ミックス犬「シュナマル」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、甘すぎないかわいさが魅力の「シュナマル」についてご紹介します。

スポンサーリンク

シュナマルの特徴

名前までかわいいシュナマルは、ミニチュア・シュナウザーとマルチーズを親犬種に持つミックス犬です。どちらの親犬種も人気犬種のため、その両方を親にもつミックス犬シュナマルが、かわいくない訳がありませんよね。

シュナマルは体重4kg前後、体高27cm前後の大きさになることが多く、一般的な小型犬として程よいサイズ感。それも人気の理由のひとつかもしれません。

シュナマルはほどよく両親犬種の特徴を受け継いでおり、その特徴はその個体によってさまざま。どちらかというと、見た目にはミニチュア・シュナウザーらしいキリっとしたシャープな印象が強くなるようです。

そこにマルチーズの要素が加わるため、永遠の子犬のような童顔のミニチュア・シュナウザー、といったイメージになります。

シュナマルは一般的には、細めの鼻先(マズル)と大きな耳に、ミニチュア・シュナウザーの面影を、しなやかな体つきとクリンとした丸い目やフワフワした毛質に、マルチーズらしさを感じられることが多いようです。

とはいえ、シュナマルは両親犬の特徴が色濃く現れると言われています。耳が垂れている、立っているかどうかや大きさなどに理想のシュナマルのイメージがある場合は、両親犬がどのようなワンちゃんだったのかを参考にするとよいでしょう。

シュナマルの毛色に関しては、ブラック、ホワイト、シルバー、それらの組み合わさったコンビネーションなどがあり、バリエーションはそれほど多くありません。

シュナマルの性格

利口で忍耐強く、従順で、番犬やソーシャル・ドッグとしても活躍できる素質を兼ね備えているミニチュア・シュナウザーと、明るく素直、知的で大胆なマルチーズの性格を受け継ぎ、シュナマルはとても明るく朗らかで遊び好き。

シュナマルは愛情深く、飼い主さんはもちろん他の人やワンちゃんとも大変社交的に振舞うことができます。

しかし、どちらの親犬種の特徴が色濃く現れるかどうかは個体差があり、性格的な面でも同様のことが言えます。

ミニチュア・シュナウザーの警戒心の強さや頑固な一面が強く現れると、臆病だったり、人見知りで吠えやすい傾向が出てきます。

マルチーズのマイナス要素が色濃く現れると、活発すぎて落ち着きがなく、手を焼く可能性もあります。

どのような性格になるのかどうかは、遺伝的な素質が影響するとはいえ、生活環境によって異なってくるものです。

個性を理解し、正しいしつけと社会化をしっかりと行えば、どんなシュナマルもすばらしい家庭犬として家族皆に愛されるワンちゃんに育っていくでしょう。

シュナマルのお手入れ

シュナマルは両親犬種の特徴を受け継ぎ、被毛のお手入れはそれほど手間ではありません。抜け毛は少なく、体臭もあまり無いため、室内では飼いやすいタイプです。

シュナマルの毛質は、マルチーズよりになれば柔らかくフワフワに、シュナウザーよりになれば少し固めのしっかりとした毛質になります。

マルチーズの要素が色濃く現れた場合は、毛が伸びてゆくため定期的なトリミングが必要になります。

ミニチュア・シュナウザーもデザインカットが楽しめる犬種のため、シュナマルは親犬種のどちらの毛質の特徴に関わらず、かわいらしいカットデザインを楽しむことが出来るでしょう。

垂れ耳タイプのシュナマルは、耳が蒸れやすいので特に汚れが溜まり過ぎていないか、異臭が無いか、などのケアを忘れないようにしてくださいね。

気を付けたいシュナマルの病気

基本的にミックス犬であるシュナマルは、とても丈夫で長生きです。健康で長く一緒に過ごせるよう、かかりやすい病気の正しい知識を得ておき、異変があったときにすぐに気付くことができるようにしてあげましょう。

シュナウザーがかかりやすい小胞性皮膚炎や若年性白内障、などはシュナマルにもかかりやすいリスクがあると思っておきましょう。

眼瞼内反症はマルチーズに多くみられる病気と言われています。

ミックス犬は丈夫だから大丈夫、などと思わず、親犬種がかかりやすい病気に関しては、注意をしておきましょう。

表情豊かなシュナマルにくぎ付け!

興味あるけどちょっと怖い、とか、楽しい時はとっても楽しそう、など、感情豊かな表情を見せてくれるシュナマル。そんな人間臭いところがまた魅力のひとつです。

行動や気持ちの表れが人間っぽくなっているのは、大好きな飼い主さんのことをよく観察しているからではないでしょうか。

シュナマルはいつも愛情深く寄り添って、元気な笑顔を見せてくれる愛犬になること間違いないですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク