震災後の福島、裏磐梯、猪苗代湖へ愛犬と旅行

犬とお出かけ

2011年3月11日、日本全国に激動を与えた東日本大震災。

特に福島は、福島第一原子力発電所の事故により今現在でもなかなか復興が進んでいない地域が沢山あります。

東北自動車道も開通し一般の車も通行が可能になったことで、私にできる事って何があるのか。そう感じて、福島復興を願い愛犬を伴い行って来ました。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

猪苗代にあるペンションポルトガルに愛犬と宿泊

猪苗代へ向かう道中の車窓からは、倒壊した幾つもの家屋が見えました。

これが地震大国である日本の姿。

メディアにより連日テレビに映し出された被災地の姿が、自分の目でもはっきりと確認できました。

私達が訪ねた猪苗代では、それほどまで倒壊した家屋は少なく、いつもと変わらない風景でしたが、雨が落ちてきたこともあり、猪苗代湖はひっそりとして観光客の姿もありません。

猪苗代湖

猪苗代湖

猪苗代湖から少し山の方へ入った五輪原という別荘地区にある、ペンションポルトガルに向かいました。

愛犬とチェックインを済ませ、少しご主人からお話を伺うと、こちらのペンションには、いわきから3組の被災者の方が宿泊していて、1部屋だけ観光客用に空けてありその部屋に私達が案内されました。

このペンションはペット宿泊可になっているため、被災地からペットを連れて避難してきた方達です。こんな事態でありながらペットも一緒に受け入れてくれる所は極わずかで、そのうちの1軒がこちらのペンションです。

部屋は1kアパートのような部屋で、小さなキッチンとトイレが付いた6畳の部屋でした。お風呂は温泉で1階にあり、広いお風呂ではありませんが、とても泉質の良い温泉です。
食事は出せないとのことだったので、外へ食べに行ってきました。

朝雨が降っていましたが、碁盤の目に整備された地域内を散歩して、朝食用に昨夜のうちに買っておいたサンドウィッチを食べてチェックアウトしました。

私達が行った後、ペンションポルトガルは建て替えられコテージ ヴィラ・ポルトガルにリニューアルしましたが、現在は閉館しているようです。

五輪原別荘地内

五輪原別荘地内

五輪原別荘地内

五輪原別荘地内

自分の目で今の福島を見て廻り、福島の方々の声を聞き、福島を観光し、福島で食事をし、福島の宿に宿泊するによって、わずかなお金だけど福島で使うことと帰ってきたら、自分の声としてみんなに伝えようと思いました。

雨の裏磐梯中桧原湖周辺を愛犬と散策

ペンションを後にして向かったのは裏磐梯道の駅。
季節的には観光客がたくさんいるはずなのに、雨が降っているせいなのかそれとも震災の影響なのか人影はまばらです。

こちらでお土産品を少し買ってから、桧原湖周遊道路をドライブしてみることにしました。

愛犬、裏磐梯道の駅にて

愛犬、裏磐梯道の駅にて

桧原湖

桧原湖

裏磐梯道の駅から5~6k北上したところに小さな集落があり、古民家風のお蕎麦屋さんを見つけたので入ってみることにしました。

わんちゃんは店内に入ることはできないため車の中で待機して貰い、店内に入ると趣のある懐かしい感じがして、古民家を改装して造られたそうで、週末だけ趣味で営業していそうです。

蕎麦打ちを趣味でやっているだけあり、石臼でそば粉を挽いて出されたお蕎麦は逸品でした。

店内の一角には会津塗のお箸やお椀などが置かれていたので自分達用に会津塗のお箸を買ってきました。

蕎麦古屋

蕎麦古屋

裏磐梯 レンゲ沼とグランデコスノーリゾートを愛犬と散策

食事している間に雨もやっと止んでくれたので、愛犬との散策も楽しめそうです。

裏磐梯エリアには磐梯山が噴火したときに川がせき止められてできた湖沼が多数あり、観光客に最も人気度が高いのは五色沼で、ミシュラン・グリーンガイド1つ星に認定されています。

レンゲ沼もその中のひとつで、湖沼群の中では小さく、沼の周囲には綺麗に整備された散策路があるので歩いて見ました。

森林に囲まれた自然豊かな散策路は、わんちゃん連れのお散歩には最適で、近隣に住む方々が羨ましく思います。

レンゲ沼の駐車場脇には広い芝生の広場もあり、運動不足気味だった愛犬とボール遊びしてきました。

レンゲ沼の地図看板

レンゲ沼

愛犬、レンゲ沼にて

愛犬、レンゲ沼にて

レンゲ沼

レンゲ沼

レンゲ沼

レンゲ沼

愛犬、レンゲ沼にて

愛犬、レンゲ沼にて

レンゲ沼

レンゲ沼

レンゲ沼

レンゲ沼

レンゲ沼を後にして向かったのは、グランデコスノーリゾートのゴンドラが運行を開始したようなので行ってみました。

グランデコパノラマのゴンドラで愛犬とともに標高1390mの山頂駅に到着すると、とても涼しく爽やかな空気に包まれ、雨続きでなかなか思うように散歩できなかった愛犬も、元気に高原の風を受けながら散歩していました。

ゴンドラ駅には温度計が掲げられていて、気温を確認してみるとなんと18.5度。
涼しいと言うより、じっとしていると肌寒いくらいです。

本来なら福島へ行く計画を練ったときから、グランデコパノラマのゴンドラを利用してデコ平湿原、百貫清水の方へ散策する予定だったのですが、散策路は水たまりとぬかるみで行くことができず、山頂駅近辺を散策して戻ることにしました。

グランデコスノーリゾートは、雨上がりの影響でぬかるんでいた事もありますが、レンゲ沼からグランデコスノーリゾートへ向かう道中も含め、殆ど観光客と思われる人たちにあうことはなくひっそりとしていたのは寂しい気持ちになりました。

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

 

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

愛犬、グランデコスノーリゾートにて

{{% ex_link “https://www.grandeco.com/” “グランデコスノーリゾート” %}}

もう一度訪れたかった五色沼

五色沼は学生の時に来たことがあるのですが、余りにも時間が経過しすぎてほとんど記憶に残っていないけど、綺麗だったと言う事は鮮明に覚えており、もう一度訪ねてみたいと思っていた観光地でした。

五色沼は毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・弁天沼・るり沼・青沼・柳沼から成り立つ福島の中でも人気の観光名所。
湖沼の色が魅力的で、毘沙門沼側からも、柳沼側からも駐車場が有るので歩いて散策することができます。

片道は約1時間半、3.6kmの散策路があり、往復するにはちょっとキツいですね。
そして、今日停まるペンションに着くのが遅くなってしまうため、愛犬とともに少し散策してペンションへ向かうことにしました。

五色沼は天候や季節、水中に含まれる火山性物質などによって色が変わると言われている不思議な湖沼群で、訪れる度にわくわく感があふれる魅力こそ人々を引きつけているのでしょう。

毘沙門沼側から愛犬を伴い散策して見ましたが、散策路の途中で散策路が川になって歩けなくなってしまいました。雨上がりなのでこういったハプニングもありなかなか思うように散策できません。

毘沙門沼

毘沙門沼

 

愛犬、毘沙門沼にて

愛犬、毘沙門沼にて

愛犬、毘沙門沼にて

愛犬、毘沙門沼にて

愛犬、毘沙門沼にて

愛犬、毘沙門沼にて

毘沙門沼

毘沙門沼

愛犬、毘沙門沼にて

愛犬、毘沙門沼にて

毘沙門沼

毘沙門沼

愛犬連れ福島 裏磐梯旅行2日目

福島入りして2日目に訪れた裏磐梯の観光地では、天気が悪かったことが多少影響しているとしても、あまりにも観光客の数が少なすぎてショックでした。
観光目的で訪れる観光客が少ないことも事実ですが、宿泊施設の殆どは、被災者の方々を受け入れていて、営業していても客室として使えるのはほんの一部だけ。
最後の日に廻る観光地では、観光客に出会えるのでしょうか。

ガストホフ虹の詩へ宿泊

ガストホフ虹の詩は、裏磐梯五色沼から北の方角へ行った細い路地の先にあります。
私達がペンションにたどり着いたとき、ペンションの庭先に数名の被災者の方々が寛いでいました。

