伊豆ドッグランドと湯ヶ島犬猫温泉で愛犬大満足

中部エリア

我が家が行った伊豆のおすすめドッグランⅠ中伊豆修善寺にある伊豆ドッグランドの紹介と、ドッグランドで遊んだ後に訪れた、犬猫温泉について紹介します。

最近ではペット用の温泉も探せば見つかるようになりましたが、数年前まではペット専用の温泉ってなかなか無くて、我が家では愛犬のために良く温泉スタンドで温泉を購入し、家で沸かしてから温泉に入れていました。

皮膚が弱い愛犬なので時々温泉に入れているので、もう少し足を伸ばして犬猫温泉を体験してきました。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

 D兄ちゃん(ジャーマンシェパードドッグ。男の子)

スポンサーリンク

中伊豆修善寺にあるドッグランド

中伊豆の観光地、修善寺近辺にあるドッグランはこちらの伊豆ドッグランド1軒になります。

伊豆ドッグランドのエリアは4つあり、大型犬のエリア・全犬種型のエリア・小型犬用のエリア・林間コースエリアに分かれています。

以前ドッグランドにはドッグカフェが併設されていましたが、現在カフェはなくなり休憩スペースになっています。

こちらのドッグランの芝生はとても綺麗に整備されていて、いつ訪れても気持ちよく使うことができます。

各ドッグランエリアにはアジリティーの遊具も設置されており、広く青々とした芝生のエリアにはたくさんのわんちゃん達が遊んでいますので、お友達もすぐにできますよ。
ドッグランド
ドッグランド
ドッグランド
ドッグランド

伊豆ドッグランドの概要

林間コースは1周するとおよそ700mあり、途中には柵で囲まれた山そのものを囲んだドッグランが3カ所ほど有ります。

林間コースのドッグランは、枯れ葉が積もった急斜面になっていて、わんちゃんが急斜面を駆け下りても積もった枯れ葉がクッションの役目を果たしてくれるので、それ程足腰に負担が掛からないようになっていますが、場所によっては人間が山の下まで降りてしまうと登ってくるのに一汗かいてしまうような所もあります。

一見整備されていないような自然のエリアですが、このように枯れ葉も折れた枝も、わんちゃんにとっては絶好の遊び場なのかもしれません。 我が家は平面のエリアで少し遊ばせた後、いつも林間コースの方へ行ってしまいます。

飼い主さん的には、綺麗に整備された平面のドッグランの方が人気があるようで、わんちゃんがたくさん遊んでいますが、林間エリアにはあまりわんちゃんの姿はなく貸し切り状態でいつも遊んでいます。

よく言えば雑木林に囲まれた自然のドッグラン。悪く言えば余り手入れがされていないドッグランとも言えそうですが、散策路は整備されています。

遊ばせるなら一番上のドッグランが広さもあり一番綺麗で、下へ行けば行くほどわんちゃんが遊んだ形跡が薄くなり荒れ放題。

クラブハウスの一番奥がセルフシャンプー室になっていて、平日30分600円~・休日750円~。 こちらのドッグランも1日出入り自由。

近くにはわんちゃんと一緒にシイタケ狩りとバーベキューが楽しめるしいたけの里があります。ランチを兼ねてこちらへ訪れてはいかがですか。

他にランチを頂ける食事処は近隣にありませんので、お昼を用意して休憩スペースで頂くこともできます。
ドッグランド
ドッグランド
ドッグランド
ドッグランド

営業時間は10時から日没まで。

料金は、ビジター1400円/2頭目から700円・大人500円・子供300円。

伊豆ドッグランド-大自然の中のドッグランで愛犬と遊ぼう!

中伊豆湯ヶ島にある犬猫温泉

ペット関連のテレビでも何度か取り上げられたことがある犬猫温泉。

中伊豆の湯ヶ島温泉にあるわんちゃん、ねこちゃん専用の温泉。

国道414号線から少し入った川沿いに面したところにあるのですが、狭い道の奥にあるのでちょっと分かりにくい場所です。

石積みの湯船は大型犬でも十分に入れる大きさで、無料で利用することができ、温泉好きのわんちゃんには待望の掛け流し温泉です。

温泉の効能は皮膚炎・高血圧・傷などに良いと言われていますので、皮膚疾患のあるわんちゃんねこちゃんには嬉しいですね。
犬猫温泉
犬猫温泉
犬猫温泉
こちらの犬猫温泉には湯船が設置されているだけで他には何もありませんので、すべてセルフサービスで入れるようになります。

最初に、湯船にはお湯が溜まっていませんので、自分でバルブを開いて湯船に温泉を溜めます。

犬猫温泉の温度はその日によって違いますので、熱いようならホースから水を出して調整してください。

大きな湯船ですが、湯量もあるのでそんなに時間も掛からず溜まります。

最後に次に入るわんちゃんねこちゃんのためにザッと湯船を洗っておくのもマナーです。

犬猫温泉は川に面したちょっと広くなった場所にあるので、屋外の上、屋根などもありませんので雨が降っているときには使えません。

また、コンセントもありませんので、ドライヤーを持って行ったとしても使えないため、お風呂上がりのわんちゃんはタオルドライのみになります。

余り寒い日だと湯冷めしてしまうこともあります。その辺は考慮して連れて行ってあげてください。

犬猫温泉には湯船があるだけで本当に何も無く、タオルドライするための台や電灯もありませんので、日が暮れてしまうと辺りは真っ暗です。

我が家が犬猫温泉を訪ねたときは、伊豆ドッグランドでたくさん走り、枯れ葉が積もる林間コースでは体の三分の一ほど埋もれてしまうようなところで遊んでいたため、帰る前に犬猫温泉を訪ねてみました。

湯船の中で気持ちよく浸かる姿は、究極の至福を感じているように見え疲労回復にも丁度良かったかもしれません。

人間が疲れた体を温泉に委ね、極楽!極楽!と感じるのと同じなのでしょう。
犬猫温泉
犬猫温泉
犬猫温泉
犬猫温泉
犬猫温泉の隣には、地元の人たちで賑わう共同浴場もあります。

こちらの施設は、観光客が良く立ち寄る日帰り温泉のようなおしゃれな設備が整ったところではないので、ボディーソープやシャンプーなどは持ち込みになっています。

もしわんちゃんの温泉と一緒に利用する場合は、お風呂のセット一式を用意して行ってください。

伊豆ドッグランド&湯ヶ島犬猫温泉 まとめ

今回は中伊豆修善寺にある伊豆ドッグランドと、その帰りに立ち寄った湯ヶ島のペット専用の犬猫温泉について紹介しました。

伊豆は温泉が至るところで湧きだして温泉天国です。わんちゃんにも温泉の効能が堪能できる無料の犬猫温泉。

もっと近かったら頻繁に通いたいと思うのですが、なかなか湯ヶ島まで行くのも大変。 それでもとても愛犬は気持ちよさそうに浸かっていました。

伊豆ドッグランドも広い芝生のエリアは気持ちよく、変化に富んだ林間コースも愛犬は大喜びで転げ回っていました。 中伊豆へ出掛けたときには訪ねてみてください。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク
スポンサーリンク