長野県 車山高原 ペットと泊まれるお宿 オーベルジュ赤煉瓦 愛犬と一緒に味わう絶品創作料理! 

オーベルジュ赤煉瓦の創作料理 中部エリア
オーベルジュ赤煉瓦の創作料理

愛犬こころを楽しませたいと、年に何度か旅行を計画しますが、愛犬のためといいつつも、やっぱり飼い主も、時には自分へのご褒美を考えたりします。

美味しいごはんが食べたい!と思っても、愛犬との旅を計画する時に、悩むのが優先順位。愛犬にとって居心地が良い宿泊先を選ぶことが一番です。

なのでどうしても自分たちの食事は二の次になってしまいます。

もちろんペンションでいただくお食事も美味しいのですが、こちら『オーベルジュ赤煉瓦』のお食事は特別です。

オーベルジュという名にふさわしく、まるでホントにレストランで食事をしているような気分にさせてくれます。

「こんなに手の込んだお料理は初めて」と感激してしまう、そんな料理を出してくだるのが『オーベルジュ赤煉瓦』です。

驚くほど、私たち飼い主の気持ちも大切にしてくれます。

ここでの食事は、私たち飼い主を喜ばせてくれる、まさにご褒美です。

この記事に登場する愛犬

こころ ♀ (パグ)

スポンサーリンク

オーベルジュ赤煉瓦までの道のりは愛犬と天空ドライブ

ビーナスライン

ビーナスライン(参考写真)

『オーベルジュ赤煉瓦』のある車山高原は、白樺湖から霧ヶ峰のビーナスラインの間にあります。ビーナスラインは、壮大な景色を見ながら愛犬とゆっくりドライブできるおススメのコースです。

春から初夏にかけては、可愛い高原のお花たちが、あちこちで顔を出します。夏は高原の爽やかな風を感じて、夏の暑さを忘れるほど涼しいドライブコースです。

窓を開けると我が家の愛犬もクンクンしています。風を楽しんでるような、匂いをかいでるような。今まで見せたことのないうれしそうな顔をするので、私たち飼い主も顔がほころびます。

山々の間を走っていると、空に向かって走ってるような、そんな気持ちにさせる、空がとても近いドライブコースです。

車山高原スキー場から車で5分 オーベルジュ赤煉瓦

車山高原 オーベルジュ赤煉瓦のドッグラン

車山高原 オーベルジュ赤煉瓦のドッグラン

その絶景ドライブコースの途中に、『オーベルジュ赤煉瓦』はあります。車山高原スキー場が見えたらそこから少しわき道に入って5分、到着です。

少し早く着いて、お宿のすぐ下にあるドッグランで、愛犬をちょっと遊ばせます。

枕木の階段を降りていくと、小さなウッドチップの引きつめられた、かわいいドッグランが見えてきます。

思いっきり走らせるスペースではありませんが、我が家の愛犬は、ちょこちょこっと遊べばすぐ満足してくれるので、問題ありませんでした。

それに、お宿の周りが愛犬たちのお庭みたいなものなので、いつでもどこでも自由にお散歩できるので、十分だと思います。

考えぬかれた造りなのでしょうが、あまり手を加えた感じがなく、とても自然で、優しさを感じるお庭でした。

少し遊んだ後は、食事の時間までお部屋でゆっくりします。今回お泊りさせていただいたお部屋は、リニューアルされたお部屋です。

もともとツインルームだった、2つのお部屋を1部屋にして、リビングルームとベッドルームになった、デラックスなお部屋です。

ベッドはセミダブルベッドが2つあって、2つ並んでいると、とても広く感じます。

こだわりのあるオーナーが選んだベッドは、それはそれは寝心地の良いものでした。

お部屋にはとても大きなテレビもついていましたが、我が家は家族でのんびりしました。ソファでくつろぎながら大きな画面で好きなものを見るのもいいですね。

お部屋にはお茶のセットがあります。私は紅茶が好きなので、紅茶をいただきました。ひとくち飲むとホッとします。

紅茶を飲みながら、窓からの景色を見て、静かな時間を過ごしました。

私たちがリラックスしてるのを感じてか、愛犬こころもひざの上でゆっくりくつろいでいました。

たまに思い出したように顔をあげて、私の顔をじーっと見ます。その顔が、なんとも言えずかわいいです。

すぐに安心したかように寝てしまいます。そしていびきをかきだします。これがしあわせを感じるひとときです。

夜になると間接照明がとてもステキで、この照明が、よりくつろげる空間を作ってくれてるような気がします。

車山高原 オーベルジュ赤煉瓦 お部屋で愛犬と

車山高原 オーベルジュ赤煉瓦 お部屋で愛犬と

お部屋にさりげなく飾ってある小さなお花が心和ませてくれます。

オーベルジュ赤煉瓦 器にもこだわりが見える創作料理に舌鼓

車山高原 オーベルジュ赤煉瓦 夕食 前菜

車山高原 オーベルジュ赤煉瓦 夕食 前菜

待ちに待った食事の時間、期待がふくらみます。今度は私たち人間のお楽しみの時間です。

お泊り先のお食事はとても大切です。旅先での食事は、旅の印象を大きく変えるものだと思います。

最初に運ばれてくる前菜の盛り合わせにまずびっくりしました。

お皿の中に、ひとつひとつ丁寧につられた前菜は、センスよく盛り付けられていて、口に入れるのがもったいないくらいです。

ひとくち食べて、美味しくてまたびっくりです。どうやってこんな味付けができるのだろうと、思ってしまいます。

1日目のメインは、わさび醤油でいただくステーキでした。やわらかくて、旨味のある、とっても美味しいお肉でした。

2日目は、しゃぶしゃぶだったのですが、霜降りの溶けてしまいそうなお肉でした。食べきれなくて、我が家の愛犬にもご褒美で、ちょこっとあげちゃいました。

愛犬も今まで食べたことないお肉ですから、ひとくちあげたら、なんのご褒美?って言ってるかのように、びっくりした顔してました。

よっぽど美味しかったのか、食べた後も舌をペロペロしてました。

今まで、愛犬といっしょに、色々なところにでかけましたが、味の繊細さ、質、盛り付け、何をとっても特別です。味だけでなく、器もステキです。

我が家も器好きで、旅先でステキな器に出会えると、ホントにしあわせな気持ちになります。

『オーベルジュ赤煉瓦』の器は、オーナーが、いろんなところに行って買ってこられたもので、器のひとつひとつに、センスの良さを感じます。

お料理も器によって印象が変わります。どれもお料理にぴったりです。

朝は大きなお皿のワンプレートの洋食です。自家製のベーコンは香りがよくて、食べごたえがあります。

パンは天然酵母パンや、季節の果物などで作った自家製酵母を使って焼いているそうです。ジャムもその時期の美味しい果物で作った手づくりです。

どれもていねいに時間をかけて作っておられることがわかります。日々勉強していないと、出てこないであろうお料理の数々でした。

オーナーさん。勉強家だと思います。

愛犬とちょっと贅沢な時間を過ごせる 車山高原 オーベルジュ赤煉瓦

『オーベルジュ赤煉瓦』は、オーベルジュと言われる通り、宿泊ができるレストランです。優雅で、ゆっくりとした時間が流れるます。

オーナーご家族の気持ちが伝わる、きめ細やかなお料理とおもてなし。まさか愛犬といっしょにそんな時間がもてるとは思いませんでした。

朝は見晴らしの良い自然な光がいっぱいのダイニングで、夜はステキな器から洩れる間接照明の中でいただく、ていねいに作られた創作料理の数々は、とても贅沢な時間だと感じます。

車山高原は愛犬と遊べるところがいっぱいあります。蓼科牧場のゴンドラは愛犬といっしょに乗れます。ここの駐車場は停めやすいので、おススメです。

ゴンドラ乗り場の反対側にある「牧場のホッとキッチン」の高原ソフトクリームを是非食べて下さい。え?ここ?っという外観ですが、とても美味しいソフトクリームです。

是非車山高原 『オーベルジュ赤煉瓦』で愛犬といっしょに至福の時を味わってみてください。

■詳細情報

この記事の執筆者の愛犬
アイン&こころ
フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク