愛犬と文化の森総合公園で徳島の山と川を楽しむ

ジャーマンシェパード 四国エリア

徳島県にある文化の森総合公園へ家族と愛犬のジャーマンシェパードドッグを連れて行きました。文化の森総合公園は自然が豊かで、山の上にある公園で遊ぶことができるだけではなく、ハイキングや川遊びを楽しむことができます。

ここでは私たちの経験をもとに愛犬を連れて文化の森総合公園を楽しむ方法を紹介します。

この記事に登場する愛犬

ジェイク ♂ (ジャーマンシェパードドッグ)

スポンサーリンク

徳島県の文化の森総合公園を愛犬と子供と一緒に楽しむ

文化の森総合公園は徳島県にある大きな公園です。文化の森総合公園には徳島県立図書館や徳島県立博物館があり、どんな人でも楽しむことができます。

しかし徳島県立博物館やと徳島県立図書館には犬を連れて入館することができないので、私たちは山の上の公園で遊びました。

文化の森総合公園の山の上には広い公園があり、子供や犬連れが楽しい1日を過ごすことができます。

山の上の公園には楽しい遊具がたくさんあるだけではなく、広い草はらや池などもあります。

私は愛犬のジャーマンシェパードと家族を連れて夏にこの公園へ来ました。とても涼しい日でしたが、愛犬はやはり暑そうでした。

山の上の公園までは歩く必要があります。急な階段とスロープがあり、どちらからでも公園へ行くことができます。

私たちは階段で登ることにしました。子供と愛犬は楽チンと登りきっていましたが、大人たちはとても疲れた様子でした。

運動が苦手な人や犬にはスロープで山を登ることをオススメします。階段でもスロープでも10分くらいで山頂まで登ることができます。

私たちは公園に到着し、まず子供と遊具で遊びました。愛犬は楽しそうに遊ぶ子供たちをとても嬉しそうに眺めていました。

ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパード

文化の森総合公園には人工的な滝や池などがあらゆる場所にあり、水をとても身近に感じられるデザインです。

徳島は海や川などに恵まれており、「水の都」と呼ばれているほどです。文化の森総合公園でも徳島が受けている水の恩恵を楽しみ、味わうことができます。

水の中にはたくさんの子供達が入って遊んでいました。愛犬も水の中で伏せて涼しそうにリラックスしていました。

水遊びを楽しみたい人はタオルを持っていくのがいいアイディアです。

しかし人がたくさんいる場合は愛犬が他の人の迷惑にならないように気をつけることが大切です。犬が苦手な人もたくさんいます。

水遊びを愛犬と子供と存分に楽しんだあとは散歩を楽しみました。公園の周りには綺麗な歩道が整備されており、快適に散歩することができました。

公園の端の方を散歩すると徳島の景色を少し見ることができます。あまり広い景色ではありませんが、眉山の美しさを楽しむことができます。

文化の森総合公園にはベンチがいくつもあり、愛犬と休憩する場所がたくさんあるのも魅力です。

文化の森総合公園を去る前に、私たちはアイスクリームを食べました。公園にはアイスクリームの自動販売機が置いてあり、家族や愛犬とおやつを楽しむことができます。

文化の森の美しい自然を楽しみながらあずり越えを歩く

ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパード

子供連れではなく、公園で遊ぶのに興味がない人はハイキングに行くことをお勧めします。文化の森総合公園の駐車場の端から「あずり越え」というハイキングコースを歩くことができます。

あずり越えは片道4kmの短いハイキングコースです。あずり越えは徳島県立植物園に繋がっています。

私たちは家族全員であずり越えを歩きましたが、片道1時間弱で歩き切ることができました。

ハイキングコースの途中には方向を示す印が所々にあり、道に迷わずにハイキングを楽しむことが出来ます。

しかし、安全にハイキングを楽しむために事前に道を確認するのをお勧めします。山道で迷うと焦ってしまいます。

自然の中を散歩するとき、愛犬はいつも本当に生き生きとしています。尻尾は高く耳がピンとなっており、大きな笑顔のような表情を顔に浮かべています。

私は喜ぶ愛犬の顔を見るのが楽しみでいつも愛犬を連れてハイキングに出かけています。

愛犬だけではなく、飼い主の私たちも愛犬の顔を見ながら自然の中で時間を過ごすことで、毎日の疲れを吹っ切ることが出来ます。

あずり越えのハイキングコースを歩いているとたくさんの種類の木々があることに気がつきました。

ジャーマンシェパード

ジャーマンシェパード

常緑樹や落葉樹だけではなく、竹林も途中で楽しむことが出来ます。愛犬も木々の違いに気がつき、急に竹林に出てきたときはとても不思議そうな顔であたりを見渡していました。

途中には竹のベンチのようなものがあり、疲れた時は休憩をすることが出来ます。あずり越えは基本的にはなだらかなハイキングコースですが、途中でとても急な箇所が一箇所だけあります。

自分は大丈夫でも愛犬の必要に応じて休憩をすることが大切です。さらに、愛犬の水分補給は忘れがちになりますが、しっかりと覚えておくことが非常に大切です。

ハイキングコース中には水を得られる場所がないので水は絶対に忘れないことが大きなポイントです。

犬たちは私たち人間よりも熱中症になりやすい動物です。熱中症になってしまうと命を落とす危険性もあります。

夏にハイキングをする場合は早朝や夕方など、ハイキングする時間を慎重に選ぶことでリスクを最低限にする努力をしましょう。

徳島県立植物園に到着すると本当に美しい山の景色を楽しむことが出来ます。山々が重なる景色はあまり見ることが出来ないので、目に焼き付けておきました。

ハイキングは途中で疲れを感じますが、愛犬とハイキングコースを歩ききったときは達成感に満たされます。

また景色がいつもとても美しいので、後悔することはありません。

愛犬と川で遊びながら美しい夕日を眺める

私たちはハイキングを終えたあと、文化の森総合公園に流れている園瀬川で水遊びをしました。愛犬は水遊びが大好きなのでとても興奮していました。

園瀬川はとても水が綺麗なので、安心して愛犬を遊ばすことが出来ます。愛犬は嬉しそうに川で泳いでいました。

水の中に投げたおもちゃを愛犬は何度も何度も繰り返し取りに行ってたくさん遊ぶことが出来ました。途中で長い竹の棒を見つけ、それを持って走り回っていました。

ジャーマンシェパード

私の愛犬は関節炎なので、水遊びをいつもとても重宝しています。水遊びは愛犬の関節に負担をかけません。

過剰なプレッシャーを関節にかけずに筋肉をつけることができるので、出来るだけ頻繁に愛犬と水遊びをすることを心がけています。

私たちは川で愛犬と遊びながら夕食を食べました。園瀬川のすぐ横にスーパーマーケットがあるので、とても便利です。

愛犬のドッグフードも持って行っていたので、愛犬に餌をやり、胃捻転にならないようにしばらく休憩をしました。

休憩をしばらくすると日が沈み始めました。川の横には田んぼが広がり、夕日が当たる田んぼの風景は本当に美しかったです。

さらに山々は暖かい色にかわり、写真を撮るのに絶好のチャンスでした。愛犬が美しい景色の中で遊んでいる写真が何枚も撮れたのでとてもよかったです。

一日の締めくくりとともに、愛犬を川でクールダウンさせてあげる事が出来てよかったです。さらに、愛犬の筋肉を運動後に冷やすことで次の日の筋肉痛を最小限に抑えてあげることが出来ました。

川遊びは楽しいだけではなく、そのほかにたくさんの利点があるのが大きな魅力だと思います。

ジャーマンシェパード

子供と愛犬とともに徳島県の文化の森総合公園で自然を味わう一日

徳島県の文化の森総合公園は愛犬と子供がともに楽しむことが出来るのが最大の魅力だと思います。

公園はもちろん、ハイキングや川遊びも出来て、どんな家族でも楽しむことが出きますきます。しかし自然の中で愛犬と遊ぶのは楽しいですが、危険もたくさんあるので、十分に気を付けてください。是非一度、文化の森総合公園で楽しい1日を過ごしてください。

この記事の執筆者の愛犬
ジェイク
フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク