犬用のおすすめドライブボックス5選、愛犬とドライブに行こう!

犬用品・オーナーグッズ

愛犬とのドライブは楽しいですが、愛犬の安全もしっかり考えてあげたいですね。

人間の小さな子供のチャイルドシート同様、もし急ブレーキをかけたり事故にあったときに、衝撃を最小限に抑えることのできるドライブボックスは、愛犬と安全に一緒にドライブを楽しむためにおすすめのアイテムです。

今回は犬用のおすすめドライブボックスについてご紹介します。

スポンサーリンク

ペット用ドライブボックス Mサイズ ピンク ブラウン(体重10kg以下)

出典|楽天市場

犬と車でドライブする際に、ケージを持ち運ぶのは重くて大変、でも車内で動き回らないで欲しいと思う飼い主さんは多いです。

ドライブボックスならシートベルトでしっかり固定するので安全であることと、飼い主さんも愛犬も互いに様子を見ることができるので安心です。

ペット用ドライブボックス Mサイズ ピンク ブラウン(体重10kg以下)の特徴

ドライブボックス内の2本のショートベルトとハーネスやリードをナスカンでつけるだけで、窓やドアを開けた瞬間の飛び出しを防ぐことが可能です。

元気に動き回る子はメッシュの屋根が付いているので飼い主さんにも安心な仕様。このドライブボックスは簡易キャリー、ハウスとしても使えるので動物病院に行く際にもおすすめです。

ペット用ドライブボックス Mサイズ ピンク ブラウン(体重10kg以下)のおすすめポイント

ペットシーツを固定できる中敷付きで、滑り止めがついているので足の汚れや、緊張や興奮で愛犬がドライブボックスの中でおしっこをしたり吐いてしまっても安心です。外寸が51×33×27cmで使用しないときにはコンパクトに収納しておけるのもおすすめポイントです。

ペットドライブボックス

出典|Amazon

海外製のペットドライブボックスは、通販で多く流通していますが、価格が安いのが特徴的です。作りはとてもシンプルですが、表面防水加工が施されているので、簡単に水洗いもできるので、吐いてしまったり汚れてもお手入れが簡単にできます。

サイズは約40.6×32×24cmで、使用できる犬の大きさは10kg以下の犬種が目安です。枠の部分がワイヤー構造になっているので、ペットが体重をかけてもしっかりと支えられるドライブボックスです。

ペットドライブボックスのおすすめポイント

車の座席のヘッドレストにかけてバックルで固定するタイプのドライブボックスです。調節も自在にできるので、しっかりと固定できます。飛び出し防止のリードで安心してドライブができます。

2WAYドライブボックス

出典|楽天市場

ドライブボックスとしてだけでなく、ドライブシートにもなる2WAYタイプは使い勝手がよくおすすめのアイテムです。

2WAYドライブボックスの特徴

2WAYドライブボックスはヘッドレストにシートベルトを通すだけの簡単な設置方法であることが特徴的で、ドライブボックス内側のシートが撥水加工、裏は防水加工になっているので掃除も簡単にできます。

紐が付属しているので、シートの裏に回して上部のヘッドレストの他に、下部でしっかりと結ぶことで固定するタイプのドライブボックスです。

2WAYドライブボックスのおすすめポイント

内側の撥水生地のシートは落ち着いた2種類のカラーで車内のシートの色に合わせて選ぶことができます。大きさは45×45×58cmで、ジッパーを閉じると箱形のドライブボックスとなり、ジッパーを広げるとドライブシートの使い方ができます。

オーエフティードライブボックスラタン柄 小型犬~11kgまで

出典|楽天市場

オーエフティーのドライブボックスはまるでピクニックに行くようなラタン柄のかわいいドライブボックスです。内側はチェックとレースの生地でおしゃれなので、撮影用の箱としても活用することができるアイテムです。

ドライブボックスラタン柄の特徴

大きさは外寸:幅51×奥38×高22.5cm、内寸:幅45×奥33×高22cmですがこのドライブボックの特徴は、犬の目線に合わせてベルトでドライブボックスを吊るタイプであることです。

かなり高い位置に犬がくるので、愛犬と一緒に景色を楽しみたい方に最適です。
※お利口にできる犬は問題ありませんが、暴れ回る子の場合は注意が必要です。

ドライブボックスラタン柄のおすすめポイント

飛び出し防止リードが2本ついているので、愛犬の飛び出しを防ぐことができます。座席から浮いているので、揺れが軽減されるところ、底とふちにクッション素材を入れているので、犬に優しい仕様になっているところがおすすめポイントです。

Honda Dog(ホンダドッグ)ペットシートサークル

出典|楽天市場

車のディーラー純正アイテムのドライブボックス

HONDA(ホンダ)は国産車のディーラーの中でも古くから愛犬家のドライブを充実させるアイテムを取り扱っています。純正アイテムですが、他社の車でも安心して使うことができます。

Honda Dog(ホンダドッグ)ペットシートサークルの特徴

ドライブボックスは10kg前後の犬用のものが多いですが、Honda Dog(ホンダドッグ)ペットシートサークルは他のドライブボックスと違い54×85×58cmで25kgまでの中型犬が使用でき、広いところが特徴です。

底に板が入っているので安定し、横がメッシュ構造で窮屈感がなく枠の周りにもクッション素材が使われているので、犬に優しいドライブボックスです。

Honda Dog(ホンダドッグ)ペットシートサークルのおすすめポイント

車に弱い子や、どろんこになるほど元気な犬の飼い主さんはドライブボックスやドライブシートのお掃除が毎回大変です。本製品はパイプとボードを外して洗濯機で簡単に洗えるところがおすすめポイントです。

ドライブボックスを使って愛犬とドライブでおでかけしよう!

わんちゃんとおでかけするときにおすすめのドライブボックスのご紹介、いかがでしたでしょうか?ドライブボックスを固定すること、愛犬の首輪とドライブボックスに付属しているショートリードや安全ベルトで繋ぐことで万一の時にも犬が車の中や車外に飛び出すことを防げます。

ドライブボックスを使用することでわんちゃんが車内を動き回らないので飼い主さんも安心して運転に集中することができます。犬用ドライブボックス、是非チェックしてみて下さい。

スポンサーリンク