ゴールデン・レトリーバーの特徴・性格・病気・お手入れ!これだけは知っておきたい!

犬種

日本でも人気の大型犬ゴールデン・レトリーバー(ゴールデン・レトリバー)の特徴や性格、病気やお手入れの方法をご紹介します。子犬のときの愛くるしい姿も魅力ですね。

スポンサーリンク

ゴールデン・レトリーバー

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:大型犬
  • 標準体重:27kg~36kg
  • JKC登録犬数:5,285(2016年)

ゴールデン・レトリーバーの特徴

ゴールデン・レトリーバーは、イギリス原産の猟犬の一種で、主に水鳥など湖に落ちた獲物を回収する働きをしていたガン・ドッグです。泳ぎが得意な血統でもあります。

レトリーブ=回収する、ことが得意な犬で、攻撃性はあまり無く、穏やかな性質が特徴です。責任感が強く、愛情深いこの犬は家庭向きの大型犬といえるでしょう。また、盲導犬や介助犬など、人の役に立つ仕事にも向いている犬種です。

ゴールデン・レトリーバーは肉付きがよく分厚い皮膚を持ち、特に首回りの皮膚はたっぷりとしています。タレ耳で、褐色の目はアーモンド形。優しげな表情が魅力的です。あまりイギリスの犬というイメージは無く、アメリカや北欧で多く支持されているようです。日本でも人気の高い犬種のひとつですね。

ゴールデン・レトリーバーの性格

明るくて自信に満ち、穏やかな性格。多くのゴールデン・レトリーバーが、まさに「天真爛漫」という表現がぴったりと言えるでしょう。友好的な性格で人間が大好き。その人懐こさがゴールデン・レトリーバーの人気の理由のひとつでもあります。おおらかで、細かいことはあまり気にしない性格の、のんびりとした心優しいタイプもあれば、とにかく陽気で活発な性格で、楽しいことが大好き、というやんちゃなタイプもあります。

ゴールデン・レトリーバーは孤独を嫌い、多頭飼いなどにも向いています。人間と協働して獲物を回収する作業をするために改良された歴史からも、服従心が強く、人間が何を要求しているのかを読み取り利発さも持ち合わせています。一方で、その陽気な性格が災いし、しつけをきちんと行わないと、引っ張りや飛びつき、咬みつき、吠えなど、人間が望まない問題行動を引き起こすことにもなりかねません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク