愛犬と行ける埼玉の身近な公園6選!

犬とお出かけ

「埼玉県って公園は多いけど、ペット禁止が多くてなかなかワンちゃんを散歩させてあげることができない!」と悩んだことはありませんか。

埼玉県内にはドッグランもいくつかありますが、他の犬が苦手だったり大型犬と一緒に遊ばせることが不安な飼い主さんもいらっしゃると思います。

そんな飼い主さんたちへ、今回は埼玉県内で愛犬とお散歩できて遊べる身近なペット可の公園をご紹介いたします。

スポンサーリンク

愛犬と行ける埼玉の身近な公園1.曼珠沙華の里「巾着田」

埼玉県日高市にある巾着田は知る人ぞ知る曼珠沙華(彼岸花)の群生地帯を公園にした場所として有名です。

実は巾着田はペット可の公園で、愛犬と一緒に彼岸花を楽しむことができます。公園内は広く、散歩道は土ですが歩きやすくならされているのでお散歩には最適です。

彼岸花のほかにも少し離れたところにコスモスの群生地があるので散歩しながら見に行ってみて下さい。

また、巾着田は彼岸花以外にも桜並木もきれいです。春には公園内の道沿いの桜並木や菜の花も見頃を迎えるため、楽しくお散歩が出来る場所になっています。

駐車場は500円、入場は無料です。曼殊沙華まつり(例年9~10月中旬)の間のみ、入場料300円かかります。

巾着田は彼岸花見頃の時期(9~10月中旬頃)と年末年始以外は河原でバーベキューができるスポットです。

関東でも有数のバーベキュー・川遊びの出来る大きな河原で、予約も必要ありません。河原もペット可なので、家族や友人たちと共に愛犬とも遊べる場になっています。

夏は川にも入れますので、水着やライフジャケットなどを着せて愛犬と一緒に川遊びをしてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報

愛犬と行ける埼玉の身近な公園2.北本自然観察公園

埼玉県北本市にある北本自然観察公園は埼玉県の「里地里山」の自然環境を楽しみながら愛犬と散歩ができるペット可の公園です。

駐車場は無料、遊具などがないので子供が比較的少なく、周りを気にせず歩くことができます。

北本自然観察公園の散歩道は基本ならされた土の道で、それ以外の場所は自然保護の観点からアスファルトを使わず木道が敷いてあります。そのため、地面が熱くなりにくく愛犬の足にも安心です。

園内に休憩できるベンチがありますが、自販機等の設備はないのであらかじめ愛犬と自分の飲み水は用意して行きましょう。

北本自然観察公園の魅力は里山の自然を堪能しながらお散歩ができる所です。春はトンネルができるほどの桜が植えてあり、菜の花も一緒に見頃を迎えます。

夏は林の葉が覆い茂るので涼しく快適に過ごせ、夜には蛍を見ることも出できますので愛犬に見せて反応をみるのも面白いのではないでしょうか。

秋になれば色とりどりのキノコや木の実で色づくので飼い主さんも楽しくお散歩できます。愛犬が間違えて食べてしまわないように注意を向けることを忘れないでください。

■詳細情報

埼玉の身近な公園3.三橋総合公園

埼玉県さいたま市にある三橋総合公園は三橋公園とも呼ばれ、犬も子供も遊べる有名なペット可の公園です。駐車場・入園料共に無料で、電気自動車向けに充電スポットも用意されています。

三橋公園の中の道は舗装されたメインの道(アスファルトや石道)、木の間や川沿いを歩くことのできる散歩道(土)、池の上を歩くことのできる橋(木道)があります。

メインの道は人通りが多いですが、ワンちゃんとの交流の場ともなっています。愛犬と一緒にお散歩仲間やお友達を見つけるには最高の場所です。

交流が得意ではない愛犬もお散歩には問題ありません。メインの道の一つ外側にある散歩道を使えば、他の人やワンちゃんに出会うことがほとんど無いので安心してお散歩ができます。

多目的広場では混み具合にもよりますが、伸びるリードをつけてボールやフリスビーで遊ぶことができます。

また、園内には自動販売機や水道、ベンチなども多く配置されているので休憩にも困りません。

三橋公園にはウェットランドと呼ばれる広い池があります。ウェットランドには木道がしかれており、ここも愛犬と一緒に入れます。

柵は設けてありますが人間用の柵で、柵のないところもあります。入る時は愛犬が落ちないよう気を付けましょう。

三橋公園は春の桜並木が美しく、愛犬とお花見ができる場所としても有名です。園内は飲食自由なのでレジャーシートを持参してお弁当を食べることもできます。

公園のすぐ近くにコンビニもあるので、散歩がてらお花見を楽しむことも可能です。

秋は紅葉がきれいなので愛犬と一緒に紅葉狩りに行くこともできます。パリパリとした乾いた落ち葉の感触を楽しむ愛犬の姿が見られるかもしれませんよ。

■詳細情報

スポンサーリンク