パピヨンの特徴・性格・病気・お手入れ!これだけは知っておきたい!

犬種の紹介
スポンサーリンク

パピヨン

  • 原産国:フランス、ベルギー
  • サイズ:超小型犬
  • 標準体重:2kg~4kg
  • JKC登録犬数:4,880(2016年)

パピヨンの特徴

蝶(チョウ)の羽ような形をした特徴の耳を持つパピヨン。その名前はフランス語で蝶を意味しています。豊かな被毛は絹糸のように繊細で美しく、小柄な体格に飾り毛のある大きな耳が特徴的な超小型犬です。

パピヨンの歴史は古く、祖先はヨーロッパにいた小型のスパニエルであると考えられており、16世紀ころのヨーロッパでは王侯や貴婦人たちにも愛されたといいます。パピヨンは当時は現在のように立ち耳ではなく垂れ耳で、体も一回り大きかったようです。その後、数世紀にわたりスピッツやチワワなどとの交配を経て現在のパピヨンの姿になりました。

立ち耳の犬はパピヨン、垂れ耳の犬はファーレン(フランス語で「蛾」という意味)という別の名前がついていますが、どちらもパピヨンとして認識されています。

パピヨンの性格

パピヨンは明るくて陽気、好奇心旺盛の甘えん坊。パピヨンは人や他の動物ともすぐに仲良くなれる、フレンドリーな性格です。小型犬にありがちな無駄吠えが少ないといわれており、体も小さいことからマンションなどの集合住宅でも飼いやすい犬種といえるでしょう。

パピヨンの毛色の種類

JKCで公認されているパピヨンの毛色は、白地であればすべてのカラーが認められています。良く見かけるのは白地に黒、または茶色の2色か、白黒茶が入ったトライカラーのパピヨンです。そのほかにもレッド、セーブル、レモンなどが入ることがあります。

ショードッグの場合は単色や色の入り方によってはミスカラーとされることもありますが、一般家庭では特に気にする必要はありません。

パピヨンの毛質と手入れ

パピヨンはシングルコートと呼ばれる1種類の毛のみの犬種です。中にはアンダーコートのあるパピヨンもいますが、JKCの基準ではアンダーコートのあるパピヨンは認められていません。

シングルコートのパピヨンは抜け毛は少ない犬種ですが、抜け毛が気になる時期はこまめにブラッシングをして余分な毛を取り除いてあげましょう。パピヨンはトリミングなどのカットは特に必要としませんが、美しい被毛を保つためにも定期的なシャンプーが大切になります。耳の長い飾り毛は毛玉にならないようにコームを使って梳かしてあげましょう。

パピヨンに必要な運動

パピヨンはそれほど多くの運動量は必要ありません。室内だけでも充分に歩き回れる環境を用意してあげることができれば運動不足になることは少ないといわれていますが、日光浴やストレス発散のためにもできるだけ毎日お散歩をしてあげましょう。日光を浴びずにいるとビタミンDが不足してしまい、病気の原因になることもあります。

パピヨンのしつけのしやすさ

パピヨンはもともと賢く、小型犬ながら無駄吠えが少ない飼いやすい犬種です。その賢さゆえに悪いことを覚えることも早く、また気が強い一面もあるため、甘やかすと問題行動の原因になることもあります。子犬のころからきちんとしつけをしてあげることで、良い家庭犬となるでしょう。

パピヨンの気を付けたいケガ・病気

パピヨンは小柄で華奢な体格をしており、骨が細いため骨折には十分に注意します。活発な犬種のため、階段の上り下りやベッド、ソファからのジャンプなどもするので、室内の環境にも配慮してあげましょう。

パピヨンは、ひざのお皿の骨が外れてしまう症状、膝蓋骨脱臼等の病気を発症することがあります。軽症の場合は無症状のことも多いですが、早期に発見できればリハビリのみで対処するケースもあるようですので、スキップのような歩き方をしたり、不自然な動きが見られるようであれば、獣医師に相談するなどして日頃から病気、ケガ予防に努めてあげましょう。

犬は犬種やサイズに限らず、痛みに強いと言われていて、痛いとか苦しい感情を表に出さないことが多いですし、病気やケガの症状もわかりづらく、日々一緒に暮らしている飼主さんであっても愛犬の病気やケガの異変になかなか気付いてあげられない事もあります。

日頃から、愛犬の体や動きに普段と変わったところがないか、飼主さんがこまめに観察、チェックしてあげて、健康管理、病気予防に努めてあげたいですね。

スポンサーリンク