ミックス犬「キャバチワ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ウルウルの瞳に悩殺されてしまう人続出の「キャバチワ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

キャバチワの特徴

キャバチワは、キャバリア(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)とチワワを親犬種に持つミックス犬。他に「チワリア」「キャバチー」などとも呼ばれます。

キャバチワは、キャバリア特有の垂れ耳と大きな瞳、優雅な佇まいを持ちながら、チワワのような小さなサイズになることが一般的のようです。

丸い頭部(アップル・ヘッド)と短いマズル(口吻)の部分に、チワワの面影が感じられる程度で、ほぼキャバリアの容姿となるキャバチワが多いです。

キャバチワは体重4kg前後、体高25cm前後が平均的で、「キャバリアを飼ってみたいけど、少し大きすぎて扱いにくいかも」と思われる方にぴったりなサイズ感。

チワワよりも少し大きめ。キャバリアの要素が色濃く現れると、もう少し大きくなります。小さめの個体を希望する場合は、両親犬の大きさを参考にするとよいでしょう。

キャバチワの毛色もキャバリアの特徴を受け継ぎ、「ブレンハイム(主に白色をベースに茶色がマーブル状に入っているもの)」や「ブラックタン」「アプリコット」などがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク