わんちゃんと一緒に河口湖もみじ祭探訪!ライトアップが素敵!

中部エリア

11月上旬、河口湖の橋を渡った先にある河川沿いのところがもみじ祭会場で、別記事で紹介した七福神巡りを兼ねて紅葉回廊も満喫してきました。

昼間のもみじ祭りを堪能した後、七福神巡りをし、温泉に入って暗くなるのを待ってからライトアップされたもみじも堪能してきたので、丸1日歩き回っていました。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

道の駅富士吉田のドッグランで足慣らし

以前どこかへ出掛けたときの帰り道、たまたま河口湖に寄ったとき丁度もみじ祭が開催されていたときで、河口湖の橋の上まで繋がる渋滞に填まってしまったことがあったので、今回は休日を避けて平日休みを取って河口湖もみじ祭りに行って来ました。

河口湖へ向かう途中にある道の駅富士吉田で休憩し、お土産に農産物を買ったりわんちゃんをドッグランで遊ばせながら富士山の素敵な写真も撮りました。

道の駅富士吉田と併設して建てられているのが富士山レーダードーム館で、富士山頂にあった観測レーダーが引退し、こちらのドームに移された施設で、観測台とレーダーリレーアンテナなどが展示してあり、富士山レーダードーム館の館内では富士山頂上の気温などを体験できるようになっています。

こちらから見る富士山はとても素晴らしく、上の方しか見えませんが私の好きな富士山の姿のひとつです。

庭は芝生が敷き詰められていてとても広く、子供達にとっては恰好の遊び場になっています。この芝生の上もわんちゃんと一緒に散歩することができてドッグランへ入らなくても、芝生だから足も汚れずふかふかで気持ちいいですよ。愛犬もごきげん!

河口湖紅葉回廊と愛犬

河口湖の駐車場は平日だったのでそれ程混んでいなくて意外とスムーズに停めることができました。

お天気が良いのでもみじや銀杏の葉が秋の柔らかな日を浴びて輝いています。
色とりどりに紅葉した木々を見ていると、やっぱり日本って素晴らしいなと思うのは私だけじゃないですよね。

自然が織りなすこの色は、ため息が出るほど美しく決して人工的には作れない景色です。

もみじ祭り会場の広場には、ミニチュアの藁葺き屋根で作られた小さな村があります。愛犬のサイズに丁度良い大きさで、一緒に写真を撮ったらまるで愛犬の家のように撮れました。 7人のこびとの物語のように、この村はわんちゃん達が棲むのどかな山里風景のひとコマのようです。

ドウダンツツジの紅葉も、庭に植えられたもみじに見えますね。

もみじ祭り会場の紅葉回廊の一番奥には久保田一竹美術館があり、愛犬も一緒に庭の散策もできます。 それにしても立派な門構えですね。あまりにも大きな門なので、わんちゃんが豆粒のように見えてこれだと門番としては迫力がなさ過ぎで、置物状態になっています。

紅葉回廊から湖の畔の方に移動して、河口湖畔を歩いて見ました。
どこを見ても絵画のように美しく、そのまま額縁の中に収まるような河口湖越しの富士山の風景で、愛犬も紅葉探訪を楽しみながら、サクサクと落ち葉を踏みしめる音と戯れていました。

写真をたくさん載せてしまいましたが、とにかく景色が美しすぎてどんな言葉を探してもこの美しさを伝えることはできません。

だから言葉の代わりに写真をたくさん載せましたので、見た方が自分で感じ取って頂けたらと思います。

河口湖もみじ祭り 紅葉回廊ライトアップ

紅葉を奏でながら七福神巡りをしていたので、すっかり夕方になり少し暗くなってきて河口湖の気温もどんどん下がってきたため、一旦もみじ祭り会場を後にして温泉で暖まることにしました。

河口湖の湖畔近くには幾つもの日帰り温泉がありますので、好みの日帰り温泉施設を選ぶことができます。
私たちが利用した日帰り温泉施設は、河口湖 野天風呂天水。

河口湖 野天風呂天水の温泉は、源泉掛け流しになっていて美肌効果や冷え性、筋肉痛などに効果があるといわれている泉質ですので、もみじ祭り散策ですっかり冷え込んだ体を温め、たくさん歩いて疲れた筋肉をほぐしてくれる効果を期待してゆっくりと浸かって暖まってきました。

こちらには食事処も併設されているので、軽食程度なら頂くことができます。 私たちは、もみじ祭会場で色々な物産展や屋台が出ていたので、かなりつまみ食いをしながら散策したため、食事は帰りの道中で食べることにしました。

温泉で暖まったので愛犬共々もみじ祭り会場に戻り、ライトアップされたもみじ鑑賞を楽しみました。

昼間見た紅葉回廊はすっかり暗くなってライトアップされていましたが、これが昼間見た紅葉と同じなのかと思うほど、その姿は妖艶に見えました。

暗闇に浮かび上がる赤や黄色に色付いた木々は、まるで夜の妖精達が集まってパーティーでも行っているような艶やかさがあります。

同じ木の紅葉の色でも、昼間は太陽に透けるような明るい赤や黄色でしたが、ライトアップされた紅葉は、どことなく落ち着いたワイン色に照らし出され、明と闇が作り出す奥行きを感じます。

夜の散策では暗すぎて、わんちゃんと紅葉のコラボは撮れませんでしたが、愛犬は丸1日楽しそうに散策をしていました。
それにしても河口湖の夜はこんなに寒いのに、ライトアップされた紅葉を見ようと、河口湖もみじ祭りにはかなりの観光客が来ていますが、みんな着膨れになっているのが分かります。

私たちはさっきまで温泉に入ってぽかぽかしていた体も、時間と共にどんどん冷めてきて寒くなってきたので一通り紅葉回廊を見て廻ったら帰ることにしました。

今回河口湖もみじ祭では、昼間から夜に掛けて時間ごとに移り変わる紅葉を楽しむことができました。 昼間の顔と夜の顔は全然違った姿に見えて、とても興味深かったです。 出掛けるときに夜の気温に備えてダウンジャケットも用意していましたが、それでも足先や指先がジンジンするほど冷たくなってしまいました。寒がりなわんちゃんには、わんちゃんの防寒対策も忘れないであげてください。

わんちゃん連れ河口湖もみじ祭り探訪まとめ

愛犬はドッグランでボール遊びで走り回り、河口湖では七福神巡りをしながら紅葉を楽しみ1日で12kのお散歩。 たくさん歩いて肉球、すり減っちゃったかな? だけど山歩きよりはアップダウンがないから楽だよね。

今度はわんちゃん連れで山中湖のもみじ祭に行ってみたいと思います。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク