愛犬と夏の軽井沢エリアを散策!

犬とお出かけ

真夏のお散歩って朝早くに行ったり、日が落ちてから行ったりと、毎日苦労しますよね。みなさんは夏の散歩対策、どのような工夫をしていますか?

我が家では、幸いなことにすぐそばに大きな森林公園がありますので、日陰になり公園の中に入ると明らかに気温が2~3度低く、土の上を歩いて散歩することができるため少しは楽ですが、休みを利用して高原に出掛け思い切りお散歩を満喫させたり、水遊びさせるなど工夫しています。

でもたまには涼しい避暑地にワンちゃんを連れて行って、思いっきり遊ばせてあげたいですよね。

ということで、夏に有給をとって軽井沢に2泊旅行をしてきました。どんなところを回って散策してきたのか紹介したいと思います。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

いざ愛犬と軽井沢に出発!1日目

我が家は南関東に位置しており、高速道路を乗り継いで上信越道・碓氷軽井沢インターチェンジの手前にある横川サービスエリアでお昼休憩を取りました。

出発した8月25日の天気は、曇りのち雨の予報。横川サービスエリアに到着したときはまだ雨が降っていなかったのですが、名物の釜飯を購入し、愛犬と一緒に外のベンチで食事をしようと思っていたら雨が降り出しました。

横川サービスエリアには、小さいけどきれいに整備されたドッグランがあったり、お散歩もできるコースやドッグランの横にはわんちゃんと一緒に休憩したり食事ができる屋根付きのベンチがあります。私たちが訪れた日にも多くのわんちゃん連れの家族と遭遇しました。

食事を済ませていよいよ軽井沢入りです。
今回私が一番楽しみにしていたのが軽井沢町にある石の教会。
ホームページによると土日は結婚式が行われるため、中の見学はできないと記載してあったため、天気が良くなかったけど金曜に当たる初日に行くことにしました。

石の教会に行ってみると、金曜日だけど結婚式が行われており中に入ることができず、石垣の外からの見学になってしまいとても残念。

その後両親を連れて再び石の教会を訪れた時には、天気も良く中の見学もバッチリできたのでとても満足しています。

わんちゃんも石の教会の敷地内まで入ることはできますが、教会の内部へは入れませんので家族やお友達と交代で見学すると良いですよ。建物のすぐそばまで行くことが可能なので、わんちゃんと石の教会の素敵なショットが撮れるのでお勧めです。

石の教会は、ホテルブレストンコートの敷地内にあり、内村鑑三記念館が地下に、1階部分が礼拝堂になっています。 石とガラスが融合した造りで、その曲線美が美しく軽井沢の中でもとても人気のある教会のひとつ。

次に向かったのは誰もが知る軽井沢の名所白糸の滝。
雨は小降りになってきてはいましたが、足下はグチャグチャで悪かったのですが、愛犬はレインコートを着用していたのでおなかの方まで汚れずにすみました。

駐車場から白糸の滝までの散策路には野アザミやシシウドなど可憐な山野草が咲いています。また、白糸の滝から流れる川は、散策路に沿って流れているため体感的にも耳から感じるBGMも涼を与えてくれます。

雨で残念な部分もありましたが、雨に煙る白糸の滝は幻想的でもありました。都内では気温が32度と伝えられていましたが、軽井沢での気温は25度。白糸の滝では肌寒かったので20度を切っていたかもしれません。

軽井沢の白糸の滝は、ハイランドウェイ沿いにある名瀑で、幅70m、落差3mの絹糸を垂らしたように見える美しい滝。年間を通して水量に殆ど変化がなく楽しめるそうです。

石の教会~白糸の滝と観光したので、地理的に考慮し次は軽井沢旧三笠ホテルに行ってきました。軽井沢 旧三笠ホテルの敷地内にはわんちゃんが入ることができませんので、交代で見学。

駐車場から軽井沢旧三笠ホテルまで5分ほど歩くのですが、駐車場脇にあるカフェ 三笠茶屋のテラスでは、わんちゃんと一緒に食事をしたりお茶したりすることができます。こちらの三笠茶屋は軽井沢旧三笠ホテル併設のカフェになっていて、あの有名な三笠ホテルで出されていたカレーを頂くことができます。

もちろん愛犬と一緒に立ち寄って頂いてきましたよ。
そのお味は、どこぞで頂くカレーとはまた違った風味豊かでコクがあり、カレーとはいえ高級感がある深みのあるとてもおいしいカレーでした。

軽井沢旧三笠ホテルのカフェはテラス席ならわんちゃんも一緒に入れますので、近くへ行かれたら是非立ち寄ってみてください。

愛犬連れ軽井沢2日目

軽井沢2日目の朝はまだ雨が降っていましたが、支度をしているうちに雨はすっかり止んで青空が見えてきました。
10時にホテルを出たときの気温は21度。木陰だと肌寒いくらいです。

最初に訪れたのはこれも軽井沢の名所 鬼押出し園。

浅間山が噴火したときに流れ出した溶岩で形成された奇岩が至る所に点在しており、体力に合わせた散策コースがいくつもあります。
我が家が選んだコースは、ヒカリゴケ・浅間山観音堂・見晴台を経由する奥の院参道コース。約2k歩いてきました。

浅間山観音堂からの眺めは素晴らしく、晴れ晴れとした気分が味わえます。
昨日とは打って変わって快晴になったため気温も上昇し、殆ど木陰がないため暑くて愛犬もばて気味。
所々で休憩を挟んで水分補給させながらぐるりと1周してきました。

時期的にあと2ヶ月早かったらもっとたくさんの高山植物を見ることができたのですが、イワカガミやハクサンシャクナゲなどは終わってしまい見ることができませんでした。それでもハクサンチドリ・ホツツジ・イワオトギリ・ゴナマなどの高山植物が出迎えてくれ、奇岩を見ては「ゴリラかな~?」「犬の遠吠えに見えるね!」など楽しい散策でした。

鬼押出し園に隣接している浅間園でも自然遊歩道があり、愛犬とハイキングを楽しむことができます。どちらに行こうか迷ったのですが、今回は鬼押出し園の方に行ってきました。次回行くときは浅間園の方を散策してみたいと思います。

そして、折角軽井沢に来たのだから旧軽銀座は外せないですよね。

実は、ホテルから自転車を借りて車に積んで来たので、自転車に乗って散策してみたいと思います。
「え~愛犬はどうするの?」
と思われると思いますが、大丈夫。愛犬はリュックインです。

旧軽銀座でお土産などを見ているとき、この姿がかわいいとたくさんの人に追いかけられるはめに!そのためゆっくりとお土産を見て回ることができず、早々に引き上げ、人通りの少ないところでサイクリングを楽しんできました。

リュックに入って運ばれる犬

愛犬連れ軽井沢3日目最終日

軽井沢旅行3日目の最終日を迎えた朝散歩の時の気温はなんと19度。薄い半袖では寒いです。

ホテルをチェックアウトして向かったのは、軽井沢から少し離れた小諸にある懐古園。
懐古園は小諸城があった史跡で、現在動物園と庭園を見学することができます。動物園の方はペット禁止になっていますので、入れませんが、庭園は季節によって桜や紅葉が楽しめます。千曲川旅情の詩碑でも有名な場所ですね。

懐古園を後にして向かったのは、清里の清泉寮。ソフトクリームを食べて、草原ではしゃいだりして最後の旅行を楽しんでいました。
帰りの中央高速道では、遊び疲れたのか愛犬は夢の中です。

軽井沢の草原ではしゃぐ犬
清里清泉寮のソフトクリームと犬

今回の記事で紹介したのは8月の暑い盛りに涼を求めての軽井沢旅行でしたが、10月にも両親を連れて軽井沢旅行へ出掛けています。

行った場所は重複している所もありますが、今回紹介できていない場所もありますので、関東方面から軽井沢へ旅行を計画している方には参考になるかもしれませんので、改めて紹介させて頂きたいと思います。

軽井沢は避暑地としても人気があり有名でもあります。また軽井沢は愛犬家にとっても人気が高く、多くのわんちゃんに出会える場所。カフェやレストランなどわんちゃんと一緒にはいることができるお店も多く存在しますので、是非わんちゃん連れで訪ねてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク