徳島中央公園で愛犬と美しい秋の日を楽しむ

愛犬と夜景 犬とお出かけ
愛犬と夜景

愛犬のジャーマンシェパードドッグと一緒に徳島中央公園を散歩しました。徳島中央公園では城山のハイキングや紅葉だけではなく、時期によってはアート展も愛犬と楽しむことができます。

愛犬と一緒だと世界観が変わり、今までは見えなかった小さな美しさを見つけることができました。ここでは、私と愛犬が発見した小さな美しさを、私たちの経験とともに紹介していきます。

この記事に登場する愛犬

ジェイク ♂ (ジャーマンシェパードドッグ)

スポンサーリンク

徳島中央公園で愛犬と紅葉の木々の下を散歩

私たちが徳島中央公園へ行った主な目的が紅葉を楽しむということでした。徳島中央公園はたくさんの木々があるので紅葉を楽しむのに最高の場所です。

木々はたくさんありますが、種類が様々あり、紅葉のタイミングが少しずれていました。そのため、全ての木が同時に紅葉しているのを見ることができなかったのがはじめは少し残念でした。

しかし、愛犬のおもちゃを落ち葉の中に隠してそれを探すゲームや、落ち葉をキャッチするゲームを愛犬はとても楽しんでいました。

普段なら、多くの人は地面に落ちてしまっている葉を見てもなんとも思わないと思います。しかし愛犬が一緒だと、落ち葉のような普段は気にかけないものも、楽しくて美しいものに変身してしまいます。

愛犬と落ち葉で遊んだ後は、落ち葉を使って愛犬の写真を撮りました。愛犬は人間に比べ背丈が低いので、木々にまだついている葉と写真を撮るのは困難です。そのような時は、落ち葉で写真撮影するのがオススメです。

徳島中央公園の落葉の上に伏せている愛犬

徳島中央公園の落葉の上に伏せている愛犬

この時期の徳島中央公園には落ち葉がたくさんありましたが、全ての葉が落ちていたわけではありません。半分ほどの木はとても美しく紅葉していました。

徳島中央公園は木々の下を通り抜ける道がたくさん整備されているので、とても快く愛犬と散歩することができます。

また、徳島中央公園中に違う種類の様々な木が植えられているため、紅葉の様々な色を楽しむことができます。

紅葉した木々の下を散歩するのは、まるで愛犬と赤や黄色の雲の下を散歩しているようで、とても素敵な風景でした。

いろいろな色の葉っぱの木があったので、赤や黄色が重なり、紅葉独特の温かい雰囲気を愛犬と楽しむことができました。

木々はたくさんありますが、徳島中央公園のしょんべん小僧の前に立っているイチョウの木が特に印象的でした。

木の葉は濃い黄色で、茎はとても太くて古そうでした。この木の周りにはベンチがいくつかあり、ぼんやりと眺めている人が何人かいました。

春には徳島中央公園は桜でいっぱいになるそうなので春にもまた愛犬を連れて行きたいです。秋とは全く違う雰囲気を楽しめることに間違いありません。

徳島中央公園は年間を通して芸術展も行っています。様々な彫刻が公園中に置いてあり、紅葉を楽しむと同時にアートも楽しむことができます。

愛犬を連れて入館できる美術館はとても少ないので、愛犬とアートを味わうとても貴重な経験でした。

愛犬は彫刻などを見たことがないので、とても興味津々に見て彫刻に近づいて行っていました。

展示されていた作品は1つ1つがとてもユニークで、個性が溢れ出していました。

たくさんの歩き、紅葉やアート展を楽しんだ後は愛犬も飼い主も休憩をとることがとても大切です。

徳島中央公園には小さな売店があり、店内で食べなくても公園内の机やベンチで食べることができます。そのため犬連れの方も休憩がてらに食事をすることができます。

私は愛犬と徳島中央公園内の散歩後、ここの売店でうどんを食べました。とてもコシがあり、美味しかったです。愛犬にも一本だけ麺をあげましたが、美味しそうに食べていました。

愛犬と紅葉を楽しみながら一緒に食事をできる場所はあまりないので、徳島中央公園で愛犬と食事ができてとてもよかったです。

徳島中央公園のベンチに立っている愛犬

徳島中央公園のベンチに立っている愛犬

徳島中央公園にはたくさんのベンチや休憩所があるので、売店で食べ物を買わなくても弁当を持って行ってピクニックをすることもできます。

自分と愛犬に合った楽しみ方ができるのが徳島中央公園の魅力の1つかもしれません。

徳島中央公園にある城山をハイキング

道を歩く愛犬の後ろ姿

道を歩く愛犬の後ろ姿

徳島公園の紅葉やアート展を楽しんだ後は、城山をハイキングしました。城山は徳島中央公園内にある小さな山です。

ハイキングと言っても山頂まではあまり高くなく、階段を登るだけなので、10分程度で山頂に登ることができます。

階段は少し急ですが、大部分は手すりがついていたので登りやすかったです。愛犬はとても余裕そうで、運動を楽しんでいました。しかし脚が短い小型犬は少し苦労するかもしれません。

城山の山頂に到着すると広いグラウンドやベンチがあり、愛犬と広い場所で存分に遊ぶことができます。

他の人がいたのでリードを外すことはできませんでしたが、リードをつけたまま愛犬とたくさん走りました。

山頂から徳島駅などの街の景色を愛犬と楽しむことができます。案外遠くまで見えるので、愛犬と見たことのない徳島の景色を見ることができてよかったです。

山頂にも紅葉していた木があるので、私たちはベンチに座ってしばらく美しい木を眺めていました。

山頂への道中には遺跡があり、解説などもついているにで、自然の中で歴史も楽しむことができます。

愛犬と山道を歩いていると運動になって愛犬のストレス発散になるだけではなく、自然によって忙しい毎日から抜け出すことができます。

水を飲む愛犬

水を飲む愛犬

山を降りた後は愛犬もとても喉を乾かしており、水道から水を飲んでいました。

徳島中央公園で遊んだ後は眉山で1日を締めくくる

眉山で1日を楽しんだ後は眉山からの夜景を見るのがオススメです。徳島市のライトを上から見ることができます。

眉山の山頂へは、ロープウェイ、車、ハイキングなど様々です。私たちはまだ元気があったのでハイキングしていきました。

ハイキングコースもたくさんあるそうですが、私たちは600mの短いコースを歩きました。

距離を見るととても短いですが、とても急なので山頂に着く頃には汗だくだくでした。

途中でロープウェイが頭上を通って行くのが見え、愛犬はとても不思議そうに見上げていました。

眉山の山頂に到着すると大きなライトがあり、とても神秘的な雰囲気でした。普段はあまり見ないものなのでまたまた愛犬は興味津々でした。

自動販売機で飲み物を買い、ベンチで一休みした後は眉山の上を歩き回り、景色と愛犬の写真が撮れる場所を探しました。

結局、場所は見つかったものの、私が綺麗に写真を撮れなくて残念でしたが、とてもいい思い出になりました。

愛犬と夜景

愛犬と夜景

眉山の山頂から見る徳島市はいつも見ていると徳島市とは全き印象が違ったのでとても驚きました。

街の中を歩いていると、静かな感じがしますが、山頂から見るととても賑やかそうな様子でした。

また、駅前付近とその他の場所の明るさに大きな差があったのでとても驚きました。

帰りは暗くて山道を帰るのが少し危険だったにで、車で家族に迎えに来てもらいました。

しかしケージに入れると小型犬はロープウェイに乗れるそうなので、ロープウェイで山を下るのも楽しいかもしれません。

徳島中央公園で愛犬と小さな美しさを発見

徳島中央公園で過ごした愛犬との1日は、小さな美しさを発見することができた日でした。落ち葉や夜景など、日常の中にはたくさんの美が隠れています。

愛犬と一緒だと新しいことにチャレンジする機会が増えるので、今までは気がつかなかったことに気がつくことができます。また、愛犬とたくさん歩いて、愛犬も私もストレス発散することができたのでとてもよかったです。

この記事の執筆者の愛犬
ジェイク
フォローする

スポンサーリンク