我が家行きつけのドッグカフェSorriso ワンコと入れるイタリアン

犬とお出かけ

我が家の愛犬は食物アレルギーがあるため、普段の食事7割が手作り食。そして3割が市販のドライフードを与えています。

そのため、どこへ出掛けるにも愛犬のご飯は持参し、ドッグカフェでわんちゃん用のメニューが有っても滅多に与えることはないのですが、こちらのドッグカフェに行く時には愛犬もSorriso(ソリーゾ)の夕食を食べさせるようになりました。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

 D兄ちゃん(ジャーマンシェパードドッグ。男の子)

スポンサーリンク

Sorrisoとの出会い

ドッグカフェSorrisoがあるのは神奈川県大和市。

私の実家があるのがこの近くなのでこの近辺は良く車で通っていたのですが、ある日、メイン通りが渋滞していたので、脇道に入ったときドッグカフェSorrisoの存在を知りました。

私が知らない間に新しくできたようで、昔はなかったと思いながらお店の前を通過したのですが、愛犬と暮らす今、どうも気になって愛犬の散歩がてら行ってみました。

ドッグカフェSorriso店内は意外と広くて隣との席もゆったりと配置され、少しうす暗い印象ですが、とてもフレンドリーな女性のスタッフが元気よく声を掛けてくれ案内されました。

私が行った時は平日の早い時間だった事もあり、店内には私と愛犬だけ。

私はパスタを注文し、愛犬にはどうしようか考えたのですが、わんちゃん用のメニューを見ていたら野菜のワンコパスタがあったので注文してみました。

愛犬は麺類が大好きなのであっという間に平らげ、もっと食べたいとアピールするほど。

私が頂いたパスタもとても美味しくて、スタッフの方も初めて訪れた私達にも気さくに声を掛けてくださり、愛犬の名前を聞かれたので答えると、帰るときには「ありがとうございました。蕾、また来てね待っているよ」と、飾らない雰囲気に好感を覚えたので、今度は家族で訪れるようになりました。

愛犬、Sorrisoの店内にて

愛犬、Sorrisoの店内にて

Sorrisoの愛犬用ごはん

Sorrisoの愛犬用ごはん

記念日にはドッグカフェSorrisoで祝杯

我が家が2回目に訪れたときには、愛犬の名前を覚えてくれていて「蕾ちゃんいらっしゃい」と挨拶されたことにはびっくり。

初めて行ったときからすでに数ヶ月経過していたときのことです。

私には数多く訪れるわんちゃんの名前を覚えるのは容易なことではなく、常連さんならともかく、2回目の訪問で覚えていてくれただけでも凄いと思うのに、名前まで呼んでくれるような店舗は他にはなかなか出会えません。

愛犬の誕生日とか、競技会で良い成績が残せたときにこちらで食事するようになり、年に1~2回しか行けないので常連さんとまでは言いがたいですが、愛犬にはセットメニューのワンコプレートをいつも食べさせています。

ワンコプレートは、お子様ランチのような仕切りのあるプレートに、サラダ、メイン料理、デザートがセットになり他に山羊ミルクが付いてくるメニューで、月毎あるいは、季節によってメイン料理の内容が変わるので何でもパクパク食べられる仔には魅力的ですが、愛犬はアレルギーがあるので、原材料を聞いて、もし、その中に愛犬の食べられない食材が含まれているときには、メイン料理を変更してくれます。

Sorrisoわんこメニュー

Sorrisoわんこメニュー

Sorrisoわんこメニュー

Sorrisoわんこメニュー

Sorrisoわんこメニュー

Sorrisoわんこメニュー

そして何やら怪しいドリンクも見つけたので注文してみたのがこちら。

中身は栄養ドリンクのような飲み物です。

まるで親子で祝杯を挙げているような感じですね。

Sorrisoわんこメニュー

Sorrisoわんこメニュー

ドッグカフェSorrisoでは、誕生日に電話であらかじめワンコ用のケーキを予約しておけば作っておいてくれます。

我が家が予約して作って貰った愛犬の似顔絵のケーキ。 ベースは豆乳で、アレンジは特に指定しなかったので、箱を開けたら愛犬の似顔絵になっていました。

似顔絵のケーキって、ナイフを入れる時どこから切ろうか考えちゃう事って有りませんか? やっぱりケーキと思っても躊躇しちゃいますよね。

このケーキは、今は亡きD兄ちゃんと半分こするために娘の所に行ってナイフを入れました。

Sorrisoわんこケーキ

Sorrisoわんこケーキ

D兄ちゃんへのサプライズ

娘に休みの取れる日を確認し、娘の愛犬D兄ちゃんが災害救助犬の試験に合格したお祝いに、ドッグカフェSorrisoで大きなケーキを作っておいてくれるよう予約して、江ノ島のドッグランで遊ばせた後に夕食を兼ねて訪れました。

普通に料理を注文して、愛犬達もドッグメニューを美味しそうに平らげた後、ケーキは運ばれてきました。

こちらのケーキのベースは豆乳で作られたケーキで、勿論甘みはありませんが人間も食べられるので私達も少しずつ頂きました。

Sorriso

Sorriso

愛犬、Sorriso店内にて

愛犬、Sorriso店内にて

Sorriso店内で寝そべるシェパード

D兄ちゃん、Sorriso店内にて

Sorrisoの犬用ケーキ

Sorrisoのケーキ

シェパードは繊細な神経を持った犬種なので、些細なことからお腹を壊してしまうことも多く、D兄ちゃんの場合その傾向が強く出る体質で、いつもとは違う食べ物を与えると直ぐにお腹を壊してしまうこともしばしば。

そのため、娘はD兄ちゃんへおやつなども厳選して与えていました。

でもこの時ばかりは、娘も感激して「今日はお腹壊しても良いからいっぱい食べな」と。

蕾の食いしん坊は、どれだけ食べてももっと食べたいとアピールするほどなので、美味しいケーキを切り分けてあげてもあっという間に完食。

D兄ちゃんも娘から食べて良いよと差し出されたケーキが美味しかったのか、お鼻にクリームを付けてとても満足そうでした。

犬用ケーキとシェパード

Sorriso

シェパード犬
Sorriso
犬用ケーキを食べるミックス犬
Sorriso

災害救助犬の試験科目は、服従科目と実地作業科目があります。

服従は、紐付き脚側行進・紐無し脚側行進・据座及び遠隔操作での招呼・前進・渡橋・シーソー・トンネル・瓦礫歩行・休止及び銃声確固性があり、実地作業では、告知テスト・瓦礫捜索が行われます。

告知テストとは、疑似遭難者を犬が発見し、吠えて知らせると言う試験で、瓦礫捜索とは、瓦礫の中に隠れた疑似遭難者を犬が発見し、吠えて知らせると言う試験ですが、細かい規定項目がありすべてクリアしなければ合格と見なされません。

ドッグカフェSorriso まとめ

横浜にはドッグカフェや外のテラス席ならわんちゃんも一緒に入れるお店は結構有りますが、大和近辺ではあまりドッグカフェがないなかで、ドッグカフェSorrisoは料理も美味しくわんちゃんにも優しい気遣いがあるドッグカフェです。

我が家も年に1~2度しか行かれていませんが、我が家お気に入りのドッグカフェを紹介しました。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

スポンサーリンク