ミックス犬「ポメヨン」の性格、病気、特徴、お手入れの方法は?

犬種

以前は「雑種」と呼ばれていた犬が、今ではかわいいミックス犬として人気です。欧米ではデザイナーズ・ドッグなどと呼ばれ、希少性の高い犬としてブランド化している犬種もあるとか。

現在のミックス犬は、純血犬種の特徴や容姿のかわいらしさを組み合わせ、“いいとこどり”を狙ったワンちゃんが多く出回っているようです。

今回はそんな話題のミックス犬の中でも、人懐っこくてアイドル気質のかわいさが人気の「ポメヨン」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ポメヨンの特徴

ポメヨンは、ポメラニアンとパピヨンを親犬種に持つミックス犬です。どちらの親犬種も愛玩犬として長く愛されてきた歴史があり、その優雅で上品な佇まいと、チョコマカと愛らしい仕草が人気の犬種です。

ポメヨンは、その両親犬種の特徴を受け継ぎ、親犬種であるパピヨンの特徴でもある蝶のような大きな耳に、フワフワの飾り毛がキュートな、ミックス犬の中でも人気のワンちゃん。他に「パピポメ」などとも呼ばれることがあります。

ポメヨンは、親犬種の特徴的なかわいらしさを受け継ぎ、フワフワの丸いフォルムに小さな四肢、クルンと背中に背負った尻尾は、ポメラニアン譲り、愛らしい立ち耳や大きい目、鼻先の長さなどはパピヨン譲り、といった容姿になることが一般的です。

ポメヨンの平均的なサイズ感は、体重2.5kg前後、体高25cm前後の小型犬サイズ。マンション暮らしの家庭犬として飼いやすい大きさで、その点からも人気があると言えるでしょう。

とはいえ、ミックス犬は成長するにつれてさまざまに変化し、その要素も確定しにくいと言われています。両親犬のサイズやどちらの親犬種の特徴がどの点に強く現れるかは、個体差があります。

そうしたミックス犬ならではの特徴を理解した上で、ポメヨンのことを受け入れるようにしましょう。

ポメヨンの毛色は、パピヨンの特徴を受け継ぐことが多く、ホワイト&ブラウン、ホワイト&ブラックなど、2色カラーになることが多いようです。

ポメヨンの性格

ポメヨンの性格は、一言で表すならばアイドル気質。甘え上手で陽気。遊ぶことも大好きです。そのチャーミングな仕草は、飼い主さんはもちろん、多くの人を魅了するでしょう。

ポメヨンは人懐っこく天真爛漫ですが、かと言ってとぼけた性格ではなく、聡明で飼い主さんの言うことをとてもよく理解します。

ポメラニアンもパピヨンも主人に対する愛情が深く、ヤキモチを焼いたり甘えん坊なタイプです。

飼い主さんを愛するあまり、飼い主家族以外を寄せ付けず排他的になって、人見知りや犬見知りが強く出てしまうこともあります。

そうならないように、子犬の頃から社会化をしっかりと行い、さまざまな外の世界に慣れるようにしておきましょう。

どちらの親犬種も、勇敢で恐れ知らずな一面を持ち合わせているため、神経質な性格としてそうした要素が現れると、警戒吠えや咬みつき癖などと言った行動に表れることがあります。

正しい時期にきちんとしつけを行えば、防ぐことができることでもあるため、親犬種の特徴とポメヨンの個性を理解した上で、人と暮らすために必要なマナーをしっかり教えてあげましょう。

ポメヨンは賢く物覚えも早いため、しつけやすいワンちゃんです。学習のモチベーションも高く、飼い主さんが喜んでくれることでやる気が出るタイプ。上手にしつけをすれば、色々なトリックもよく覚えてくれるでしょう。

ポメヨンのお手入れ

ポメヨンは、パピヨンの特徴が色濃く現れると、少し張りのある艶やかなストレートの被毛が美しく、ポメラニアンの特徴が色濃く現れると、ボリュームのあるモフモフした柔らかく豊かな被毛になります。

どちらにしても、春と秋の換毛期にはアンダーコートがたくさん抜けるため、日ごろからブラッシングを欠かさず、常に余分な下毛を取り除く習慣をつけておくと良いでしょう。

そのためにも、ワンちゃん自身がブラッシングを楽しめることが大切です。子犬の頃から、ブラシやコームなどの道具に慣れるようにしておきましょう。

ポメヨンは手入れを怠ると、皮膚病になりやすく、せっかくの優雅で美しい被毛が台無しになってしまいます。

気を付けたいポメヨンの病気

ポメヨンは両親犬種譲りの華奢な骨格から、関節に関する病気や骨折などの怪我をしやすいと言われています。

ポメヨンは小柄なワンちゃんの中では、比較的活発で元気いっぱいのため、運動することも好みます。

そのため、高低差の無い環境や滑りにくい床など、怪我や病気につながりそうな要素を出来る限り取り除き、予防してあげることが大切です。

外で遊ぶ時も、柔らかい芝生など関節に負担の少ない場所を選んであげましょう。

また、ポメヨンは気管虚脱など呼吸器系も弱いため、咳込みやすかったりゼイゼイと呼吸が荒くなるような症状が出やすい場合には、気管に負担がかかりやすいチョークタイプの首輪よりも胴輪などを選ぶなど、日々の暮らしの中でできるケアが大切です。

ポメラニアンの特徴を強く受け継いでいると、脱毛症やアレルギー、皮膚疾患などのリスクも高まります。

本来丈夫といわれているミックス犬ですが、親犬種のかかりやすい病気などには注意をして、異変があったらすぐに気づけるようにしてあげましょう。

どこでも一緒がうれしいポメヨン

甘えん坊のポメヨンは飼い主さんダイスキっ子が多く、いつでもどこでも、何をするのも飼い主さんと一緒にすることを好みます。

小さな手足を一生懸命に動かして後を追ってくる愛らしい仕草のポメヨンに、すっかり心奪われてしまいそう。

小柄でキャリーバッグの中にもすっぽりと納まってしまうため、どこへでも一緒におでかけして、たくさんの思い出をつくりたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク