ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパのドッグカフェ訪問 強羅で愛犬と心温まる時間を過ごす!

関東エリア
ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェ入口

日中は屋内外問わず、過ごしやすい時期となりました。私たちは、愛犬を連れて、都心からほど近く自然豊かな箱根まで森林浴に行ってきました。

そして森林浴の後に、愛犬と一緒に入れるお店でゆったりカフェタイムを過ごすことに。私たちが選んだお店は、今回、ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパにあるドッグカフェです。

そこで箱根・強羅に位置する、ハイアットリージェンシー内ドッグカフェでの過ごし方について、私たち夫婦と愛犬がご紹介します。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのドッグカフェ

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのドッグカフェ

この記事に登場する愛犬

MAO マオ  ♀ (トイプードル)

MANA マナ ♂ (トイプードル)

SARA サラ ♀ (トイプードル)

スポンサーリンク

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパのドッグカフェ

私たちは、箱根湖畔で森林浴を楽しんでから、強羅方面に向かいました。強羅は彫刻の森や、ユネッサン小涌園がある方面です。

小涌園の坂をさらに登って、車を奥へ走らせると、山深い中にハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパがあります。

箱根湯本駅から、箱根登山ケーブルカーを利用していくことも出来ます。最寄り駅は、山小屋風の駅舎が魅力的な強羅駅です。

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ

リッチ&モダンな外観

ハイアットリージェンシーホテルでドッグカフェがあるのは、現在は箱根・強羅のみです。

ここでは、愛犬と宿泊できるプランが用意されています。そして、全6室の愛犬と同伴宿泊可能なお部屋があります。既に週末、休日前後は多くの予約で埋まっているほどの人気ぶりだそうです。

私たちは今回、デイユースでカフェを利用してきました。ホテルに到着したのは、お昼近くの時間帯でした。入ってすぐの建物右手側は、屋根付きの平置き式駐車場になっています。

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパの外観

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパの外観

駐車場の脇に、犬の絵の看板が見えたので、何だろうって気になって行ってみました。

こちらで、到着した宿泊利用者と愛犬を迎え、一時預かり、グルーミング・サービス等の提供を受けられるとのことでした。

専任スタッフが居るとのことで、安心できますね。愛犬に至れり、尽くせりのサービス、是非、わが家も利用してみたい!と思いました。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのグルーミングルーム

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのグルーミングルーム

私たちは、ホテル周辺を一回り散歩した後、ドッグカフェを利用しました。ホテル周辺の樹々は、緑が色濃くて深みがあります。とても新鮮な空気で満たされている場所でした。

カフェを利用する前後のお散歩はVERY GOODです。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのドッグカフェへは、ホテルのロビー入口とレセプションの前を通らずに、愛犬と一緒に歩きながら、階下のドッグカフェへ行くことができます。

愛犬と一緒の時、周囲に気を使うことがありますが、これなら、チェックイン&アウトする人を気にする必要がなくて、いいですね。

ロビー入口

ロビー入口

ドッグカフェのオープン日にはエントランスに看板が出ています。看板を見つけたら、すぐ脇にある屋外通路を真っすぐ進んで行くと、ドッグカフェの看板とその下へ続く階段の入口に出ます。

屋外通路で、他のワンコとすれ違いました。きっとここに宿泊していたのかな~。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェのエントランス

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェのエントランス

ワンコが立ち入れない場所は、その付近に表示がありました。これなら、私たちゲストにも、わかりやすい。

注意書看板

注意書看板

カフェの入口まで来たら、木製の可愛らしい看板を見つけました!

愛犬を撮影する時、はい、チーズの代わりに、「はい!ごはん!」と言ったら、愛犬の舌が思わずペロリ出ていました。

何か美味しいものが待っているって、愛犬にも分かるのでしょうか。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェ入口

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェ入口

樹々に囲まれたドッグカフェのテラス席

私たちは、階段で1階へ降りました。前日に雨が降ったこともあって、私たちが訪れた日はの気温がいつもより低めでした。

そのせいか、周囲は完全に乾いていなくて、土のある路面には少しウエット感が残っていました。

それでも、テーブルや椅子、そして周辺整備はされているので、快適に過ごせそう。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェテラス席外観

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ ドッグカフェテラス席外観

空いている!そして私たちは、好きな席につくことが出来ました。この日は、あいにくの天候のおかげで、貸し切り状態。とてもラッキー!

さっそく、温かい飲み物を頼みました。サラ、美味しそうなカフェモカでしょう?

ドッグカフェテラス席

ドッグカフェテラス席

お料理を待っている間、私は、テラス内を愛犬と探検、そしてパパは、愛犬サラと撮影を楽しんでいました。

こちらは、全体的に自然をイメージした造りになっていました。箱根に自生する植栽で、箱根の山と自然を楽しめるパティオ(中庭)にしてあるとのこと。

とても良い空気と雰囲気が漂うこの場所に居ると、時間を忘れちゃいそうです。

ドッグカフェテラス席

ドッグカフェテラス席

化粧室は室内にあるので、利用するときには中のリビングルームを通ります。ここは、愛犬は同伴できませんが、ゲストとしてデイユースすることは可能です。

冬場には、大きな暖炉のぬくもりを感じられそうです。広々とした室内と高い天井、そして山小屋風を味わえる設えはとても素敵でした。

ドッグカフェ リビングルーム内

ドッグカフェ リビングルーム内

途中、スタッフの方がブランケットを貸してくださいました。人用と愛犬用のブランケットがそれぞれあって、さっそく利用することにしました。

そして今日は、愛犬マオとマナは、別々に座りたいとのことで、それぞれ1席ずつ座ってもらいました。マオは大人だなぁ~。とパパの意味不明な会話に、和みムード満点です。

ドッグカフェテラス席

ドッグカフェテラス席

ホテルスタッフの方は、愛犬にもとても気さくで親切に対応くださいました。

新鮮なお水の差し入れ、愛犬に話しかけて遊んでくださったりと、時折の心配りは、私たち愛犬家にとって嬉しいサービスの一つです。

愛犬マオとサラ

愛犬マオとサラ

しばらくして、お料理が運ばれてきました~。私たちは、まずは、軽めのブランチとしてパスタとクラブハウス・サンドイッチをシェアしました。

生クリームが濃厚でしっかりとしたお味のサーモンのパスタでした。

ドッグカフェの料理

ドッグカフェの料理

食後にお茶を頂きました。パパはカフェモカを気に入った様子で、おかわりです。

わが家では、ホテルに食事に行くことがあるせいか、いつの間にか、食事をしてる私たちと一緒に、愛犬もテーブルについて、お付き合いしてくれるようになりました。

家ではやらないことの一つなので、犬って本当に賢いな~と感心しています。

ドッグカフェテラス席

ドッグカフェテラス席

ここで、気になるパパの一言が…。ホテルの中で何か食べない??ええっ?マジですか!?

もしや!愛犬が朝早くから、お昼寝なく活動を続け、既にお腹も心も一杯で、お昼寝したいのを見越している?

もしや君たち、テーブルでおとなしかったのは、たんなるお疲れモードだからですか?という疑問も残るところですが…。

よし!乗った!ということで、引き続き、ロビーや、リビングでの気になる様子をお伝えいたします。

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ 北側ロビー階

愛犬は大好きな車の中で、お昼寝中。一度駐車場へ戻った私たちは、先ほど入らなかったレセプションを通って、階下へ降りることにしました。

ホテルレセプション

ホテルレセプション

フロアマップで確認すると、リビングルーム(ドッグカフェと併設している)以外に、ダイニングルーム鮨、ダイニングルームウエスタンキュイジーヌ、ベルス、といったお食事処があるのがわかりました。

ホテル北側マップ

ホテル北側マップ

階段を降りる手前に、ドリンクサービスを見つけました。リフレッシュ・ウォーターのようですね。

大きなリュックを背負った海外からの観光客の団体が、ここで美味しそうに飲んでいました。

リフレッシュウォーター

リフレッシュウォーター

ロビーから、下のリビングルームが一望できました。天井の高さが伝わりますか?

座席数30席と書かれていましたが、もっと多くあるようにも感じられます。

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ 1階のレストラン

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ リビングルーム

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパ リビングルーム

ホテルのリビングルームのお向かいには、レストラン・ダイニングルームがあります。そして、その前には専用のワインセラーがありました。これなら、どれだけ飲んでも安心ですね(笑)

ホテル ダイニングルーム

ホテル ダイニングルーム

ワインセラー

ワインセラー

私たちはリビングルームの入口で、アフタヌーン・ティーの看板を見つけました。

アフタヌーンティーメニュー

アフタヌーンティーメニュー

ということで、さっそく頼んでみました。そして、パパはまたもやカフェモカですか…。

私は紅茶を頂きました。こちらの紅茶は、ドイツ・フランクフルトのロンネフェルト社のものが使われています。バリエーションも豊富ですね。

ロンネフェルト紅茶

ロンネフェルト紅茶

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ ダイニングルームのアフタヌーンティー

こちらのアフタヌーンティーは、季節ごとにその内容が変わるそうです。今は秋ということで、秋の味覚に期待して待つことにしました。

まず先に出てきたのは、スコーンでした。こちらのスコーンというか、乳製品(生クリーム&バター)は濃厚で美味しいです。

生地はシンプルなスコーンですが、サクッとした食感でやみつきになりそうです。

トッピングとして添えられていたのは、柿とオレンジのコンフィチュール、小豆、はちみつ、そして自家製のクロデットクリームはとても美味でした。

クロデットクリームは手作りするのに、手間がかかるのですが、ここに愛を感じました。

スコーン(アフタヌーンティー)

スコーン(アフタヌーンティー)

続いて、どーんとお出ましになられたアフタヌーンティー。ラッフルズのハイティーよりお腹は確実に満たされそうです(笑)

久しぶりのアフタヌーンティー!私は、ブレストンコートのアフタヌーンティーBOXより気に入ってしまいました。

スコーンを除いて、こちらには、一面に美しく彩られた秋の食材が散りばめられています。

その内容は、サツマイモのスープ、柿とバニラのムースパフェ、モンブラン、あずきのマカロン、紅茶のクッキー、梨とフルーツケーキ、日本酒のゼリー、ホワイトチョコレートと秋の味覚(ナッツ等)、フィッシュバーガー、シュークルート、シイタケのファルシでした。

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのアフタヌーンティー

ハイアットリージェンシー箱根ホテル&スパのアフタヌーンティー

ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ訪問のまとめ

ここでは、人と愛犬が一緒に過ごせるスペースに限りはありますが、愛犬と一緒に旅をしたいゲストの意図と、人が快適に過ごす為のポイントについて、ホテル側がしっかりそのニーズを押さえているところに魅力を感じました。

また実際にデイユースすることで、その配慮を感じました。今後の利用動機に拍車がかかって、次回は、愛犬と宿泊すること、スパ等のアクティビティにもチャレンジしたくなりました。

ドッグカフェの利用時間は、午前11時から午後15時30分(ラストオーダー)です。そして、営業期間があって、通年、3月30日から11月25日となります。

ダイニングルームの営業時間は、午前7時から午後24時 (ラストオーダー:フードは午後21時30分、ドリンク は午後23時)です。

ただし、午前7時から11時と、午後16時から19時は宿泊者の専用利用時間帯となります。

また、愛犬の一時預かりやグルーミングサービスは、施設利用レストラン・スパ利用者も利用できるそうです。

▼ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパはペットと宿泊できるドッグフレンドリールームのプランもあります▼

この記事の執筆者の愛犬
マオ&マナ&サラ
フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク