ミックス犬「ポメチワ」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、クリクリの瞳がかわいらしい「ポメチワ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ポメチワの特徴

ポメチワといわれるミックス犬は、その名前から想像できるように、ポメラニアンとチワワを親犬種にもつ犬です。ほかにも「チワラニアン」や「チワポメ」「ポメチー」などの呼び名があり、その犬の外見上にどちらの親犬種の特徴が色濃く出ているのか、で変わるようですね。

また、純血統犬種のロングコートタイプのチワワは、その作出にポメラニアンが掛け合わされたこともあり、見た目の雰囲気が似ているため、中にはミックス犬だと分からないケースもあります。

そんな、どちらに似ても“絶対的かわいさ”が確定されているポメチワは、ペットショップでも見かける機会が多い人気ミックス犬です。

小型犬同士の掛け合わせではありますが、サイズ感としてはポメラニアンの特徴のほうが濃くでることが多く、一般的なチワワよりも大きくなりやすいでしょう。体重3kg前後、体高24センチ前後と言われています。

全体としては、チワワのような大きな立ち耳と、ポメラニアンのクリクリしたつぶらな瞳、華奢な体系とフワフワとした毛量豊かな被毛が特徴です。

被毛の毛色もさまざまで、ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、セーブル、ウルフ・セーブル、ブルー、ホワイト、パーティ・カラー、ブラック・タンなどそのバリエーションの多さもポメチワの魅力のひとつです。

ポメチワの性格

ポメチワの性格は、勇敢で活発なチワワの気質と、活発で好奇心旺盛なポメラニアンの気質が組み合わさり、チョコマカと活発に動き回る遊び好きなタイプが多いようです。

飼い主や家族に対しては愛情深く、甘え上手。そのため、何でも言うことを聞いてあげていると手を焼くワガママなワンちゃんに育ってしまいますので、ダメなこと、良いことの区別をきちんとつけ、一貫したルールを決めて徹底するようにしましょう。

また、どちらの親犬種にも共通している「警戒心の強さ」「飼い主に対する忠誠心」が性格のベースとして現れることが多いといえます。そのため、番犬気質になることも多く、吠え癖がついてしまうと、しつけに苦労することになります。

子犬の早い段階からたくさんの人や他の犬、住環境に慣れる社会化をしっかりして、神経質に育てないようにしたいものですね。吠え癖や噛み癖が無いようにしつけをしっかりすれば、陽気でフレンドリー、聞き分けの良い素直なパートナーとして、どこにでも一緒に連れて行けます。

ポメチワ自身、飼い主と遊んだり、一緒に過ごすことを好む傾向にあるため、早くから電車やバスでの外出に慣れさせておくと、一緒に楽しめることが増えますよ。

ポメチワのお手入れ

親犬種であるポメラニアンもチワワもどちらもダブルコートの犬種です。そのため基本的には、ポメチワもダブルコートとなります。換毛期には下毛が大量に抜けるため、ブラッシングは欠かせません。

耳の飾り毛やたてがみのような首の周り、尻尾などの豊かな被毛は毛玉が出来やすいです。小さなうちから、コームやスリッカーなどの道具に慣れさせてあげましょう。

ブラッシングを嫌がるようになってしまうと、毛玉が取れなくなってしまい、ひどい場合は毛玉部分をハサミなどで取り除く必要が出てしまいます。

せっかくの美しい被毛が台無しになってしまわないように、日頃からスキンシップをしっかりとってブラッシングを楽しく出来るようにしつけてあげるとよいでしょう。

気を付けたいポメチワの病気

ポメチワがかかりやすい病気として、ポメラニアン、チワワどちらの親犬種にも共通していることは、膝蓋骨脱臼や骨折、水頭症、てんかんなどが発症しやすいと言われています。

それらの疾患の中でも、関節に関する疾患については後天性のものもあるため、住環境や日ごろのケアの中で予防できることは気を付けておきましょう。

先天性の疾患は、遺伝的なことも多いため、親犬の病歴を把握しておくことも大切です。
そのほか、心臓病や気管の病気、目の病気などに注意しましょう。

また、ポメチワは華奢な骨格ですが、太りやすい傾向にあるため、おやつのあげ過ぎなどを防ぎ、肥満や歯周病などには十分に気を付けてあげましょう。

天使のようなかわいさに溺愛注意!

小型犬の人気ランキングにおいて常に上位を占める、絶対的アイドル犬種を両親に併せ持つポメチワ。そのかわいらしさは、どちらの犬種が濃く出ようと間違いありませんよね。

しかし、かわいいからといって甘やかしてしまうと、ワガママに育ってしまいますので、愛犬の要求に応え過ぎは気をつけましょう。

自慢の愛犬とさまざまな場所に一緒にお出かけできるのも、小型犬ならではのポメチワの魅力のひとつ。天使のようなパートナーとドッグライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク