わんちゃん連れで秋の苗場、魚沼旅行 魚沼産の新米を求めて!

犬とお出かけ

秋になると、よくわんちゃんを連れて訪れるのが苗場。

ペット可の会員制ホテルが苗場にもあるので、新米が出始める頃を狙って訪れ、愛犬とともに観光を楽しんでいます。

苗場を拠点にわんちゃん連れで観光できるところを毎年リサーチしながら、2泊3日くらいの日程で愛犬がたくさん散策できるところと、私たちも楽しめる所を織り交ぜながらの旅行を計画。

今回は、愛犬とともに湯沢で渓流釣りを楽しみ、最終日には道の駅みなかみでロッククライミングや、わんちゃんと一緒に利根川沿いを散策しました。生憎中日は雨に降られてしまい、計画は中止というハプニングも。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

湯沢でわんちゃんも楽しめるフィッシング体験

天気予報は下り坂と言うことだったので、初日に湯沢フィッシングパークへ直行し渓流釣りに挑戦しました。こちらはわんちゃんも一緒に入ることができ、竿や餌も貸してもらえるため手ぶらで楽しめます。

自然を活かした広い敷地内は、わんちゃんと一緒にお散歩もできるので交代で釣り竿を垂らしてお散歩してきました。

川を利用した生け簀が段々になっていて幾つもの釣り場があります。釣れる魚はイワナやニジマス。

愛犬は釣り上げた魚に興味津々。だけど、ぴょんと跳ねるとビビっていました。

我が家は一番上の段で釣りをしていたのですが、もっと下流の方が大物がいたそうで、一緒に釣りをしていた家族は大きなイワナをゲットしていました。

釣った魚はその場で調理し、串に刺して炭焼きして食べることができます。この工程も全て自分たちで行いますが、包丁や塩などは備え付けがあり、炭火も熾きていますのでいつでも焼くことができます。

やっぱり釣り上げたばかりの魚はとても新鮮なので美味しかった。

愛犬にも塩を付けずに焼いたニジマスを上げたら美味しそうにパクついていました。

敷地内には釣りのできる川の他に、またいで渡れるほどの小さな川もあり、そこにはクレソンが自生していたので、少し貰って夕食にバターでさっと炒めて食べたらほろ苦さが癖になるほど美味しかったです。

苗場のペット可コンドミニアムに宿泊

苗場の会員制ホテルはキッチンが付いた部屋になっていて、わんちゃんが宿泊できる部屋は、リビングと寝室がある2~4名用の部屋と、2階にもう一つ寝室と小さなリビングが付いた4名~6名用の部屋があります。

今回次女達も一緒に来る予定だったので大きな部屋を予約していましたが、仕事の都合上来られなくなってしまったので、私たち夫婦と愛犬だけで使いました。

越後湯沢駅構内の駅ビルの中にある、「本陣」という回転寿司屋さんがとてもリーズナブルで美味しいです。

苗場に来たときにはよく利用するお寿司屋さんで、今回は持ち帰ってホテルで頂きました。

持ち帰り用のお寿司も用意されていますが、自分の好きなネタを注文して作って頂くこともできます。注文して駅ビル内にあるお土産屋さんを見て回っている間にできるので時間をもてあそぶこともありません。

そして先ほど湯沢フィッシングパークで摘んできたクレソンを、バターで炒めて軽く塩こしょうして頂きました。

南魚沼の道の駅雪あかりで待望の魚沼産新米ゲット

天気予報は的中して朝起きたらやっぱり雨が降っていました。

これでは愛犬と散策ができないため、お米を買いながらゆっくりと過ごすことに。

南魚沼にある道の駅雪あかりへ行ってお土産と新米を買ってから、地元のスーパーへ行って30kgの玄米を自宅用にゲット。

新米を買うために苗場まで旅行に来ていると言っても過言ではないほど、新米の販売を楽しみにしています。

両親や娘達、ご近所の方々にも少しずつ分けたりするため、車の中の半分はお米で占められるほどたくさん買い込みます。

やっぱり魚沼産の新米は美味しくてご飯が進むんですよ。

そしてこの年やっと手に入れることができたのがこちらの天空米。

時々テレビで紹介されることもある幻のお米で、スキー場のリフトに乗せて乾燥させるお米です。

当初は、魚沼へ行けば買えると思っていた天空米ですが、塩原の専門店を訪ねても全部予約制なので一般販売では売られることが少ないという幻のお米。

金額も幻のように高額でしたが、一度食べてみたかったので買ってきました。

私は大のお米好きなのですが、はっきり言ってその差はよく分かりません。

魚沼産の新米自体が美味しいため、私如きの舌ではその差は微妙でした。

一緒に食べ比べてみれば分かるのかもしれませんが、そこまで食通ではないため日を置いて食べると分からないです。

三国街道に新しくできた道の駅みつまたへ愛犬を連れて行ってみました。

こぢんまりとした道の駅ですが、館内には足湯もあってリラックスできます。

最終日は道の駅みなかみを愛犬と散策

最終日はわんちゃんの散策ができなかった昨日の分まで散策を楽しめるように道の駅みなかみを訪れ、利根川沿いの散策路を愛犬連れで沢山歩いてきました。

利根川では、ラフティングが盛んに行われていて、こちらの道の駅へ寄るとよく見かけます。

利根川のラフティングはスリルがあると人気の船下りで、私もやってみたいなと常日頃から思っているのですが、調べたところ犬連れでのラフティングは、季節外れに行われているようで、曜日や時間なども決められているところが多く犬連れでラフティングを楽しめる所が少ないため、未だに体験できていません。

愛犬の年齢を考えると時季外れでのラフティングは水も冷たくなるし、実現できなさそうな気がします。

道の駅から対岸に渡ると愛犬と歩ける散策路があり、ずっと奥の方まで歩くことができます。

道は整備されていますが、でこぼこした所もあるので愛犬は冒険気分で散策できます。

所々で川に降りられる場所もあって、夏なら水遊びができるかもしれませんが、ラフティングができるほどの川ですから、流れは速いのでリードは手放さないように気をつけてください。

紅葉も綺麗な時期だったので、天気はあまり良くなかったのですが山々を染める木々が目の保養になりました。

最後に愛犬は車で待っていてもらって、ロッククライミングを体験してきました。
この体験も前からやってみたかったことで、道の駅で体験できるとのことで初めての挑戦です。

垂直の壁は難なくクリアできたのですが、ハングが付いてくるとどんどん難しくなり、最後には指と腕の力が尽きて落下。

疲れてきているところに、どんどん難しくなるので体力が持ちませんでした。

中学生くらいの男の子は身が軽くて体力もあるので、到達点まで登ることができましたが、私たちのように普段あまり鍛えていない中高年者にはキツかったです。

でもとても楽しかった!

今回の苗場旅行は雨に降られてしまったこともあって、あまり愛犬と一緒に遊ぶことはできませんでしたが、私たちはロッククライミングができたことが思い出に残っています。

苗場にはよく行くので、また新しい発見ができるように苗場、魚沼周辺をリサーチしたいと思います。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク