神奈川の犬と行けるおすすめ森林公園!ワンちゃんも自然を満喫!

関東エリア

神奈川でワンちゃんと自然の中を散策できるおすすめの森林公園を2つご紹介します。
森の中には市街地では見ることができない山野草が咲いていたり、秋にはサクサクと落ち葉を踏みしめながら散策ができるとっておきの森林公園です。

愛犬の肉球にも優しく、夏には平地でありながら大きな木が生い茂るため、森の中に入ると2度ほど涼しく感じられます。近くにお住まいの方は、是非一度愛犬と一緒に訪れてみてください。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

横浜・三保市民の森を愛犬と歩く

三保市民の森は、神奈川県横浜市緑区にある森林公園で、その北側には新治市民の森もあります。 愛犬と一緒に訪ねたのは5月。

三保市民の森を訪れたとき愛犬は病気を患い、長い散歩やあまり起伏のある場所などを歩かせることができなかったので、私たちは三保市民の森だけを散策してきました。

三保市民の森は都会の中にありながら森の中に入るとその喧噪を忘れさせてくれるような、自然がたっぷりと残った場所で、森の中の美味しい空気と小鳥のさえずり、そして森林浴が楽しめます。

三保市民の森で出迎えてくれるのは近代的な遊具や、建物ではなく心を癒やしてくれる森だけ。 夏にはカブトムシなどの昆虫を見かけることがあるそうです。

駐車場に車を停めて森林公園に入ると、風景はがらりと変わって見渡す限り森の中。 愛犬は初めて訪れた森林公園の匂いをクンクンかぎながら探検の始まりです。

見知らぬわんちゃんの匂いでも察知したのかな?
森林公園の入り口から愛犬の鼻は釘付け。

三保市民の森は、尾根道と谷道が公園の周囲を囲むように作られた道で、外周道になっています。真ん中には幾つもの散策路があります。 三保市民の森は細長い地形を活かした森で、駐車場側の道から入ると奥の方が標高が高くなっており、なだらかな山登りのイメージになります。

森林公園の外周道(尾根道)を登っていくと、右手は高木が茂る山の風景で、左手は高層マンションが建ち並ぶ住宅街や公園、学校などがありこの道を挟んで全く違う風景です。 私たちは尾根道から頂上に当たる部分まで半周することにしました。

三保市民の森の入り口から入ってすぐの所に、三保平という広場がありこちらにトイレが設置されています。トイレはこの場所だけなので、済ませておくと安心ですね。 この広場でお弁当を広げれば気持ちよく、ハイキング気分が盛り上がりますよ。

道ばたから森の方をみると、金襴やまむし草が咲いています。

尾根道から半周したら、森の中の小径をジグザグに歩いてみましたが、駐車場の方に向かって歩いているつもりがいつの間にかさっき通った道に出てしまったり、真ん中の小径を歩いていると方向感覚が鈍ってしまいます。

初めて来た所で、森の中には所々ベンチがあるくらいで見渡す限り下草と生い茂る木。 目標となる建物などがないため道に迷ってしまっても仕方ないですよね。 でも歩きやすい小径は愛犬も楽しかったようで、2時間ほど散策することができました。

この森林公園の下草は、シダ類が多く色々な種類のシダが密集して生えていました。 その中に目を凝らすと銀ランやフタリシズカなどの山野草も見つけることができます。

大和市・泉の森を愛犬と散策

こちらの森林公園、大和市・泉の森は三保市民の森とは違って、引地川の水源地となっている森と、水源地からわき出した水が小川となって敷地内を流れていて水車や大きな池などがある田園風景になっています。

大和市・泉の森から道路を挟んで川沿いに歩く散策路があり、この散策路沿いには毎年彼岸花が咲いて市民の目を癒やしてくれます。

東名高速のトンネルをくぐって少し歩いて行くとふれあいの森があり、こちらは川沿いに咲く桜が美しく四季を問わずバーベキューするグループが大勢います。 更に奥へ行くと親水公園があり、ハーブ園や林の広場などがあるのでわんちゃんとの散策には楽しめますよ。

泉の森のキャンプ場から親水公園まで歩くとかなりの距離がありますので、ピクニック気分でお弁当を持参すれば1日遊ぶことができます。

泉の森のキャンプ場はデイキャンプのみで、林に囲まれた場所でバーベキューが楽しめ、少しだけアスレチック遊具があります。デイキャンプは予約制なので事前に予約が必要です。

こちらの森林公園は殆ど高低差はありませんが、森の中の雰囲気が楽しめ、春にはたくさんの山野草が見られます。

ヒトリシズカ・イカリソウ・山シャクヤク・ヤマブキソウ・ニリンソウ・イチリンソウ・ミスミソウなど種類も豊富なので、カメラマンで大賑わい。

森林公園内を流れる小さな小川は、夏に子供達が水遊びを楽しめ、ザリガニ捕りや池では魚釣りをする人たちもいます。 秋には紅葉も楽しめ、四季折々の季節感を肌で感じられる場所。

ふれあいの森の一部だけわんちゃんの入れないところがありますが、その他の部分は全て一緒に散歩を楽しめますのでわんちゃんはきっと満足してくれると思います。

小さな小川にもわんちゃんが入ることができますが、夏場は小さなお子さんが多く遊んでいますので、その時間帯を外せばわんちゃんもお散歩で火照った体を冷やしている姿もよく見かけます。

神奈川の犬と行けるおすすめ森林公園、横浜市緑区の三保市民の森と大和市の泉の森をご紹介しました。

三保市民の森は、一口で言うと小さな山歩きが楽しめるオアシス。 三保市民の森と近くにある新治市民の森は近いので一緒に歩けばかなり歩きでもあるので大満足できると思います。新治市民の森にはまだ行っていないため詳細や感想を書くことはできませんが、森林浴と山里風景が楽しめるそうです。また、数は少ないけど蛍も見ることができるとか。

泉の森も親水公園まで殆ど公道を通らず、遊歩道を歩いて行かれますので小さなお子さんやわんちゃん連れでも安心してお散歩が楽しめ、ファミリーでも楽しめる多目的公園です。 わんちゃんのお散歩で訪れる方も多く、お友達ができるかもしれませんね。是非一度愛犬と訪れてみてください。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク