暑い日には愛犬と川遊び 神奈川県中津川

関東エリア

夏の暑いときは、飼い主も散歩に出掛けるのは大変ですが、わんちゃんもしっかり全身に毛皮をまとっていて、脱ぎ捨てたくても脱ぐことができないわけですから、これは思った以上に暑くてお散歩にも行きたくなくなってしまうかもしれませんね。

毎日通うわけにはいきませんが、時には運動不足になりがちな夏に思い切り川遊びさせてあげたいですね。神奈川県に流れる中津川は、思う以上に水が綺麗なので我が家では夏の期間何度か訪れて川遊びさせています。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

愛犬と楽しむ中津川

中津川は丹沢山系から湧き出る水を水源とされており、その川の水が宮ヶ瀬ダムに集められ、宮ヶ瀬ダムから流れ出た川が中津川。その先にある厚木で相模川と合流し、最終的には相模湾に注いでいます。

宮ヶ瀬ダムの直下にあるのがあいかわ公園で、このあいかわ公園の下流から厚木市営中三田スポーツ広場辺りまで、広範囲にわたって水遊びが楽しめる川になります。

中津川には、釣り堀場やキャンプ場などがいくつか点在しており、河川敷にも車で入ることができる場所も多々あります。 夏場には家族連れで賑わい、バーベキューや川遊びしている姿がみられ、近隣の方々にとっては憩いの場所として親しまれています。

人気の場所は早くから駐車場が満杯になってしまうこともありますが、とにかく広範囲にわたって川遊びができるので、川沿いを走っていればどこかしら空きがありますので諦めずに探してみてください。
川で泳ぐ犬

夏のひとときを快適に川遊び 愛犬は水泳も!

私も昔、丹沢水系のもっと上流の方でバーベキューや川釣りを楽しんだ経験がありますが、神奈川県の中央部に当たる厚木近辺を流れる中津川が、これほど綺麗な川だとは知りませんでした。

普通に子供達が川遊びして、わんちゃんも泳いでいる姿を見たときは衝撃的だったことを覚えています。
私は、もっとのどかな田舎の方まで行かないと川遊びをさせられる場所などないと思っていたからです。

最初に中津川で川遊びさせてからは、毎年2~3回は訪れるようになりました。 それでも、上流には釣り堀などがありますので川遊びから帰ったらシャンプーすることをお勧めします。
赤いボールをくわえて皮を泳ぐ犬
また、自然の中で遊ばせる場合は、どんなアクシデントが待ち構えているか想像できませんので、少しでもアクシデントから最悪の事態を避けるためにも準備しておきたいのがライフジャケット。

予防接種と同じように、防げる事故は事前に対処するべきです。

もしわんちゃんが何らかの事情で川に流されてしまったとき、ライフジャケットを装着していることによって、命が助かったと言う事もあります。
必ずしも助かるとは言い切れませんが、着用しているかいないかでそのリスクを軽減することはできると思います。

我が家も最初の頃はライフジャケットを着用せずに川遊びやプールで泳がせていましたが、年齢的なことも考慮し、ライフジャケットを購入しました。

それから我が家では、川遊びさせるときには後ろ足だけブーツを履かせています。 中津川は、河川敷も川の中も大きな石がゴロゴロしているため、愛犬が犬かきをして泳いでいるとき、浅くなったところで水を蹴ると、後ろ足の爪が石によって削れてしまい怪我をしたことから履かせるようにしました。

ブーツを履いているとブーツの中に水が入ってその分泳ぎにくくなりますが、爪が削れて血が出てしまうと数日間は、お散歩の時にばい菌が入ってしまうかもしれないというリスクがありますのでそれを解消することができます。

河川敷で愛犬の夏のストレス・運動不足解消

中津川の河川敷は、ほとんど高木が無く日差しが容赦なく注いでいます。 そのため休憩させるときや乾かすときなど木陰が有りませんので、できるならパラソルやテントなどを持参すると良いと思います。

我が家もパラソルを良く持参するのですが、河川敷は風が強く飛んでしまったりするときがありますので注意してください。

中津川の川幅は結構ありますが、向こう岸まで歩いて行かれるほどそれ程深い場所はありません。場所によっては深いところもあるのでわんちゃんを遊ばせる前に、深さや流れなど確認してからの方が良いと思います。

愛犬と川遊びに行くとき、時々孫も一緒に連れて行きます。孫も川遊びが大好きで夕方になって「帰るよ」と言ってもなかなか首を縦に振ってくれません。それほど川遊びって楽しいのでしょうね。

愛犬が孫に寄り添って犬かきのやり方を教えてあげるような仕草を時々見せます。そして必ず川の中に孫が入ると、愛犬は孫のそばから離れずまるで見守っているかのようにずっと傍らにいるのが微笑ましいですね。

水遊びは足腰の負担は軽減しますが、かなり体力も消耗しますので、夏の運動不足は解消され、ストレスも発散してくれるので健康的にも素晴らしいと思います。 時々冷えすぎないように休憩を挟みながら、お弁当持参で出掛ければ1日遊べますよ。

愛犬も川の中が大好きなので、なかなか休憩を取ってくれませんが、そんな時は強制的に休憩です。 河川敷の石は暖まっているので、冷えた体を温めてくれます。

川の水って冷たいって思いますが、それはもっと山間部を流れている川で、雪解け水だとしびれるくらい冷たいですが、中津川はダムに溜まった水が放出されているので冷たいけどそこまで冷たくなく、ずっと水の中にいても大丈夫な程度の水温です。

中津川の河川敷で愛犬連れで仲間とバーベキュー

5月の半ばに娘のドッグスクールに通う仲間達と中津川の上流でバーベキューを開催しました。

お料理は現地でお肉やサザエなどを焼いて食べたり、持ち寄ったお料理をみんなで頂きながらわんちゃん達は川で一足早い水遊びを楽しみました。 教室に通う全員が参加したわけでは無く、当日都合がついた仲間達の集結です。

私たちの他にもたくさんのバーベキューを楽しむ家族連れや仲間達が訪れていて、河川敷はどこも大賑わい。良い香りが漂っています。

ちょうどわんちゃん用に設営したテントが風下になってしまい、休憩中のわんちゃんの所には風に漂ってバーベキューの美味しそうな匂いがしてたまらない!と言った表情。

バーベキューの前にひと遊びして休憩している所だったので、ちょうどわんちゃん達もおなか空いちゃっていたかもしれませんね。

2時間ほどお料理を食べながらみんなで話に花を咲かせた後は、またわんちゃんタイムで川遊びです。 柴犬は水が苦手な仔も多く、飼い主さんがあの手この手と誘いながらもなかなか水に馴染めず、大暴れする場面もありましたがみんな楽しそうに過ごすことができました。

中津川は雨が降った翌日は、水が濁っているときもありますので前日もお天気が良いときが狙い目です。

そして家族連れやお友達同士で子供達も多く遊んでいますので、ロングリードは忘れずに持参してくださいね。

わんちゃんと人が同じ空間で川遊びできる場所として、これからもずっと残していきたいのでマナーを守ってゴミは持ち帰るようにしてください。

水泳は、足腰への負担が軽減されることからわんちゃんにとっても理想的な運動になります。特にシニア期に入ったわんちゃんにもお勧めです。 その仔の運動量に合わせて無理せず休憩を挟んで遊ばせてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク