

丸く大きな瞳を持つ愛嬌ある顔立ちは、まさに親犬種の良いとこ取り。

全体的に、巻き毛でたれ耳、四肢もチワワより長めのトイプードル寄りのチワプーが多い傾向にあるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク