ミックス犬「ダップー」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

特に片方の親犬にプードルを持つミックス犬は、毛が抜けにくいという特徴を生かし、犬アレルギーを持つ人でも飼育できる使役犬としての活躍が本来の作出の目的だったそうですが、その後は愛玩犬としても人気を博しています。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ヨチヨチの短足がかわいい「ダップー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ダップーの特徴

聞きなれない「ダップー」は、ミニチュア・ダックスフンドとトイ・プードルを親犬種に持つミックス犬のこと。「プックス」「ドキシープー」など呼ばれることもあるそうです。小型犬同士ということで、どちらの親犬種の特徴が現れるかで、外見上の姿も変わってきます。

ミニチュア・ダックスの特徴が濃く現れれば、鼻面が長く、胴長短足に、トイ・プードルの特徴が濃く現れれば、バランスの取れた四肢に巻き毛の被毛に。とはいえ、一般的には、ちょっと胴体の長いクルンとした巻き毛のプードルちゃん、といった容姿のダップーが多いようです。

ミックス犬は、どのような容姿に成長していくのかが明確ではありませんが、その個性的なところが唯一無二のかわいさであり、最大の魅力ですね。

ダップーは、体重5kg前後、体高24cm前後が一般的な大きさです。ミニチュア・ダックスフンドもトイ・プードルも、小型犬の中では大変人気の高い犬種です。どちらの親犬種の傾向が濃く現れても、かわいらしく飼いやすい家庭犬であることは間違いないでしょう。

また、ダップーの魅力のひとつに、その毛色のカラーバリエーションがあげられます。ダックスフンドもトイ・プードルも元々被毛のカラーバリエーションが大変豊富な犬種です。トイ・プードルには見られないパーティー・カラー(2色)などもあり、めずらしい被毛の色を楽しむこともできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク