ミックス犬「チワピン」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種の紹介

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、スタイリッシュなかわいさが人気の「チワピン」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チワピンの特徴

チワピンはその名から想像できる通り、チワワとミニチュア・ピンシャー(ミニピン)を親犬種に持つミックス犬です。

チワワは世界最小の肩書を持つ小型犬ですが、どちらの親犬種も小ぶりなサイズが特徴のひとつ。

チワワは愛らしいアップル・ヘッドの異名を持つ丸い頭につぶらな瞳、コンパクトでキュートな体格です。一方のミニピンはチワワよりも少し大きめでスラリとした優美なスクエアの体格を持ち、筋肉質でしっかりと引き締まったボディを持っています。

そんな親犬種の体格的な特徴を受け継いで、チワピンは体重4kg前後、体高20cm前後のサイズが一般的です。

見た目の第一印象として、チワワの愛くるしい顔つきに、ミニピンのスタイルの良いボディ、といったチワピンが多いようです。パッと顔を見ただけでは「足長めのチワワちゃんかな」と思われるワンちゃんです。

チワピンは子犬の頃は一見してチワワのようですが、成長するにしたがってマズルの長さや耳の形、筋肉質な体型などで、ミニピンの面影を感じるようになるでしょう。

チワピンにはブラック、ブラック&タン、チョコレート、クリーム、ゴールデン、ホワイトなどの毛色のバリエーションがありますが、ミニピンらしいブラック&タンが強く出ていることが多いようです。

チワピンはミックス犬としての歴史は比較的浅いものの、その飼いやすさから人気が高まりつつあります。

チワピンの性格

チワピンは親犬種に共通する特徴が色濃く現れており、活発で好奇心旺盛、そしてマイペースです。飼い主に対する愛情は深く、大変従順といわれています。

チワピンは社交的で他のワンちゃんともフレンドリーに接することができ、多頭飼いなどにも適しているでしょう。

元気たっぷりのチワピンはお散歩が大好き。親犬種のひとつであるミニピンの影響からか、運動することを好む傾向にあります。

長時間のお散歩は必要ありませんが、ボール遊びをする、友達とかけっこをする、など運動量の多い遊びがおススメです。

チワピンは親犬種のウィークポイントとなる、用心深く臆病な性格が現れたり、十分な運動量が足りずストレスがたまったりすると、よく吠えるようになります。

甘やかしたり、しつけが行き届かないと、無駄吠えなどの困った行動につながっていくため、個性をよく見極めてその子にあったしつけをしてあげましょう。

賢く、従順なチワピンはしつけもしやすく、適切な時期に正しいしつけをしていれば素直に成長し、困ることは少ないでしょう。

チワピンのお手入れ

チワピンは親犬種の中でもミニピンの被毛の特徴を受け継ぐことが多いため、短毛のスムースコートのため、お手入れのしやすい犬種といえます。

換毛期には、細かく針のような毛が抜け落ちます。ブラッシングを欠かさないことはもちろんですが、対策として洋服などを着せて抜け毛が散らばらないようにすることもあるようです。

チワピンの短い被毛は、シャンプーなどで身体が濡れた際も乾かしやすく短時間で終わらせることができるでしょう。

毛玉を防ぐためにブラッシングをする必要はありませんが、皮膚を清潔に保つことはワンちゃんの一番の健康につながりますので、定期的にブラッシングをして血行を良くしてあげましょう。

また、チワピンは小さいがゆえにケアがしにくく、歯周病などにかかることも多いです。子犬の頃から歯磨きの癖をつけて、口の中を常に清潔に保つようにしてあげましょう。

その他のチワピンのお手入れとしては、定期的に耳や爪のケアのしてあげる必要はありますが、基本的にはお手入れに時間がかかったりする手間は少なく、チワピンはお手入れの面でもとても飼いやすい犬種といえます。

気を付けたいチワピンの病気

チワピンは短毛ゆえに寒さに弱く、床など下からの冷気によって冷えやすいので、温度管理は徹底してあげましょう。

また、チワピンのかかりやすい病気として、親犬種のかかりやすい病気は同じように気を付けてあげる必要があります。

膝蓋骨脱臼やレッグぺルテス病、進行性網膜萎縮症、歯周病などは、チワピンにとって注意をしておきたい病気です。

日頃からよく観察をして、何か異変を感じたらささいなことでも獣医師に相談するようにしましょう。

チワピンは、長寿な小型犬が多い中では平均寿命が10~12歳と比較的短めのようです。それでもその子の個性や身体的な特徴をきちんと把握し、ケアをしていれば、大きな病気にかかることを防ぐことができるはず。

健康に天寿を全うできるよう、愛情をもって日々のお世話をしてあげましょう。

カッコかわいさがチワピンの魅力!

モフモフしたヌイグルミのような愛らしさよりも、キリリとした横顔としなやかに引き締まったボディをもつチワピンは、「相棒」と呼ぶのがぴったり!

かわいいだけじゃなく、小型犬でもスタイリッシュなカッコよさを求める人には、チワピンの個性的なかわいさに釘付けになってしまうのではないでしょうか。

とても飼いやすく、ワンちゃんを初めて飼う方にもおすすめしやすいミックス犬です。

スポンサーリンク