【東京】しおさいドッグラン -アクセスや登録方法- 海浜公園の広々ドッグラン!

関東エリア

都心のメインターミナルからもほど近い、品川区の海浜エリアにある、広大な敷地を誇る大井埠頭中央海浜公園スポーツの森。その公園内に有るのが、しおさいドッグランです。今回は、しおさいドッグランへのアクセスと登録方法を説明していきます。

スポンサーリンク

しおさいドッグランの概要

しおさいドッグランのある、大井埠頭中央海浜公園は都内有数規模のスポーツ公園で、広さは454,271㎡という広大な敷地内に、野球場やテニスコート、陸上競技場などの施設が点在しています。

しおさいドッグランへのアクセス

しおさいドッグランへのアクセスは、電車の場合、東京モノレールの大井競馬場前駅が最寄りで、浜松町から8分程度と都心からのアクセスも便利です。

大井競馬場前駅からはも徒歩8分と近く、モノレールの車窓からも公園を見渡すことができます。

車の場合は、公園内に第1(190台)、第2(100台)の2つの有料駐車場があり、料金は1時間200円、30分毎に100円。第二駐車場は土日、祝日のみ利用可です。

しおさいドッグランの登録方法

しおさいドッグランの利用は登録制で、登録すれば無料で利用できます。

登録に必要なものは、犬鑑札(コピーでOK)、当該年度の狂犬病予防注射済票(コピーでOK)と必要事項記入済みのしおさいドッグラン利用登録書の3つです。

利用登録書は、大井埠頭中央海浜公園スポーツの森のオフィシャルサイト(海上公園なび)のドッグランのページから事前にプリントアウトできます。

申込みは大井埠頭中央海浜公園管理事務所に で受け付けてもらえ(城南島海浜公園でも、登録、更新手続きが可能)、窓口で必要書類確認後、利用登録証を発行してもらえます。

利用登録は1年ごとの更新が必要で、更新手続きは毎年4月1日~6月30日の間に行う必要が有り、当該年度の狂犬病予防注射済票(コピーでOK)が必要です。窓口受付時間は、9:30〜12:30、13:30〜16:30(土日、祝日含む)です。

また、「しおさいドクッグラン」、「つばさドッグラン」、「たつみの森ドッグラン」のうちの何れかの利用登録証で他の二つのドッグランも利用できるのがとても便利です。

しおさいドッグランの詳細

しおさいドッグランの利用時間は、6:00〜21:00。休場日は、年末年始(12/31〜1/1)。

ドッグランの広さは、フリー広場900㎡、小型犬用広場300㎡で、シャワー付きの水飲み場とベンチが用意されています。

ドッグラン内の地面は土なので、アクティブなワンちゃんは体が汚れるかもしれないので、たくさん遊んだ後は、足などを綺麗に洗ってあげてください。

自然の木も生えているので適度に木陰もでき、夏場も安心して遊べます。

大井埠頭中央海浜公園では、犬のしつけ教室も定期手に開催しているので、ご興味がある方は参加してみるのも良いかと思います。

また、広大な公園敷地内には、雑木林や芝生の広場も有り、リードを付けてワンちゃんと一緒に散歩やバードウォッチングなども楽しむことができます。潮風を感じながら、豊かな自然の中でゆっくりワンちゃんと楽しめば、都会にいることを忘れさせてくれます。

しおさいドッグラン まとめ

広大な敷地を誇る大井埠頭中央海浜公園スポーツの森にある、しおさいドッグランのアクセスや利用登録の方法について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

都心のメインターミナルからほど近い立地にもかかわらず、豊富な自然と潮風を満喫出来る、とても楽しいしおさいドッグランで、是非ワンちゃんと一緒に思いっきり遊んでみて下さい。

都内の、他のドッグラン記事もご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク