愛犬と駿河平自然公園散策!懐かしいジャックラッセルのミントに再会

犬とお出かけ

4月の初めに中伊豆で野菜を購入したあと三島のうなぎ屋さんで昼食を頂いて、駿河平で愛犬と一緒にお散歩を楽しんできました。
偶然にもその日から何日も経たないうちに、ミントパパさんから連絡が入り駿河平で再会することに。

この記事に登場する愛犬

 ミント(ジャックラッセルテリア。女の子)

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

桜満開の駿河平で愛犬と散策

朝、「久しぶりにうなぎでも食べたいね」と意見が一致したので、三島のうなぎ屋さんへ行ってきました。三島まで行くなら中伊豆にある村の駅へ寄って新鮮な採りたて野菜も購入したかったので、まずは村の駅へ立ち寄り野菜を購入。そしていつも行くうなぎ屋さんへ行ったのですが、休みの日でもあるため長蛇の列。駐車場の車の中には愛犬を待たせているので、少しでも時間短縮したかったため違ううなぎ屋さんで食べることにしました。

休みの日はどこのうなぎ屋さんも行列ができていて、やっと1時間待って席に着くことができ、美味しい三島のうなぎを食べて愛犬にはうなぎの白焼きをお土産に焼いてもらいました。今日の愛犬の夕食はうなぎをトッピングしたご飯になります。

食後に向かったのは駿河平自然公園。
こちらを訪れるのは今回初めてで、どんな自然が待っているのかウキウキです。

駿河平と隣接しているのはクレマチスの丘で、こちらの敷地内はわんちゃんが入ることはできませんが、有料エリアの外にあるレストランのテラス席ならわんちゃんと一緒に食事をすることができます。

駿河平の近隣には、クレマチスの丘の他にも井上靖文学館や、ベルナールビュフェ美術館、ヴァンジ彫刻庭園美術館などもあって、文学を楽しめるちょっとしたエリアにもなっています。もし館内を見学したいなら交代で見られてはいかがでしょう。

最初はクレマチスの丘の駐車場に車を入れて、その周辺を散策してから歩いて駿河平の方へ行ってみました。クレマチスの丘から駿河平まで歩いても5分ほどです。

駿河平の桜は丁度満開でとても綺麗に咲いていましたが、この日はあまり天気が良くなかったため青空に映える桜の写真は撮れませんでしたが、春らしい散策ができそうです。

駿河平のシンボルでもある吊り橋の方へ歩いて行くと、かなりがっしりと造られた吊り橋があり、小さな展望台もありました。

吊り橋の最初の一歩までは愛犬も余裕の笑顔でしたが、吊り橋が苦手な愛犬は渡っている最中はテンションが下がって、尻尾まで下がっちゃいます。でも渡り終えるとスマイル顔に戻ります。

駿河平の中には川が流れていて、池にはクレソンが自生しています。
子供に人気の芝生の広場や、吊り橋の下も通れるすり鉢状の作りになっているたくさんの散策路があり、自然豊かな山の中の公園といった感じで、山野草や昆虫なども多く生息しています。

散策路も山の自然を楽しみながら歩ける起伏のあるコースで、その殆どが土の上を歩けるためわんちゃんの肉球にも優しくお散歩には最適ですよ。

ジャックラッセルテリアのミントについて

ジャックラッセルテリア・ラフコートのミントは、ジャックラッセルテリア・スムースコートのマイロと共に、娘が訓練所でお世話になっていたときの担当犬で、みんなからかわいがれていました。

訓練所には様々な犬種のわんちゃんがいて、それぞれ担当犬を割り当てられ面倒を見ているのですが、訓練所のわんちゃんは、訓練生の練習役になったり、訓練所へ訪れた飼い主に模範訓練を披露したり、老人ホームへ行きセラピードッグとしての役割や、繁殖もしています。

そのミントとマイロは娘が訓練所から自立するときに、まだ7歳なので普通の家庭犬として余生を送らせてあげたいという意向から、里親を見つけてほしいと私が頼まれた犬です。
訓練所に籍を置いている時にも、娘の休みの日にはよく連れて帰ってきていて私もとてもかわいがっていました。

マイロとミントの里親募集をネットで募ったとき、すぐに里親さんがみつかって引き取られたのがミント。マイロはなかなか里親さんが見つからず、とりあえず我が家で引き取りました。

そのミントパパさんから久しぶりに「駿河平まで行くけど出てこられますか?」と連絡が入り、駿河平散策からわずか1週間ほどで、ミントに再会するため再び訪れました。
丁度時を重ねて、ミントパパさんからマイロパパさんの連絡先を教えてほしいと言われており、連絡がとれてミントとマイロも再会を果たせたそうです。

駿河平で念願のミントに再会

待ち合わせたのは、井上靖文学館側にある駐車場。

少し早めに到着したので、愛犬と公園内を少し散歩してから駐車場へ向かうと、暫くしてミントの里親さんが到着し、久しぶりにミントとの再会が叶いました。

愛犬はミントとは仲が良かったのですが、6年ほど月日が経過していたためすっかり忘れてしまったのか、ガウガウしてしまい、おとなしいミントを怖がらせてしまいました。
ミントはすでに13歳になっていて白内障も進み殆ど見えていないそうですが、とても元気で相変わらずの甘えん坊ぶりを見せてくれました。

井上靖文学館のテラス席で昼食をご馳走になって、溜まった話を色々と聞かせてくれました。

ミントはとても優しい里親さんに巡り会えてとても幸せな余生を過ごしており、今でも時折連絡を頂いています。

ミントと分かれた後、少し駿河平で遊ばせていたら雨がちらほら降ってきたので私たちも帰宅しました。

たまたま訪れた駿河平自然公園で、1週間後にミントと再会できるなんて夢にも思っていなかったので、とても素敵な出会いになりました。

駿河平は、四季折々の自然を感じながら散策できる公園で、起伏もあるのでかなりの運動になります。木々も生い茂っているので木陰も多く、少し高台なので夏でも若干涼しいかと思いますので近くへ行ったときには訪れてみてください。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク