ミックス犬「ダップー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

特に片方の親犬にプードルを持つミックス犬は、毛が抜けにくいという特徴を生かし、犬アレルギーを持つ人でも飼育できる使役犬としての活躍が本来の作出の目的だったそうですが、その後は愛玩犬としても人気を博しています。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ヨチヨチの短足がかわいい「ダップー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ダップーの特徴

聞きなれない「ダップー」は、ミニチュア・ダックスフンドとトイ・プードルを親犬種に持つミックス犬のこと。「プックス」「ドキシープー」など呼ばれることもあるそうです。小型犬同士ということで、どちらの親犬種の特徴が現れるかで、外見上の姿も変わってきます。

ミニチュア・ダックスの特徴が濃く現れれば、鼻面が長く、胴長短足に、トイ・プードルの特徴が濃く現れれば、バランスの取れた四肢に巻き毛の被毛に。とはいえ、一般的には、ちょっと胴体の長いクルンとした巻き毛のプードルちゃん、といった容姿のダップーが多いようです。

ミックス犬は、どのような容姿に成長していくのかが明確ではありませんが、その個性的なところが唯一無二のかわいさであり、最大の魅力ですね。

ダップーは、体重5kg前後、体高24cm前後が一般的な大きさです。ミニチュア・ダックスフンドもトイ・プードルも、小型犬の中では大変人気の高い犬種です。どちらの親犬種の傾向が濃く現れても、かわいらしく飼いやすい家庭犬であることは間違いないでしょう。

また、ダップーの魅力のひとつに、その毛色のカラーバリエーションがあげられます。ダックスフンドもトイ・プードルも元々被毛のカラーバリエーションが大変豊富な犬種です。トイ・プードルには見られないパーティー・カラー(2色)などもあり、めずらしい被毛の色を楽しむこともできます。

ダップーの性格

ダップーは親犬種の性格の良さを受け継ぎ、とても明るく聡明で社交的。愛情深く、小さなお子さんや他のペットなどとも上手に付き合っていけるフレンドリーさを持っています。

外では元気よく動き回り、運動量も小型犬の中では比較的多めで活発です。トイ・プードルの茶目っ気ある気質も持っていますので、時にはイタズラもしますが、基本的にしつけはしやすく、比較的飼いやすいでしょう。

とはいえ、甘やかしすぎたり、室内ばかりにいてあまり外出などの経験がすくないと、神経質になって人見知りをしたりワガママになったりして、吠え癖、噛み癖など困った行動をとるようになってしまいます。

親犬種のもつ警戒心の強さや狩猟犬としての性質を受け継いでいることも忘れず、社会化をしっかりとして、必要な運動やしつけを怠ることのないようにしましょう。

ダップーのお手入れ

ダップーの被毛は個体差によりますが、ダックスタイプは直毛に、プードルタイプは巻き毛になります。いずれにしても抜け毛はそれほど多くありません。しかし、皮膚が弱い傾向にあるため、日ごろからのブラッシングなどで皮膚と被毛を清潔に保ち、お手入れは欠かさないようにしましょう。

また、ダップーは垂れ耳のため、耳のお手入れは立ち耳の犬種より注意してあげましょう。
ダップーは、個体差はあるものの若干体臭がある場合があります。飼い主自身も知らない間にその匂いに慣れてしまうため、いわゆる「犬臭さ」に気づかないこともあるようです。

親犬種のダックスフントはやや体臭があるため、ダックスタイプのダップーを飼育する際は、室内の匂いにも気を付けて、人も犬も快適に過ごせるようにしたいものですね。

気を付けたいダップーの病気

ダップーはミックス犬ということもあり一般的には、純血統犬種より丈夫といわれています。

しかし、ミニチュア・ダックスとトイ・プードル特有の遺伝的疾患は気を付けておく方がよいでしょう。腰痛、ヘルニア、白内障、てんかんなどのダックスフンドがかかりやすい疾患や、膝蓋骨脱臼や骨折などプードルならではの病気やケガには注意が必要です。

特にミニチュア・ダックスフンドは、その容姿的な特徴から、犬種特有のかかりやすい病気があります。また、例えばダップルの毛色を持つ個体は、聴覚や視覚障害を起こしやすいなど、毛色によってもなりやすい先天性疾患などがあります。

いずれにしても、親犬の病歴をきちんと把握しておくことが重要です。

10頭のダップーに、10頭の魅力ある個性

ダップーは、ブリーダーやミックス犬のペットショップなどでも購入することができるそうですが、その数はあまり多くありません。どこかで運命のダップーと巡り合えたらよいですね。

同じ小型犬とはいえ、全く異なる容姿をもった犬種が両親のダップー。そのため、その個体によって見た目の印象がまったく違うということもあるでしょう。

どのような容姿、性格になるのかはその子の持って生まれた個性です。そのことを尊重して、愛情深く育ててあげてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク