柴犬の性格・特徴・気を付けたい病気は?これだけは知っておきたい!

犬種の紹介

日本原産の犬といえば、柴犬を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ピンと立った三角耳でキリリとした表情、くるっと巻いた尾が特徴的な日本犬です。

今回はそんな柴犬の、性格や特徴、気を付けたい病気、お手入れの仕方などの情報をまとめましたので、柴犬に興味のある方、柴犬をおうちに迎え入れたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

柴犬(しばいぬ)

  • 原産国:日本
  • サイズ:小型犬
  • 標準体重:10kg~13kg
  • JKC登録犬数:12,235(2016年)

柴犬の特徴

昔から猟犬としても活躍している柴犬は、丈夫で敏捷な犬種です。柴犬は縄文時代から人間と生活していたと言われ、日本の気候風土に適しています。柴犬は骨格がしっかりしていて、筋肉もよく発達し、均整のとれた体型をしています。昭和11年には国の天然記念物にも指定された日本原産の種で、改良されることなく、本来の体型を保っています。

諸説ありますが、名前のシバとは“小さなもの”を意味します。体高は雄が38~45cm、雌が35~39cmほど、体重は雄が8~13㎏、雌が7~9㎏ほどです。柴犬は小型犬に分類されますが、最近のペットホテルやトリミングサロンでは中型犬とされることが多いようです。
また、人気の「豆柴」は犬種ではなく、柴犬のなかでも体格の小さな個体が豆柴と呼ばれています。

ピンと立った三角の耳、巻尾が柴犬の特徴で、黒目がちの瞳が愛らしく、表情も豊かと言われます。 柴犬には顔立ちも2タイプあると言われ、細めの顔ですっきりした“きつね顔”、丸顔で顔立ちのはっきりした“たぬき顔”があります。

柴犬の平均寿命は13~15歳、健康であれば20歳まで長生きすることもあります。根強い人気があり、日本で飼育されている頭数としては第5位、最近では海外でも人気が出始めています。

柴犬の性格

柴犬は飼い主に忠実な犬種として知られ、賢く勇敢な性格です。表情も豊かで、飼い主の気持ちも理解して行動すると言われます。

また、警戒心が強く、飼い主以外には懐きにくいので、柴犬は番犬にも向いています。オスよりメスのほうが、比較的落ち着いた性格です。

柴犬の毛色の種類

柴犬の毛色の種類は、4種類あります。一番多いのがよく見かける茶色の「赤」と呼ばれる毛色で、全体の8割を占めます。
続いて最近人気の「黒」、珍しい「白」や赤・白・茶色の毛色が混ざった「胡麻」という4種類の毛色があります。

柴犬の毛質と手入れ

柴犬の毛は短毛で、毛質は「ダブルコート」という柔らかい下毛と硬い上毛の二重構造になっています。普段のお手入れは、週1~2回のブラッシングで大丈夫です。

春と秋の換毛期については、大量の下毛が生え替わるので、毎日のお手入れが必要になります。 抜けそうな部分を重点的に、ラバーブラシやスリッカーブラシでブラッシングしてから、コームで整えます。
また、シャンプーは1~2か月に1回程度行います。

柴犬に必要な運動

柴犬は、猟犬になるほど体力のある犬種なので、十分な運動が必要です。できれば1時間程度の散歩などの運動がが理想的です。運動不足はストレスになり、吠えたりする原因にもなります。

柴犬のしつけのしやすさ

柴犬は、賢く学習能力も高いので、しつけやすい犬種です。トイレの仕方など、一度しつけたことは忘れません。
また、しつけや家庭生活を通して、信頼関係を築くことができ、主従関係の意識も強いので、飼い主の言うことを良く聞きます。

柴犬の気を付けたいケガ・病気

改良されることなく本来の体型のままであること、日本の気候風土に合っていることから、他の犬種に比べても丈夫な柴犬ですが、気を付けたい病気やケガもあります。

犬は犬種に限らず、ケガや病気の痛みに強いと言われています。犬の異変に気付いた時には病気やケガが重症化してしまっていることもよくあります。犬は痛いとか苦しい感情を表に出さないことが多いですし、病気やケガの症状も人間に比べわかりづらく、日々一緒に暮らしている飼主さんであっても愛犬の病気やケガの異変になかなか気付かない事もあります。

特に柴犬は我慢強い性格の犬種なので、病気やケガの症状が悪化する前に、食事の状況やトイレの回数のチェック、ボディータッチなど出来る範囲で、飼い主が日頃からしっかり健康チェックをするのがおすすめです。

柴犬で気を付けたい皮膚の病気は、「アトピー性皮膚炎」です。カビやダニ、花粉やハウスダスト、食べ物など原因はさまざまですが、脱毛して皮膚が赤くなったり、身体や顔をこすったり、引っかいたりしているときは、動物病院を受診します。完治は難しいですが、薬を飲んだり、こまめにシャンプーをして、かゆみを抑えるようにコントロールします。

柴犬の気をつけたい骨の病気は、「股関節形成不全」です。遺伝的なもので、股関節を形成する骨が上手く発達しないことが原因の病気です。成犬になると歩きにくくなるなどの症状が出ます。症状が重い場合は、手術が必要になります。

また「膝蓋骨脱臼」も柴犬で気をつけたい骨の病気です。膝の関節にある皿と言われる部分が、正常な位置からずれる病気で、遺伝的な要因が関係すると言われています。足を地面に着けないなど、腫れがあって痛がる時は、動物病院を受診します。
軽度の場合は、リハビリテーションの治療、重度の場合は、手術が必要になります。

年齢とともに注意したい柴犬の病気には、水晶体が濁って目が見えにくくなる「白内障」があります。主な原因は老化ですが、外傷や糖尿病が原因の場合もあります。目の奥が白くなったり、ふらふら歩いているなどの症状があった場合は、白内障が疑われます。
手術もできますが、成功率は高くないと言われます。目が見えにくくなるので、危険のない飼育環境に配慮する必要があります。

また心臓の弁がうまく閉じないことが原因の「僧帽弁閉鎖不全」も、柴犬の気をつけたい病気です。早くて5~6歳ころに発症します。血液が逆流したり、肺に血液が溜まってしまうため、呼吸困難になることがあります。空咳が増えるなど、様子がおかしいときは、動物病院を受診しましょう。

スポンサーリンク