パグ犬との暮らし!性格や食事、運動量、鳴き声はどう?病気の心配は?|もも編

犬種

深いシワシワの丸顔、ちょっと離れ気味の大きな瞳が特徴的なパグ犬。ポテッとしたボディ、クルッと巻いた短め尻尾もとっても愛嬌がありますね。

今回は、犬図鑑や飼い方本だけではわからない、実際のパグ犬の性格や食事、運動、毛の手入れ、鳴き声、ケガや病気などについて、パグ犬と暮らしている方のリアルなエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

パグ犬"もも"のプロフィール

 もも(パグ)

  • 性別:女の子
  • 生年月日:2013年9月14日
  • 避妊・去勢手術:受けた
  • 体重:7.3kg
  • 入手方法:ペットショップ
サンタのコスプレをしたパグ犬

パグ犬"もも"の性格

パグは頑固でしつけは難しそうなイメージがありますが、我が家のももはマイペースでパグらしからぬ柔軟性があります。我が家では、しつけは、妹が先生として子供のころから教え始めました。まず最初に、トイレを教えたところ、数日でマスターし、続いておすわり、おて、伏せ、おかわり、ごはんの前は待て、よしをして、最近はおもちゃ持ってきて!と言うと部屋の中のどこかに置いてあるおもちゃを、自分で捜索して持って来るようになりました。遊ぶ?という言葉もわかり、いつもおもちゃを持って来ます。

また、ももは環境への適応力が高いと思います。例えば、トイレについては家では定位置でトイレシーツの上にしているのですが、年に何度か出かける旅行やトリミング等いつもと違った環境でも、いつも通りにトイレシーツに百発百中でしてくれます。トイレの心配をしないで安心して一緒にお出掛けができるので、毎年楽しい思い出が出来ています。ちなみに、ももはきれい好きなので、トイレシーツ以外の場所では、トイレができません(笑)汚れたトイレシーツでは汚いから出来ないよ!とこちらを見て訴えてきます。ももは、濡れたり、汚れた地面も、絶対踏まないポリシーがある様です。

また、車でのお出掛けもすんなり一緒に車に乗り、人間の様に窓から景色を眺め、優雅に過ごします(笑)普段と違う環境で長時間の外出でも、のんびりと寝たり、お菓子を食べたり、家と同じ過ごし方ができるので、マイペースで助かっています。

車に限らずトリミングや病院などでも、変わらずマイペースに過ごしてくれているようで、店員さんや看護師さんにおりこうでした!と言われることが多いです。 また、おやつが一粒あれば、着替え、散歩の時のリード付けや、トリミングもなんでも抵抗せずおりこうに完了します!

ももは寒がりなので、冬場はいつも洋服を着ていて、着替えることも多いですがほんの数秒でお着替えできます。寒がりなので、家の中ではいつも、毛布にくるまれて過ごしています。朝出掛けるときに毛布で包んであげて、昼に戻って来ると朝と、1ミリも変わらず全く同じ場所で寝ていることもしばしばです。

また、とっても甘えん坊です。家族が外出する準備でカバンを持ったり、上着を着たりし始めるともものセンサーが働きます。急いで支度をしていると、行っちゃやだ!とばかりにワンワン訴え、後を付いて来ます。それでも部屋から出て外に出ると、部屋の窓からこちらを眺めてどこに行くのかなあ。。という顔をして家族を見送っています。帰ってくる音がしたときには、窓から待ってました!というような顔で外を見ています。毎日家に帰るのが楽しみです。

ももは大きな目で気持ちを伝えるのが特徴で、おやつがほしいときや、話しかけた時等、長い時間じーっと見つめて訴えてきます。あまりにも長い時間見つめてくるので、そんなに見ないでと笑ってしまいます。ももの目は口ほどに物を言うなあと思います。

そんなももに話しかけると、クイっと首をかしげて答えてくれます。人の言葉をよく聞いていて、おかえり!やごはん、散歩等聞こえるとサッと顔を上げて、誰帰ってきたの?ごはんの時間?とこちらを見つめて聞いてきます。ももの話をしていてもすぐに気が付いてばれてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク