ミックス犬「キャバチワ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種の紹介

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ウルウルの瞳に悩殺されてしまう人続出の「キャバチワ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

キャバチワの特徴

キャバチワは、キャバリア(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)とチワワを親犬種に持つミックス犬。他に「チワリア」「キャバチー」などとも呼ばれます。

キャバチワは、キャバリア特有の垂れ耳と大きな瞳、優雅な佇まいを持ちながら、チワワのような小さなサイズになることが一般的のようです。

丸い頭部(アップル・ヘッド)と短いマズル(口吻)の部分に、チワワの面影が感じられる程度で、ほぼキャバリアの容姿となるキャバチワが多いです。

キャバチワは体重4kg前後、体高25cm前後が平均的で、「キャバリアを飼ってみたいけど、少し大きすぎて扱いにくいかも」と思われる方にぴったりなサイズ感。

チワワよりも少し大きめ。キャバリアの要素が色濃く現れると、もう少し大きくなります。小さめの個体を希望する場合は、両親犬の大きさを参考にするとよいでしょう。

キャバチワの毛色もキャバリアの特徴を受け継ぎ、「ブレンハイム(主に白色をベースに茶色がマーブル状に入っているもの)」や「ブラックタン」「アプリコット」などがあります。

キャバチワの性格

キャバチワは、穏やかで人懐こいキャバリアの性格と好奇心旺盛で遊び好きなチワワの性格とが相まって、とてもフレンドリー。仲間意識も強く、良い家庭犬になります。

キャバチワは多頭飼いでも面倒見の良さを発揮します。遊ぶことが大好きで、活発なため、散歩のほかにもボール遊びやディスク、アジリティーなど体を動かすバリエーションをもってストレスを軽減させてあげましょう。

キャバチワはチワワの警戒心の強さが色濃く現れる場合もあるため、仔犬の頃からさまざまな人や他の犬などには積極的に触れあわせて、社会化を徹底しましょう。

かわいいから、と箱入り娘・息子に育ててしまうと、家族以外の人や他の犬などを受け付けない、外に出られないようなワンちゃんになってしまいます。

本来の性質から、キャバチワは、スキンシップやコミュニケーションをとることが大好きです。たくさんの経験をさせ、本来持っているフレンドリーで好奇心旺盛、という性格の良さを伸ばしてあげることが大切です。

キャバチワのお手入れ

キャバチワの毛質は、親犬種であるキャバリアの要素を色濃く受け継ぐことが多いようです。

艶やかで柔らかい、少しウェーブがかった飾り毛を持つことが多く、抜け毛も多めです。

キャバチワは胸やお尻、耳、足の付け根などの毛が毛玉になりやすいため、美しい被毛を維持するためにも、定期的なブラッシングは徹底するようにしましょう。

キャバチワは換毛期には多くの毛が抜け落ちます。スリッカーブラシなどを使って、アンダーコートをしっかり取り除き、コームを使って仕上げをするなど、道具を使い分けることをおすすめします。

キャバリアよりになることの多いキャバチワの耳は、垂れていて蒸れやすい形状をしています。

汚れがたまったままでいると、細菌が繁殖しやすく外耳炎などにかかりやすくなるため、日ごろから汚れのチェックや異臭がしないか、などこまめにチェックしてあげましょう。

気を付けたいキャバチワの病気

キャバチワはミックス犬のため、遺伝的な疾患にかかりにくく丈夫といわれています。

しかし、親犬種の特徴を受け継いでいる以上、親犬種がかかりやすい病気のリスクは比較的高いといえます。

特にキャバチワの場合は、キャバリアの身体的な特徴が色濃く現れているため、キャバリア特有の疾患やかかりやすい病気については正しい知識を持ち、日ごろから気を付けるようにしましょう。

僧帽弁閉鎖不全症という心臓病は、チワワにも起こりうる小型犬がかかりやすい病気のひとつで、キャバリアの罹患率も高い病気です。

その他、膝蓋骨脱臼、糖尿病、水頭症、白内障などには注意をして、何か異変を感じたら、すぐに獣医師に相談するようにしましょう。

また、親犬種であるキャバリア、チワワどちらも比較的太りやすい犬種です。肥満はあらゆる病気を引き起こす引き金にもなりますので、キャバチワも体重管理を徹底し、適性な体形を維持するように心掛けてあげることも大切です。

ブレイク間違いなし?!魅惑のキャバチワ

キャバチワは、その性格の良さ、容姿のかわいらしさからも支持されつつあるミックス犬ですが、ペットショップなどでの取り扱いはそれほど一般的ではありません。

入手先はブリーダーなど、正しい知識をもって繁殖をしている信頼のおけるところを探しましょう。

フレンドリーでかわいらしく、優雅で上品なキャバチワ。家庭犬として文句の付けどころが無さそうなところも支持される魅力のひとつとなるでしょう。これからますます注目されそうです!

スポンサーリンク