犬も喜ぶ水遊びスポット 鍋田水遊び公園 熊本県山鹿市

九州エリア

鍋田水遊び公園は、菊池川水系の岩野川の河川敷にあります。

岩野川の水を利用した浅い水路で深い所でも子供の膝下くらいの浅さです。それでも、自然の中のプール感覚で楽しめます。

この記事に登場する愛犬

ケンジ(トイプードル。雄)

鍋田水遊び公園の水は、透き通っていて、驚くほど、とてもきれいです。

暖かくなると、危険性が少なく安全なので、人気の水遊びスポットとして、幼稚園児が遠足で訪れたり、家族連れでにぎわっています。

時期が限られていますが、定期的に吹き上がる噴水も鍋田水遊び公園の楽しみのひとつです。

愛犬(トイプードル)はとても臆病で、特に高い所や水は、ブルブル震えながら怖がります。

シャンプーや散歩中の水たまりなど、一度経験したことは、比較的大丈夫ですが、とにかく、はじめて見る物、はじめて触れる物は、異常なまでに恐がり、近くまで連れて行って、自分で安全かどうかを確認するまでは、ワンワン吠え続けます。

水の中に入るという行動も愛犬にとっては生まれてはじめてのことで、その反応は想像通りでした。

でも、この水遊び公園のおかげで、愛犬の水への恐怖がなくなったように思います。

ここでは、大自然の中で健康的に楽しく過ごせる水遊びスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

鍋田水遊び公園の場所

熊本県山鹿市の鍋田水遊び公園

(所在地)
〒861-0541 山鹿市鍋田
(TEL)
0968-43-1591
(交通アクセス)
九州自動車道菊水ICから県道16号で山鹿方面へ

鍋田水遊び公園入口

鍋田水遊び公園入口

(鍋田水遊び公園の駐車場)
収容台数は10台程度ですが、 夏は河川敷が50台ほどの臨時駐車場になっています。
駐車料金はいずれも無料です。

(鍋田水遊び公園のトイレ)
1か所あります。

(鍋田水遊び公園の更衣室)
更衣室はないため、お出かけの際は、短パンなど濡れても良いような服装をおすすめします。

(準備していった方が良いと思われるもの)
飲み物、お弁当、レジャーシート、ビーチパラソル、日傘など

(注意点)
水は川の水なので、飲めません。

愛犬もおおはしゃぎで喜ぶ鍋田水遊び公園

水遊び公園に到着し、愛犬を車から降ろすと、はじめての場所に少し困惑している様子でしたが、大自然の土や草の香りを感じて、すぐに思いっきり走り出しました。
ダッシュで走ることは少ないので、それも嬉しそうでした。

一応、いつも遊んでいるボールを持っていったのですが、走ることに夢中でボールには見向きもしませんでした。

初めて来た場所にとまどう愛犬

土の上を思いっきり走るトイプードル

土の上を思いっきり走る愛犬

名前を呼んでも振り向きもせず、ご機嫌で広範囲を探検する愛犬です。

11月で、涼しいくらいの気候でしたが、走り回った愛犬のからだは、熱くなり、舌をだして「暑い」と言ってるようでした。

水を飲ませると、すごい勢いで飲みほしました。

愛犬を水遊びが出来る場所へ連れて行き、流れる水の中の石に座らせてみると、走っていた時とは正反対で、固まったまま動かなくなりました。

水がこわくて固まるトイプードル

水がこわくて固まる愛犬

我が子を見守る親の心境で、どうするだろうと心配しながら、しばらくそのまま様子を見ていました。

愛犬は、不安ながらも、時々、水に顔を近づけてみたり、少しだけ足をつけてみたり、安全か危険なのかを確認しているようでした。

そして、かなり時間はかかりましたが、勇気をだしてようやく水に入ることができました。

おそるおそる水を覗き込むトイプードル

おそるおそる水を覗き込む愛犬

一度入ったら、安全であると確認できたらしく、恐怖感もなくなり、楽しそうに水の中を歩き回ったり、水から出て、少し傾斜のある川の側面を斜めに走ったり、その繰り返しで遊び続けていました。

水の中をポチャポチャと楽しそうに歩くトイプードル

水の中をポチャポチャと楽しそうに歩く愛犬

上の写真で透き通った水のきれいさがお分かりになると思います。

帰宅後は、土で真っ黒になり、水で濡れてしまった愛犬をシャンプーして、乾かした途端に、心地良い疲れのためか、グーグーとイビキをかきながら爆睡した愛犬でした。

水遊び公園で、楽しく遊んでいる夢をみていたのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク