知多半島の離島を愛犬と訪ねる旅【篠島編】

犬とお出かけ

愛知県知多半島の先端にある師崎港から高速船に乗り換えて、離島の篠島(しのじま)と日間賀島(ひまかじま)を巡る旅行へ愛犬を連れて行って来ました。

訪れたのはゴールデンウィークの真っ只中。知多半島まで所々で渋滞に巻き込まれながらの道のりも長かったけど、三河湾に浮かぶ離島では、新鮮な海の幸が楽しめるとのことなのでずっとこの日を楽しみにしていました。

この記事に登場する愛犬

 蕾 ♀(キャバリア×ビーグルのmix犬)

篠島の砂浜

スポンサーリンク

篠島について

篠島の砂浜

篠島の砂浜篠島は知多半島からわずか3kmほどの距離に浮かぶ離島で、島の面積は0.94km2しかない小さな島ですが、全域が三河湾国定公園に含まれた自然豊かな環境です。

漁場としても恵まれた環境なため釣りに訪れる観光客も多く、篠島の宿泊施設の宿泊客は殆どが釣り目当てと言っても過言ではありません。

とは言え、真っ白な砂浜が800mも続く弓なり状になった海岸には、夏になると海水浴客も多く訪れ、透明度の高い綺麗な海でのひとときを満喫する家族連れも多くいます。

周りが海に囲まれた立地から「日本の夕日百選」にも選定されています。

トラフグと言えば下関が有名ですが、篠島で獲れるトラフグも遠州灘のフグとして知名度も年々上昇し、下関と肩を並べるほどの水揚げ高を誇っています。

冬の時期に訪れれば美味しいフグ料理でおもてなししてくれます。

我が家から知多半島の師崎港までの道のり

篠島の砂浜

篠島の砂浜我が家が篠島と日間賀島を訪れたのは丁度10年前のゴールデンウィーク。

愛犬の体力も十分にあり、好奇心も旺盛で、色々なことを吸収してくれる時期により多くの体験を通して愛犬が学ぶことや、冒険を積み上げ生きている事って楽しいと思えるような犬生を送らせてあげたいと思い、時間の許す限り色々なところを訪れていました。

愛犬の体力的なことは勿論ですが、私達の体力も年々衰えてきます。犬の一生は人間よりも遙かに短いので、お互い動けるときは一緒に冒険をエンジョイしたいという思いからです。

早朝まだ暗いうちに家を出発し、足柄サービスエリアや浜名湖サービスエリアで朝食を頂きながら愛犬も一緒に連れ出してドッグランで遊ばせ、散歩をしながらストレスをため込まないようにして南知多までたどり着きました。

行きは朝早く出発して事もあり高速は順調に走りましたが、高速を降りて知多半島を走っているときに少し渋滞していました。

師崎港に到着したのは思っていたよりも早めに着くことができ、高速船に車を乗り入れることはできないためこの日に宿泊する南風専用の駐車場に車は置いていきます。

港から歩いて10分弱の所に駐車場が有るため、港で荷物を降ろし私は愛犬と一緒に荷物の番人、相棒が駐車場へ車を停めに行きました。

高速船は師崎港から篠島、日間賀島を経由して再び師崎港に戻ってくる航路で、篠島と日間賀島の両方を下船する場合は周遊券がお得です。

運行時間を確認しまだ篠島入りする時間にも早かったため、師崎港の近くにあるお土産屋さん兼食事処でお昼ご飯を頂きました。

お土産屋さんの軒先では大アサリやサザエの壺焼きなどを焼いている良い香りが漂ってきて鼻をくすぐります。

三河湾では豊富な魚介類がたくさんあり、この時期では大アサリやミル貝などが旬を迎えています。

新鮮なお刺身や焼き魚、焼き大アサリなどを頂きましたが、どれも新鮮でとても美味しかったです。

篠島を愛犬と探検!

篠島の砂浜

篠島の砂浜高速船にわんちゃんを乗せる場合は、クレートに入れれば一緒に乗船することができますが、車を運ぶことができないため荷物は手で持てる範囲に限られ、クレートも持ち込みなので荷物が増え移動はとても大変でした。

篠島の港までは宿泊する「民宿南風(なんぷう)」の方が迎えに来てくれ、宿まで車での移動だったのでとても助かりました。

チェックインには少し早かったのですが、荷物を置かせて頂いて目の前に広がる海岸線を散策に行ってみました。

篠島の海岸線

篠島の海岸線

民宿から道を1本隔てた所には、弓状に広がる広い砂浜が広がり砂は白く波も穏やかで絶好の海水浴場になっています。

愛犬は寄せては返す海と砂浜がとても気に入って、砂浜をどこまでも歩いて、穴を掘ったり流れ着いた海藻の匂いを嗅いだりしながら探検。

砂浜の一番端っこまで行くと、今度は岩がゴツゴツとした山道のような細い散策路になっていて、左手に海、右手は小高い山のような道を歩いて進みます。

地元の方々が磯で何かを収穫していたので私達も磯の方へ降りてみましたが、この磯の先の方まで数名の地元の方々がいて海藻か磯貝のような海の幸を捕っていました。

篠島の海岸線

篠島の海岸線

篠島の民宿南風

こちらの宿を予約したときにお料理の品数が多いことは見ていたのですが、実際に目の前に並べられた夕食の品数、ボリュームには驚きました。

小さな島なので、私達が篠島へ行ったときにはペットを受け入れてくれる宿は南風しか有りませんでした。

篠島の民宿南風

篠島の民宿南風

そのため宿を選ぶという選択肢はなく必然的にこちらの宿へ予約を入れたのですが、三河湾の海の幸を盛り込んだお料理の多さには、いくら私達が食いしん坊でも食べきれないほどの品数がテーブルに所狭しと並びました。

高級ホテルのように手の込んだお料理ではありませんが、民宿らしくシンプルながらも素材を活かした家庭的なお料理が並び、勿論そのお味は天下一品。

生憎フグの季節ではなかったのでフグ御膳とはいきませんが、旬の海の幸がテーブルを彩ります。

食事は部屋で頂くことができるので時間を掛けてゆっくり食材を噛みしめながら頂きましたが、頑張っても全部食べきれませんでした。

愛犬も部屋食なので一緒にいられたことと、荷物にはなりましたが愛犬がいつも使っている毛布を持参したので安心して過ごすことができ、私達はラジウム温泉に入り疲れも癒やされぐっすり眠ることができました。

篠島の民宿南風

篠島の民宿南風

翌朝の愛犬との散歩は昨日歩いた方向とは逆の方向へ歩いてみました。

海岸沿いから少し中に入った空き地を通って港の方まで行って戻り、朝食を頂いた後は少しゆっくり部屋で休み、島に1軒しかないというお土産屋さんまで送って貰いました。

そのお土産屋さんは、半世紀昔に遡った駄菓子屋さんのような店舗で、乾物などのお土産品を中心に扱っていました。

折角送って頂いたので少しお土産を買ったら、今度はお土産屋さんの旦那さんが港まで車を出してくれました。

篠島海岸朝散歩

篠島海岸朝散歩

お土産を見ているときから時折ポツポツと雨が落ちてきて、日間賀島の初日は雨になりそうです。

篠島のお土産屋さん

篠島のお土産屋さん

知多半島の離島を愛犬と訪ねる旅【篠島編】まとめ

名古屋からだと車で1時間ほどの距離にある篠島。
我が家からだと半日費やして来るようですが、関西方面の方なら手軽にリゾート気分を味わうことができ、お料理も申し分ないほど美味しい贅沢な島です。

車で乗り入れることができないのが不便ではありますが、島の方々がみんな親切なのでとても助かりました。

もっと近かったら何度でも訪れたい島です。続いて日間賀島でも1泊しますので興味のある方は参考にしてみてください。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

スポンサーリンク