愛犬を飛行機に乗せるときは航空機対応のキャリー・ケージで!

犬用品・オーナーグッズ

愛犬を飛行機に乗せるときは通常、人間が乗る客室エリアではなく、ペット用ケージに入れて貨物室エリアに預ける形になります。ケージは航空会社によっては貸し出してくれるサービスもありますが、飼い主のいない貨物室に預けられるのですから、せめて普段使っていて自分の匂いのついたケージに入れてあげたいですね。

ということで今回は航空機対応のキャリー・ケージをご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ1. ドギーマン DOGGY EXPRESS

ドギーマン DOGGY EXPRESSはIATA航空輸送基準をクリアしたイタリア製のキャリーケース。サイズ(推奨最高体重):Lサイズ(10kg)、Mサイズ(8kg)、Sサイズ(5kg)

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ2. ハードキャリー A.U.T.O. オート

ハードキャリー A.U.T.O. オートはデザインが可愛い航空機対応キャリー。ワンサイズのみですがカラーは4色から選べます。耐荷重20kg。

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ3. バリケンネル ダブルドア


バリケンネル ダブルドアはパール調の可愛らしい色を使ったバリケンネル。正面と上部にもドアが付いているので上からも出し入れができます。IATA(国際航空輸送協会)基準クリア。サイズ(耐荷重):XXS(~4.5kg)、XS(~9.5kg)

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ4. アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー

エアトラベルキャリーはIATA国際貨物輸送協会の基準をクリアした日本のメーカーアイリスオーヤマのキャリーケース。耐荷重:超小型犬用5kg未満、小型犬用12kg未満、中型犬用20kg未満、大型犬用35kg未満。

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ5. ペットキャリーバッグ50

ペットキャリーバッグ50もIATA基準をクリアしたおすすめのキャリーケース。小型犬、小動物向き。耐荷重10kg。

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ6. プチリュバン デラックス キャリーバッグ

プチリュバン デラックス キャリーバッグもIATA基準をクリアしたおすすめのキャリーケース。サイズ(適応体重):50A M(15kgまで)、55M(18kgまで)、60L(18kgまで)、70LL(25kgまで)、80XL(25kgまで)、100XXL(50kgまで)

おすすめ航空機対応のキャリー・ケージ まとめ

飛行機に愛犬を乗せる特におすすめの航空機対応のキャリー・ケージを6つご紹介しましたが、いかがでしたか。
愛犬の性格や体質等によっては飛行機に乗せることが強いストレスになってしまう可能性もあります。飛行機の搭乗中は目の届かないところに愛犬を預けることになりますし、気圧や温度変化、音、ストレス等による体調不良なども心配されますので、愛犬を飛行機に乗せる必要があるときは、かかりつけの獣医師にも相談してみましょう。

また、航空会社によってケージの規格やペットの搭乗ルール、サービスが異なることがありますので、利用する航空会社の公式サイトや問い合わせ窓口での事前確認をおすすめします。

スポンサーリンク