愛犬と夏の軽井沢エリアを散策!

中部エリア

真夏のお散歩って朝早くに行ったり、日が落ちてから行ったりと、毎日苦労しますよね。みなさんは夏の散歩対策、どのような工夫をしていますか?

我が家では、幸いなことにすぐそばに大きな森林公園がありますので、日陰になり公園の中に入ると明らかに気温が2~3度低く、土の上を歩いて散歩することができるため少しは楽ですが、休みを利用して高原に出掛け思い切りお散歩を満喫させたり、水遊びさせるなど工夫しています。

でもたまには涼しい避暑地にワンちゃんを連れて行って、思いっきり遊ばせてあげたいですよね。

ということで、夏に有給をとって軽井沢に2泊旅行をしてきました。どんなところを回って散策してきたのか紹介したいと思います。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

いざ愛犬と軽井沢に出発!1日目

我が家は南関東に位置しており、高速道路を乗り継いで上信越道・碓氷軽井沢インターチェンジの手前にある横川サービスエリアでお昼休憩を取りました。

出発した8月25日の天気は、曇りのち雨の予報。横川サービスエリアに到着したときはまだ雨が降っていなかったのですが、名物の釜飯を購入し、愛犬と一緒に外のベンチで食事をしようと思っていたら雨が降り出しました。

横川サービスエリアには、小さいけどきれいに整備されたドッグランがあったり、お散歩もできるコースやドッグランの横にはわんちゃんと一緒に休憩したり食事ができる屋根付きのベンチがあります。私たちが訪れた日にも多くのわんちゃん連れの家族と遭遇しました。

食事を済ませていよいよ軽井沢入りです。
今回私が一番楽しみにしていたのが軽井沢町にある石の教会。
ホームページによると土日は結婚式が行われるため、中の見学はできないと記載してあったため、天気が良くなかったけど金曜に当たる初日に行くことにしました。

石の教会に行ってみると、金曜日だけど結婚式が行われており中に入ることができず、石垣の外からの見学になってしまいとても残念。

その後両親を連れて再び石の教会を訪れた時には、天気も良く中の見学もバッチリできたのでとても満足しています。

わんちゃんも石の教会の敷地内まで入ることはできますが、教会の内部へは入れませんので家族やお友達と交代で見学すると良いですよ。建物のすぐそばまで行くことが可能なので、わんちゃんと石の教会の素敵なショットが撮れるのでお勧めです。

石の教会は、ホテルブレストンコートの敷地内にあり、内村鑑三記念館が地下に、1階部分が礼拝堂になっています。 石とガラスが融合した造りで、その曲線美が美しく軽井沢の中でもとても人気のある教会のひとつ。

次に向かったのは誰もが知る軽井沢の名所白糸の滝。
雨は小降りになってきてはいましたが、足下はグチャグチャで悪かったのですが、愛犬はレインコートを着用していたのでおなかの方まで汚れずにすみました。

駐車場から白糸の滝までの散策路には野アザミやシシウドなど可憐な山野草が咲いています。また、白糸の滝から流れる川は、散策路に沿って流れているため体感的にも耳から感じるBGMも涼を与えてくれます。

雨で残念な部分もありましたが、雨に煙る白糸の滝は幻想的でもありました。都内では気温が32度と伝えられていましたが、軽井沢での気温は25度。白糸の滝では肌寒かったので20度を切っていたかもしれません。

軽井沢の白糸の滝は、ハイランドウェイ沿いにある名瀑で、幅70m、落差3mの絹糸を垂らしたように見える美しい滝。年間を通して水量に殆ど変化がなく楽しめるそうです。

石の教会~白糸の滝と観光したので、地理的に考慮し次は軽井沢旧三笠ホテルに行ってきました。軽井沢 旧三笠ホテルの敷地内にはわんちゃんが入ることができませんので、交代で見学。

駐車場から軽井沢旧三笠ホテルまで5分ほど歩くのですが、駐車場脇にあるカフェ 三笠茶屋のテラスでは、わんちゃんと一緒に食事をしたりお茶したりすることができます。こちらの三笠茶屋は軽井沢旧三笠ホテル併設のカフェになっていて、あの有名な三笠ホテルで出されていたカレーを頂くことができます。

もちろん愛犬と一緒に立ち寄って頂いてきましたよ。
そのお味は、どこぞで頂くカレーとはまた違った風味豊かでコクがあり、カレーとはいえ高級感がある深みのあるとてもおいしいカレーでした。

軽井沢旧三笠ホテルのカフェはテラス席ならわんちゃんも一緒に入れますので、近くへ行かれたら是非立ち寄ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク