埼玉のおすすめドッグラン8選!愛犬が喜ぶ魅力たっぷり!アクセスや利用方法も!

犬とお出かけ

埼玉県には沢山公園もありますが、なかなか愛犬を思いっきり遊ばせてあげる機会は少ないですよね。

あまり知られてはいませんが、埼玉県には小さいものを含めれば40箇所以上のドッグランがあります。

しかし、そのほとんどはショッピングモールや公園などに併設されているもので小さく、「愛犬を思いっきり走らせたい」「アジリティで遊びたい」と思うと、なかなか難しかったりします。

また、会員制・完全予約制・時間制・入場料のみなど料金体系が様々なので利用方法がわかりづらいドッグランも多いです。

そこで今回は利用方法が比較的わかりやすく、運動量の多い大型犬向けのアジリティーが沢山あるドッグランや大型犬が苦手な愛犬に配慮したドッグラン、少し風変わりなドッグランを紹介していきます。

スポンサーリンク

埼玉のおすすめドッグラン1.ドッグパーク幸手

埼玉のおすすめドッグラン、最初にご紹介するのはドッグパーク幸手です。

埼玉県幸手市にあるドッグパーク幸手は県内最大級のドッグランで、約1500坪の敷地が小型犬スペース、中・大型犬スペース、アジリティスペースの3つのエリアに分かれています。

ドッグパーク幸手のアジリティスペースは30分ごとに1匹500円で貸し切りにすることができるので、他のワンちゃんが苦手な愛犬でも気軽に使うことができます。

ドッグパーク幸手では、アジリティ自体は敷地のフェンス側に沿って作られているので、アジリティを使わなくても走り回るには申し分ないエリアになっています。

ただし、イベント時には使用できないことがあるのであらかじめ確認しておきましょう。

また、ドッグパーク幸手ではドッグランの貸し切りやバーベキューでの利用もできるのでオフ会や家族で楽しむのにも向いています。

バーベキューの利用方法は、事前の電話予約が必要となります。

ドッグパーク幸手では夏季(7、8月)限定でドッグプールとナイター営業が利用できます。

ドッグプールは、土曜日は小型犬スペースのみ、日曜は小型犬スペースと中・大型犬スペースで営業しています。

プールは別途料金はかかりませんが、気温や天候、取水制限で中止になることもあるので注意が必要です。

また、ドッグパーク幸手では1匹800円でセルフシャンプー(予約制)が利用できるので、汚れてしまうのがわかっていればあらかじめ予約を入れておくようにしましょう。

ナイター営業は通常料金+300円で夜遅くまで利用することができます。

ドッグパーク幸手の利用方法として、まず利用必須品は混合ワクチンと狂犬病ワクチンの接種1年未満の証明書です。

営業時間は平日9:30~17:00、土日祝日9:00~17:00、ドッグランバーベキューは11:00~19:30で季節による変動があります。

利用料金は200円/人、800円/匹(2匹目以降は500円)で再入場はできません。アジリティスペースは+500円で貸し切り可能、セルフシャンプーは30分ごとに800円/匹(要予約)です。

ドッグパーク幸手では、団体利用やバーベキュー利用の場合は事前に電話での予約が必要になります。アクセス方法として、車で春日部方面から国道4号線を宇都宮方面へ向かい、ステーキのどんの信号で右折するとあります。

■詳細情報

埼玉のおすすめドッグラン2.DOG NEWS!(ドッグニュース!)

埼玉のおすすめドッグラン、次のご紹介はDOG NEWS!です。

埼玉県北本市にあるDOG NEWS!はドッグランを始めとしてシャンプー・トリミング、ペットホテル、子犬販売、フードなど各種犬用品販売を行っている愛犬の総合施設です。

DOG NEWS!のドッグランは地面が土で、約200坪の第1ドッグランと約100坪の第2ドッグランにわかれており、両方のエリアでアジリティーを利用することができます。

DOG NEWS!では、第1ドッグランは全犬種向け、第2ドッグランは奇数日が小型犬専用、偶数日が大型犬専用のドッグランとなります。

DOG NEWS!の第2ドッグランは貸切することができるので、初めてドッグランを利用する方や運動量は多いのに他のワンちゃんが苦手な愛犬の飼い主さんでも利用することができます。

貸切時にのみワンちゃんとバーベキューをすることができますので、家族やオフ会などで利用することも可能です。

貸し切りやバーベキューの利用方法は直接お店に電話をして予約を取るようにします。

DOG NEWS!には夏季(6~9月頃)限定で大型のドッグプールを利用することができます。

DOG NEWS!のドッグプールは広さおよそ25㎡、深さ75㎝なので大型犬も楽しく遊べるプールになっています。

こちらも貸切することができ、他のワンちゃんを気にせず愛犬を泳がせることができます。有料でライフジャケットの貸し出しも行っているので、初めて泳ぐワンちゃんや小型犬でも安心して遊ぶことができます。

また、DOG NEWS!のドッグプールでは有料の貸し出しバスタオルやセルフシャンプーなどのサービスも充実しているので、手ぶらでプールに入れられるという利点もあります。

DOG NEWS!の利用方法として、利用必須品は混合ワクチンと狂犬病ワクチンの接種1年未満の証明書です。

営業時間は第1ドッグラン・プールは10:00~18:00、第2ドッグランは10:00~19:00までです。

DOG NEWS!の利用料金は、ビジターは1日540円、会員は1か月3,240円、プールは別途時間によって利用料金がかかります。

貸切には事前予約が必須で、予約状況は公式サイトで随時確認することができます。

DOG NEWS!へのアクセス方法は、東北自動車道からは岩槻ICより国道16号線を川越方面に進み国道17号線を熊谷方面に約40分で行くことができます。

首都高速からは埼玉大宮線与野出口より国道17号線を熊谷方面に約40分で行けます。

関越自動車道からは東松山ICより東松山市街を抜け鴻巣方面に進み国道17号線を大宮方面に約30分で行けます。

■詳細情報

埼玉のおすすめドッグラン3.SJDフレンズドッグクラブ

埼玉県さいたま市桜区にあるSJDフレンズドッグクラブは約375㎡ある完全予約制のドッグランを保有し、しつけ教室や美容室、犬の幼稚園、ペットホテルなどを併設した愛犬のための総合施設です。

SJDドッグクラブのドッグランは屋根付きの全面人工芝グラウンドなので、雨などの気候に左右されず、汚れの心配もなく遊ばせてあげることができます。

また、SJDフレンズドッグクラブでは、愛犬のフライボールなどの機材持ち込みが可能な上、コンセントを完備しているので音楽を再生しながらドッグダンスやカドリールに挑戦することもできます。

もちろん、アジリティーも一式揃っているので運動量の多い愛犬の飼い主さんに非常におすすめです。

SJDフレンズドッグクラブは5家族3時間以上の利用であればドッグランを貸し切ることができます。

貸し切り利用のみですがバーベキューもできるので愛犬とのレジャーやオフ会にも向いています。

1~4家族でどうしても貸し切りで使いたい場合でも5家族分の料金になってしまうようなので団体で利用する方へオススメです。

また、SJDフレンズドッグクラブでは、6~10月にはドッグプールが設置されますし、貸し出しもあるので水遊びも楽しめます。貸しタオルなどはないので持参する必要があります。

SJDフレンズドッグクラブではナイター設備が整っているので夜でも安心して遊ぶことができます。

SJDフレンズドッグクラブの利用方法として、利用登録の必須物は混合ワクチンと狂犬病ワクチンの接種1年以内の証明書です。

営業時間は9:00~19:00で、定休日はありません(ただし、併設されている美容室のみ水曜日定休)。

SJDフレンズドッグクラブの利用料金は1時間ごとに540円/匹、3時間は1,296円/匹で2匹目以降は1匹目の半額で利用できます。

完全貸切予約の場合は1,296円/匹、バーベキューセット(炭1箱・着火剤)の貸し出しは540円(網・鉄板・台は無料で貸し出しています)、ドッグプールの貸し出しは1時間540円/匹です。

SJDフレンズドッグクラブでは、貸し切りは人数の変更含めて3日前までに電話で予約する必要があります。当日・前日にも空いていれば予約可能ですが、割引ができないので注意が必要です。

アクセス方法は車でJR埼京線中浦和駅から南与野方面へ線路沿い約4分で行くことができます。

■詳細情報

埼玉のおすすめドッグラン4.武蔵丘陵森林公園

埼玉県比企郡と熊谷市にまたがる国営武蔵丘陵森林公園は日本で初めての国営公園で、広さはおよそ東京ドーム65個分もある大きな公園です。

国営武蔵丘陵森林公園の北口ゲートから歩いて15分ほどの場所に広さ約6,000㎡のフリーエリアと小型犬専用エリアの2つに分かれたドッグランがあります。

国営武蔵丘陵森林公園のドッグランのフリーエリアは大・中型犬中心のドッグランで小型犬も一緒に利用できますが、混雑状況や相性などを考慮する必要があります。

小型犬専用エリアは中・大型犬は入ることができない、小型犬のみのスペースです。大きさの目安としては体高40㎝以下のワンちゃんが対象となります。

国営武蔵丘陵森林公園のドッグラン自体の入場料は無料で、地面が芝で覆われているので愛犬の足にも優しいです。

国営武蔵丘陵森林公園のドッグランにはアジリティーが設置されているので、運動量の多い愛犬や遊び好きな愛犬と挑戦することができます。

ドッグラン内には休憩できる椅子やテーブルもあるので休憩しながら何時間でも遊ぶことができます。

また、国営武蔵丘陵森林公園内には愛犬と食事ができるレストラン(テラス席のみ)やバーベキューエリアがあるので食事にも困りません。

ただし、自販機などは公園内に少ないので愛犬と自分の飲料水はあらかじめ用意して行った方が無難です。

バーベキューの利用方法として、あらかじめ武蔵丘陵森林公園へ予約のための電話が必要です。

国営武蔵丘陵森林公園の利用方法として、入園時に毎回ペット同伴誓約書を書く必要があります。

年会費無料で「ワンちゃんパスポート」を発行しておけば入園手続きがパスできますので、頻繁に利用する方はオススメです。

営業時間は9:30~17:00(季節による変動あり)で、休園日は年末年始と1月の第3・第4月曜日となっています。

料金は450円/人(高校生以上)、中学生以下とペットは無料で入れます。駐車場は大型車1,650円/台、普通車620円/台かかります。

国営武蔵丘陵森林公園へのアクセス方法は車で関越自動車道「東松山」I.C.から熊谷方面へ約10分向かうとあります。

■詳細情報

スポンサーリンク