チェックインを済ませ部屋に向かうため階段を登り始めたら、階段の踊り場に「今日宿泊されるわんちゃん」として紹介されたメッセージが置かれていました。
私も色々なところに宿泊してきましたが、こんなサプライズは初めてです。

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

食事はダイニングの方で避難者の方々も一緒に頂きます。
食事が運ばれてくると、ペンションのオーナーさんから、「東京と神奈川から福島へ支援のために来てくださった○○さんと、○○さんです」と紹介されました。

この紹介も勿論知らなかったことなのでびっくりしましたが、後で考えるとペンションのオーナーさんだけではなく、避難してきた被災者さんにとっても復興応援に来てくれた人と言うことで紹介したのだと思います。

こちらのペンションで、私達と同じ気持ちで観光に来てくれた家族に出会えて私も嬉しかったです。

ガストホフ虹の詩

ガストホフ虹の詩

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

ガストホフ虹の詩の食事

ガストホフ虹の詩

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

こちらのペンションに身を寄せている被災者の方々は15名ほどいました。
客室が3部屋しかなく2部屋は私達が使っているわけですから、被災者の方々が暮らしているのは、客室じゃないのかもしれません。

食事の時にオーナーさんに話を伺うことができました。
被災者さんを受け入れることについて国から出る金額は、通常宿泊料金の約半額が支給されるそうですが、3食付きとの事。このペンションで暮らし始めて4ヶ月が経過し、もう家族の一員のようです。と話してくれました。
そして食事は家族と同じ料理を出しているそうです。

客室を開放している場合は、お客さんを泊められる部屋がそれだけ少なくなります。そして1日3食付きというのも人数が多くなればなるほど大変になります。
被災者の方々は勿論自分の家で暮らすことができないストレスや気遣いなどがあって大変かもしれませんが、受け入れる方も同じようにとても大変だと感じました。
被災者さんもペンションの手伝いなどをしてくれるそうです。

庭には小さいけどハーブが植えられたドッグランがありました。
朝散歩の後に少しだけドッグランでかくれんぼ。

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

愛犬、ガストホフ虹の詩にて

被災者の方々の食事の支度だけでも大変なのに、私達の食事も手抜きは一切無くとても美味しかったです。
オーナーさんから忙しいにも関わらずたくさんの言葉を聞くことができました。
そして、来てくれたことを、本当に喜んで迎えてくれたことが何よりも嬉しかったです。

{{% ex_link “http://www.nijinouta.com/” “ガストホフ虹の詩” %}}

福島裏磐梯入り3日目の観光

福島3日目にしてやっと青空が顔を出してくれました。

昨日まで雨に降られてしまったため、観光も思うように進まず愛犬と五色沼も行ってみたけど、殆ど見ることができなかったため、五色沼だけ仕切り直し、柳沼の方から散策することにしました。
五色沼を流れる川は、昨日まで降り続いた雨の影響で水量は多くゴーゴーと勢いよく流れていきます。

散策路はまだ所々ぬかるみはありますが、深い緑に囲まれた森林地帯から目の前に現れる神秘的なコバルトブルーに染まった湖沼をみていると、この世の世界とは思えないような美しさに、吸い込まれてしまいそうになりました。
学生の時に訪れ、綺麗だったという印象が忘れず残っていただけあり、五色沼の色彩は美しすぎました。

そしてこの大自然に包まれていると、震災があったことが嘘のようです。
五色沼は高木に囲まれ水際の散策路なので蕾も涼しげに散策することができました。

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

 

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

五色沼

五色沼

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

愛犬、五色沼にて

{{% ex_link “http://www.urabandai-inf.com/?page_id=141” “裏磐梯観光協会” %}}

五色沼から、会津にある愛犬用にいつも購入している馬肉専門店へ向かいました。

いつもはネット注文しているのですが、鶴ヶ城へ寄ってから帰ろうと思っていたので、その途中にある店舗なので立ち寄り買い物して持ち帰りました。

店舗で名前を告げると大歓迎してくれ従業員の方がみんな出てきてくれました。

こちらのご主人にも震災について話を伺ってみると、原発事故の風評被害により売り上げはがた落ち。売れないから在庫を抱えられない、在庫がないから売れないと言う悪循環に悩まされているそうです。

品質はすべて放射能検査で認められた認定書も獲得して、復興に努力していました。

最後に愛犬と立ち寄ったのは鶴ヶ城。

五色沼へ訪れたのは午前中だったこともあり、観光客には遭遇しませんでしたが、鶴ヶ城へ到着したのは観光客で賑わうはずの時間帯。

福島観光でも人気の鶴ヶ城にも、殆ど観光客の姿はありませんでした。

会津若松は、福島の中でも内陸にあるため、原発事故のあった場所からはかなり離れているのに、それでも観光客がこれほどまで減ってしまっていることに驚きました。

愛犬、鶴ヶ城にて

愛犬、鶴ヶ城にて

鶴ヶ城

鶴ヶ城

愛犬、鶴ヶ城にて

愛犬、鶴ヶ城にて

旅行を通して感じたこと

3.11の震災の中でも、福島は原発という二次災害に見舞われ、多くの方々が強制的に避難することを命ぜられ、動物たちは置き去りにされました。

7年経った今でもその姿は、あまり変わっていない。

そして、事故が起きた福島第一原子力発電所で作られた電力の殆どは、東京へ供給されていました。私達はその電力のおかげで生活できていたのに、事故があったら非難と風評被害を浴びました。

この旅行を通して、お土産屋さんや宿泊施設のオーナーさん被災された方々などから直接話を聞くことができたこと。

福島の食材を美味しく頂いて、福島の野菜や果物、馬肉などもお土産に買ってきました。
私にできることとして、私なりに考え福島へ行って来ました。

私にできること

震災による募金に協力することの他に私に何ができるのかずっと考えました。

連日支援物資を被災地に送るというニュースが流れている中、私が住んでいる市でも支援物資を市民から集めて送るという広報が配布されたのをみて、私は市長宛に、支援物資の中にペット用のフード・食器・リード・ドライシャンプー・トイレシートなどの募集と、ペットの一時預かりをしてくれるボランティアさんも募って欲しいと嘆願書を提出しましたが、市役所からの返事は、人間優先なため動物に関しては募集することはできないと断られました。

何度も説明とお願いをしましたが結局市としては受け止めて貰えず、ネットで愛護団体、獣医師、個人で現地入りして活動している方々に個人で物資を送りました。

そして被災したペットを関東まで輸送してくれるとの情報があったため、ブログと張り紙によりペットの一時預かりをしてくれるボランティアさんを募ったところ、5~6件申し出が有ったのですが、結局人手が足りず輸送するという当初の情報から、現地でシェルターを建てるという形に変更したと返事が来ました。

現地の状況も刻一刻と変化するため、思うように事が運ばないと遠い地から見守ることしかできなかったのですが、私が市に嘆願書を提出した記事を読んだ方が、自分の住んでいる市に嘆願書を提出してくれ、その市では、医師団を結成し被災地に派遣することを承諾してくれたそうです。

間接的にも私のしてきたことは無駄では無かったと思いました。
## 震災後の福島、裏磐梯、猪苗代湖へ愛犬と旅行 まとめ

福島復興の少しでも足しになればという目的で出掛けた会津裏磐梯。

会津裏磐梯地域は福島の中でも被害が少なかったにも関わらず、思っていた以上に観光客は少なかったのが印象的でした。

天気が悪かったこともあると思いますが、まだ福島へ来る交通網に多少の影響が残っていることも理由のひとつかもしれません。でも一番の原因はやはり福島第一原発の事故による放射線量の不安が断ち切れないからだと思いました。

日本は地震大国なので、次はどこで大震災に見舞われるか分かりません。

実際、九州は地震が殆ど無い地区として知られていますが、その後熊本でも大きな震災が発生しています。

自分の身は自分で守り、いざというときペットはどうするべきか考えておく必要があるとつくずく感じました。
旅行を終え、ブログで現状を報告したことで福島をはじめ、岩手、宮城などへ足を運んでくれた友人も数多く報告してくれたことに感謝しています。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク