カニンヘン・ダックスフンドの特徴・性格・病気・お手入れ!これだけは知っておきたい!

犬種

ダックスフンドの中でも特に小さいサイズのカニンヘン・ダックスフンドについて説明します。

スポンサーリンク

カニンヘン・ダックスフンド

  • 原産国:ドイツ
  • サイズ:超小型犬
  • 標準体重:3.2kg~3.5kg
  • JKC登録犬数:5,836(2016年)

カニンヘン・ダックスフンドの特徴

“ダックスフンド”とはドイツ語でアナグマ犬という意味です。その名の通り、ダックスフンドはアナグマを追い立てる猟犬として活躍していました。嗅覚を使って獲物を追い詰めるハウンドドッグという猟犬の種類に分類されます。

その中でも、カニンヘン・ダックスフンドはウサギなどの小さな獲物を追うために改良され小型化されたものです。“カニンヘン”はドイツ語でウサギという意味で、ウサギと同じくらい小さいダックスフンド、と名付けられています。

生後15ケ月を過ぎた時点で胸囲30cm以下のサイズをカニンヘン・ダックスフンドと分類します。胴長短足でちょこちょこ歩く姿が愛らしいダックスフンドを知らない人はいないのではないかというくらい、犬種の中でも最も知られている犬種の1つではないでしょうか。

その中で最も小さく華奢な体つきで、成犬になっても幼さの残るあどけない表情を持つカニンヘン・ダックスフンドは、ダックスファンの多くを魅了してやみません。

カニンヘン・ダックスフンドの性格

ダックスフンドは、サイズや毛質によって交配された犬種がことなります。交配した犬種の性質が色濃く表れており、ロングヘアーはフレンドリー、スムースヘアーは気が強く繊細、ワイヤーヘアーは聡明なタイプ、といったように、毛質によっても性格の傾向が異なります。

一般的には情熱的で快活、社交的な性質を持っています。優れた嗅覚を持ち、狩りに対してとても積極的と言われています。好奇心旺盛で、やんちゃ。猟犬ならでは気の強さも持ち合わせています。小さな体によくこんなにエネルギーがあるな、と思うくらい情熱的に活動します。

家族に対して深い愛情を向ける一方で、見知らぬ人に対する警戒心はやや高めと言えるでしょう。神経質で吠え癖のあるタイプは、甲高い声で勢いよく吠えます。性格を見極め、その犬に適したしつけが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク