我が家の愛犬レオン&けんといく 飛騨高山の旅 高山わんわんパラダイスに宿泊!

中部エリア

我が家の愛犬ポメラニアンのレオン&けんと共に、高山では温泉に入って癒され、飛弾民族村 飛弾の里で民族文化を見学したり、飛騨高山テディベアエコビレッジで可愛いテディベアにほっこりし、飛騨牛に舌鼓をうち。信州の山々乗鞍高原まで足をのばしてきました。

この記事に登場する愛犬

 レオン ♂ (ポメラニアン)

 けん ♂ (ポメラニアン)

スポンサーリンク

まずは、お勉強 飛騨民族村 飛騨の里&飛騨高山テディベアエコビレッジへ

飛騨民俗村では、一位一刀彫(歴史的な技法です)、提灯など、飛騨の伝統的な産業が今も受け継がれています。

昔懐かしい路地裏の景色や小川が流れる水車小屋にはとても癒されます。また、軒先から眺められる北アルプス(飛騨山脈)は絶景ですし、明治浪漫あふれる建物、そして、木漏日に包まれて歩く文学散歩道。多くの感動の出会いがあるはずです。

また、民族村では、飛騨の古い貴重な民家が移築復元されなつかしい農山村の暮らしや昔から飛騨に伝わる季節の行事を再現し未来へ伝えています。

こちらは家屋内は愛犬は入れませんが村内はリードで自由にお散歩させることが出来ます。ゆっくりと時間が流れる明治時代にタイムスリップしたような気分に浸れます。

色々昔の工具や家屋についての詳しい説明もありますので昔のお勉強にもなりますよ。

続いて訪れたのは、民族村からそんなに遠くない飛騨高山 テディベアエコビレッジ。飛騨高山テディベアエコビレッジは、世界で初めてエコロジーをテーマにした癒しいっぱいのテディベアミュージアムです。

館内に入ると、歴史ある貴重なベアや、国内外の人気アーティストの作品など、1000体もの愛らしいベア達がズラリと並んでいます。

テディベアエコビレッジの建物は築180年の合掌造りを改築・再生したものです。古い柱や梁はそのままにしつつ、そこに自然素材やアンティークのインテリアを組み合わせられていて建物だけでも見ごたえがあります。

改築部分には人や環境に負担が少ない建材を利用されているそうで、さすがエコビレッジというだけあって環境にやさしい建物だそうですよ。

飛騨高山テディベアエコビレッジには自然やエコロジーへの思いを表現したテディベア作家作品や、癒しの表情に満ちた可愛らしいビンテージのベアたちがたくさん居ます。

大きなテディベアや本当に細かく凝って作られたテディベアどれもこれもステキです。

100年以上も前から受け継がれてきたベアたちには、それぞれが大切にされてきたステキな物語があります。その物語を想像しながら見て・触って・抱きしめて楽しめるミュージアムです。

このミュージアムは記念撮影OKですので、お気に入りのテディベアさんを見つけてぜひ一緒に記念撮影してSNSやお友達に自慢しちゃいましょう~!!

今回訪れた際は人が混んでいないこともありスタッフさんが抱っこでの愛犬入場を許可してくださいました!ですが、公式ホームページにはミュージアムが愛犬同伴可能かは明記されていません。あらかじめ確かめてから訪れてみてくださいね。

また、併設されたカフェは愛犬リード着用での同伴可能ですので、こちらでまったりしながら交代でミュージアムを楽しまれるのも良いかと思います。

ミュージアム近くには飛騨牛のお店がたくさんあります。テイクアウトできるお店もありますので、ランチは飛騨牛を食べてみられるのをオススメしますよ。

ブランド牛というだけでなんだか美味しいものを食べた気分になれますよね。もちろん実際に美味しいのですがね。

愛犬と入れる貸切天然温泉付の高山わんわんパラダイス!

国内にいくつかあるわんわんパラダイスですが、高山の名物はやはり愛犬と一緒に入れる貸切天然温泉だと思います!!

高山わんわんパラダイスにはいくつおの貸切天然温泉が用意されています。予約制ですのでフロントで予約し、愛犬同伴専用通路を進んで愛犬と一緒に温泉に入れちゃいます。

と、いっても湯船は飼い主様と愛犬は別です。でも、きちんと愛犬用のお風呂が用意してありますのでセルフシャンプーしてあげることは可能です。

我が家は私がトリマーの資格を持っていますので、きちんとブラッシングをしてシャンプーセットを持ち込んでセルフシャンプーです。

ここで、気をつけていただきたいのがダブルコートの長毛種の愛犬ちゃんは下手に濡らさないほうが良いです。ブラッシングがきちんと出来てない状態で濡らしてしまうとアンダーコートがフェルト状に絡まりどうしようもなくなります。

ブラッシングに自信の無い方はセルフシャンプーはやめておき、一緒に温泉という雰囲気を楽しんであげてくださいな。顔が見えているだけでも愛犬ちゃんは落ち着いて過ごしてくれると思います。

もう一つのオススメは夕食です。色々選べますが折角なの「乗鞍懐石」をチョイス。地産地消のメニューが出てきて、信州に来たな~って気分を味わえますよ。

もちろん愛犬同伴可のレストランで食べることも出来ますし、お部屋食にグレードアップも出来ます。

どこも愛犬と一緒に過ごせるのが本当にわんわんパラダイスさんの良いところですよね。愛犬にとっても至れりつくせりです。

高山わんわんパラダイスの夕食時に愛犬と記念撮影

高山わんわんパラダイスの夕食時に愛犬と記念撮影

高山わんわんパラダイスは、高山市街をはじめ、少し足を伸ばせば名勝地の上高地、乗鞍や世界遺産の白川郷などの観光にも最適な立地です。アクティブに思う存分観光を楽しんでいただくことが出来ますよ。

また、ホテル内でも十分わんちゃんと過ごして頂くことができます。大自然に囲まれたホテルで、敷地内をお散歩したりゆったりとした休日をわんちゃんと過ごしてみるのもオススメですよ。

お部屋のベランダからの眺めもとても綺麗で雄大な景色が広がっていてすごく気分がリフレッシュされますよ。

高山わんわんパラダイスで愛犬と記念撮影

高山わんわんパラダイスで愛犬と記念撮影

温泉に癒され、美味しいものに満足した次の日はちょっと足をのばして乗鞍高原へGO!!

さて、癒され満足した次の日は・・ちょっと運動しないとですよね。乗鞍高原へ善五郎の滝と日本の滝百選にも選ばれた三本滝をみにいってきました。

父は乗鞍岳頂上まで行きたかったらしいのですが、夏でも頂上は寒いとのことでその服装では行かない方が良いですと観光案内所の方にとめられてしまったため、滝の見学へ皆でレッツゴー!皆様も乗鞍岳頂上を目指される場合は本格登山になりますので服装に気をつけて行ってくださいね。

なぜか滝の好きな我が家。まずは善五郎の滝を目指します。今回訪れたのは初夏だったため、道中緑が青々と茂っていました。

木陰はとても涼しくわくわくしながらのハイキングでした。途中つり橋が有ったり、滝の上に橋があったりとスリルと迫力満点でした。日常では味わえないようなエキサイティングな体験が出来ましたよ。

途中にはねじねじの木と呼ばれる、2度ほど折れても成長を遂げた五葉松があり、一周回って円を書いて育った不思議な形で立っています。色々な見所満載のコースですよ。

滝の上にかかる橋で愛犬と記念撮影

滝の上にかかる橋で愛犬と記念撮影

そうこうしてるうちに善五郎の滝に到着~!!この滝は縦に長く水しぶきを間近で感じることが出来ました。

マイナスイオンのたくさんつまった水しぶきを受けパワーももらい更に先に進みます。今度は日本の滝百選にも選ばれた三本滝を目指します。

大迫力の滝

大迫力の滝

三本の滝は、日本の滝百選の1つで、長野県の指定名勝ともなっています。水源が異なる3つの沢が、別々の様相の滝となり1つ所に集まるので、3つの滝が一望できます。

各滝の落差はおおよそ50~60mあり、その様は本当に迫力満点です。またこの滝は、昔修験者が修行した場所としても伝えられています。

水源が違う滝が三本も一箇所に合流するなんて自然の神秘ってすごいですよね。ここで三本の滝を少しご紹介します。

まずは、一本目「無名沢の滝」と呼ばれ 、向かって左側に位置する水量の少ない糸を引いたような繊細な滝です。

二本目は「本沢の滝」 と呼ばれ、中央 落下の滝で、高さおおよそ50m の勢いのある直瀑で、ものすごい迫力があります。昔修験者が修行した場所と伝えられているのはここですね。

そして、三本目が「クロイ沢の滝」と呼ばれ、 向かって右側に位置する 落口は小さいものの、三段に流れ落ち、黒い岩肌を優美に伝いながら流れ裾は広がっています。こちらは横に長いイメージですね。

様々な形の三本の滝が合わさって、優雅で迫力のある三本の滝となっています。とても見ごたえがありますよ。

優雅で迫力のある滝

優雅で迫力のある滝

美味しいものと自然を満喫!飛騨高山の旅

高山には飛騨牛や山菜など本当に美味しい食材が揃っています。また天然の温泉もたくさんあり、のんびりゆったりしたい人にもオススメです。

また、少し足を伸ばせば信州の山々へ出かけることも出来ますので、思いっきりアクティブに行動したい人にもオススメできるステキな観光地だと思いますよ。

ぜひ一度愛犬を連れて訪れてみてくださいね。

この記事の執筆者の愛犬
レオン&けん

ポメラニアン ♂

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク