ミックス犬「チワブル」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、ユニークな組み合わせが話題の「チワブル」についてご紹介します。

スポンサーリンク

チワブルの特徴

チワブルは、「チワワ」と「フレンチ・ブルドッグ」を親犬種に持つミックス犬。世界最小犬のチワワと、筋肉質でがっちりした体格のフレンチ・ブルドッグの組み合わせはかなり珍しいといえます。

チワブルはペットショップなどで見かけることもありますが、その数は決して多くはありません。

チワブルの見た目の印象は、小ぶりのフレブルちゃんといった様子で、フレブルの容姿が色濃く現れることが一般的のようです。

フレブル特有の目や鼻にあるシワがあまり無いという点で見分けることができるでしょう。

チワブルは体重4kg前後、体高20cm前後の小型サイズで、まあるい頭(アップル・ヘッド)とうるんだ瞳に愛らしいチワワの面影を感じられますが、全体的にはフレンチ・ブルドッグの印象が強いでしょう。

しかし、そこはミックス犬です。どちらの親犬種の特徴が色濃く現れるかは、成長してみなければ明確ではありません。そういったミックス犬の特徴をよく理解したうえで、チワブルを家族に迎えるようにしましょう。

チワブルの毛色は「ブリンドル」「ブラック」「ブラウン&ホワイト」などがあり、毛質は短く艶のあるスムースコートが一般的です。

かわいいチワブルの性格やお手入れは次のべーで紹介するよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク