愛犬と「愛犬お宿」で初めてのホテルライフ 伊豆高原への夏旅

犬とお出かけ

愛犬とホテルに泊まってみたいし、一緒に観光もしたい!夏の旅行はやっぱり海に行きたいな、でも今年の夏は酷暑なので涼しい山もあるといいな、ということですべてが叶う伊豆高原へ行ってみることにしました。

運動大好きで好奇心旺盛な愛犬ウィペットのジャズ君と一緒に山を登ったり、吊り橋を渡ったり、動物に接近したり、美味しいものを食べたりの楽しい旅です。

この記事に登場する愛犬

ジャズ ♂ 11か月(ウィペット)

スポンサーリンク

ウィペットのジャズとの夏旅は伊豆高原に決定

今年の夏は本当に暑かった!走るの大好きなウィペットのジャズも日中は暑すぎでお出かけできず、家でお留守番の日々でした。人も犬もストレスたまります。

わんこを迎えて初めての夏休みはどこに行こう?と家族会議を重ねること1週間。ジャズは車に乗せても全く酔わなくなったので、長距離でも大丈夫だよねと話していると、息子が「富士山が見たいな」と言うので東の方へ(我が家は中部地区に住んでいます)行ってみることにしました。

関東地区は犬を連れて泊まれる施設が豊富にあります。前回のはじめての犬連れ旅行はキャンプだったので、今回はホテルに泊まってみたいと思い、ネット検索をしていると伊豆高原に魅力的なお宿を発見しました。伊豆高原の「愛犬のお宿」というホテルです。

今度は伊豆高原を調べてみると、犬を連れて行けるスポットがたくさんあることがわかり、家族全員の意見が完全一致!今年の夏休みの旅は伊豆高原に決定しました。

さあ、愛犬と一緒に伊豆高原へのロングドライブに出発

実は旅行前日、いつも行く市営のドッグランで他のわんちゃんに噛まれてしまったジャズ。急いで獣医さんにかかり、縫ってもらう重症でした。

旅行をやめるか悩むほどでしたが、先生にせっかくだから行ってきたらと言われ決行することにしました。ただ、水に濡れたりしないようにとのことで、海で遊ぶという目的はあきらめることにしました。

今回は4時間半ほどかかるロングドライブです。新東名を利用して向かうことにしました。まずは岡崎のサービスエリアに立ち寄りました。ドッグランも中大型犬用と小型犬用にわかれていて新しくて綺麗でした。

車といえば、最近のジャズは、後部座席の下にマットとクッションを敷いて寝るスタイルで乗車しています。マットとクッションはIKEAのペット用品で購入。これがすぐれもので、マットは撥水加工ですし、クッションは丸洗いOKなうえ丈夫なのでおすすめです。

しばらく山間が続く新東名を走ると、ついに息子念願の富士山が目の前に!夏の富士山は頂上付近に雪がなく、ちょっと想像していたのと違ったようですが喜んでいました。

ジャズは薬のせいもあって元気がなく車の中で終始寝ていましたが、ときどきサービスエリアに立ち寄り、排泄などさせながらお昼前無事に伊豆高原に到着しました。

車から富士山が見えた!

車から富士山が見えた!

わんこのお洋服を購入 そしてお昼ご飯

ジャズは背中を噛まれてまだ血もにじんでいます。パパが何か洋服を着せたほうが良いのでは?と言うので、はじめてのお洋服を購入することにしました。検索すると伊豆高原の「愛犬の駅」というお店に売っていそうだとわかり、早速訪れました。

「愛犬の駅」という名前だけあり、購入目的のわんこのお洋服はもちろんのこと、リード、首輪、フード、おやつなどあらゆるものが揃っています。

また、カフェやドッグランも併設しています。カフェのそれぞれのテーブルにはわんこが座れるソファーまでついていて、いたれりつくせりです。

さすがにウィペット用のお洋服はなく、お店の方にサイズを計ってもらい、初めてのお洋服と元気の無いジャズにおやつを購入しました。

お店の方に宿泊先を聞かれたので、「愛犬お宿というところです。」と言うと、この愛犬の駅は系列店だそうで、10%のディスカウントをしてもらえました。泊まられる方は是非利用してみてください。

購入後、はじめての洋服も嫌がることなくすんなり着てくれたジャズに一安心。我々もお腹が空いたので併設のカフェでランチも食べることにしました。

カレーやサンドイッチ、ハヤシライスにブイヤーベースなどメニューも豊富で、わんこ用のDeliメニューもある充実ぶりでした。

わんこ用のお水、ペットシーツや排泄袋も用意されていて、安心して食事ができました。

大室山に愛犬と一緒に登ろう

早速観光へレッツゴー!ジャズも少し元気が出てきた様子です。まずは「大室山」へ向かいました。「愛犬の駅」からほんの10分程度で到着。駐車場も無料で300台ほど停められます。

大室山はボウルをふせたようで、全体がお抹茶の粉がかかっているみたいな緑のかわいいおもちゃみたいな山です。

「大室山」へ行きたかった理由は、愛犬と一緒にリフトに乗って山頂まで行けるということ。抱っこでリフトに乗れる大きさ(おおよそ15kg前後)が可能です。

14.80kgのジャズはぎりぎりセーフだね、でも私は無理だからパパが抱っこしてね!ということで、息子と私、パパとジャズでリフトに乗ることにしました。

リフトに並んでいる間は「かわいいわんちゃんですね~。」など声をかけられ、また他の犬連れの方とご挨拶したりしているうちに、あっという間に我が家が先頭になりました。

まずはパパとジャズが乗っていくことに。リフトはわんこは抱っこで乗り、座席に触れないように注意が必要です。

リフトを乗ること6分程度で山頂に到着。山頂から見る景色はすばらしく、富士山や天城連山、駿河湾に浮かぶ大島や初島とぐるり360℃、大パノラマの景色が楽しめます。

ジャズと一緒にぐるりと一周、犬も人もリフレッシュしました。

愛犬とリフトに乗る

さぁ、リフトに乗るよ。

愛犬とリフトに乗る

愛犬とリフトに乗る

わんこもOKな伊豆シャボテン公園 動物が近いっ

「大室山」を楽しんだ後は、次の目的地「伊豆シャボテン公園」へ。「伊豆シャボテン公園」は大室山の目の前にあるのでアクセス抜群です。もちろん、わんこも一緒に入園できます。

ただ、園内は一部わんこが入れない場所もありますので、事前にホームページなどで確認してくださいね。

この公園はリスざるや孔雀が放し飼いされているほか、飼育されている動物も驚きの至近距離で観察できます。また、カピバラに餌をやったり、小動物とふれあうこともできます。

シャボテン公園というだけあり、1500種類以上のサボテンの展示やめずらしいサボテン狩りも体験できます。

元気のなかったジャズですが、あまりの至近距離の動物達に大興奮。ぐいぐい引っ張りながら、先頭を歩いていきました。

マーラという動物の前では、ジャズとマーラが柵ごしにお互い鼻先でくんくんご挨拶。ジャズのご機嫌な様子に他のお客さんから「わんちゃん観察しているほうがおもしろいわ。」と笑い声をいただきました。

見たかったハシビロコウ でもバードハウスはわんこは入れません

見たかったハシビロコウ でもバードハウスはわんこは入れません

いよいよお楽しみのわんこと泊まれるホテル「愛犬お宿」へ

今回の一番の楽しみだった「愛犬お宿」へチェックインです。チェックインより少し早めの時間についてしまったのですが、フロントの方は笑顔で「お部屋の準備ができるまで館内でお過ごしください」と快く案内いただけました。

2階にフリードリンクのコーナーもあり、ホッと一息つけました。

「愛犬お宿」はバリをイメージした内装で、お部屋は和室タイプと洋室タイプがあります。屋内と屋外のドッグラン、漫画がいっぱいのライブラリー、貸し切り露天風呂、大浴場、カラオケルーム、愛犬のシャンプーができる施設など、充実した設備です。

わんこと一緒に泊まれるホテルですが、においも全くなくお掃除が行き届いています。また、ところどころにトイレシートや排せつ袋なども置いてありました。

我が家は和室タイプのお部屋を予約しました。お部屋の中も全くにおいはありません。全部屋にマッサージチェアがあり旅の疲れをいやすことができます。

また、ゲージ、L字型のトイレトレー、トイレシート、歯磨きシート、ペット用ウェットティッシュ、お水、お皿など必要備品はすべて備え付けられているので、わんこのための持ち物はなにも必要ありません。

わんこがお布団の上に乗っても大丈夫 奥にマッサージチェアの息子

わんこがお布団の上に乗っても大丈夫 奥にマッサージチェアの息子

夕食が17時30分または19時30分からと選択できます。我が家は17時30分にお願いし、その前に貸し切り露天風呂へ行くことにしました。

露天風呂は館内に一つと一旦外に出るタイプの2種類があります。我が家は館内の露天風呂を予約しました。

館内の露天風呂は脱衣場までわんこを連れていくことができます。慣れない場所にわんこだけお留守番は不安だし、誰かが残って交代でお風呂に行く時間的ロスも省けます。

脱衣場には大きなゲージがあり、そこでお留守番ができますし、お風呂の扉もガラスなのでわんこの様子を見ながら入浴できるので安心でした。

お風呂でゆっくりくつろいだあとは、お楽しみの夕食へ。このお宿を選んだ理由の一つは、夕食時と夜のバータイムの種類豊富なアルコールが飲み放題なのです。

夕食は和洋折衷のフルコースで、駿河湾の季節の魚などが使われた豪華な内容でした。各テーブルにわんこ用のソファも用意されています。

そして、わんこのご飯は有料でブッフェが頼めます。手作りのパテやサラダなど5種類ぐらいのウェットフードと4種類くらいのドライフードが食べ放題です。

ジャズはパテと牛筋のサラダが気に入ったようで、息子が何度もおかわりを取りにいってくれました。なんといっても、人も犬も一緒にゆっくりディナーを楽しめるのは最高です。

愛犬のお宿の夕食

愛犬のお宿の夕食

夕食の後は、バータイムまで時間があったので、家族でカラオケを楽しみました。カラオケルームももちろんジャズと一緒です。

お部屋にはトイレトレーなど完備しています。ジャズは大きな音に少しびっくりしていましたが、1時間のカラオケを満喫しました。

その後は大浴場で汗を流したあと、バーへ移動。ここではアルコールはもちろんのこと、夜食にお茶漬けが楽しめます。ブッフェスタイルのお茶漬けで、トッピングもたくさんの種類がありました。

ジャズにはおやつのクッキーがいただけて、家族で過ごせる大人の時間です。バータイムを楽しんだ後は、ふかふかのお布団で就寝しました。

翌朝の朝食も豪華なラインナップです。一人づつお膳と選べる干物がいただけるうえに、ブッフェスタイルでパンなどの洋食メニューも自由にいただけます。

そして、わんこもブッフェのフードです。ただこちらは夕食のブッフェと同じ内容でした。

素敵なホテルライフもあっという間、11時のチェックアウトの時間です。帰りに夕食時にテーブルで撮っていただいた写真のプレゼントもいただけました。

スタッフの皆さんもとても親切で、玄関の外までお見送りしてくださいました。息子は「あ~、ここに住みたいよ」とため息を漏らしていました。

その後、城ケ崎海岸の吊り橋を渡りに行きました。地元の方に、城ケ崎海岸は手前に駐車場の案内があるけれど、そこからは歩いて20分くらいかかるので、もっと城ケ崎海岸ぎりぎりまで行くと駐車場があると教えてもらいました。

その駐車場は1回500円で吊り橋までもすぐに行けるので便利ですよ。吊り橋は、もちろんわんこも一緒に渡れます。

城ケ崎海岸の吊り橋を渡った愛犬

城ケ崎海岸の吊り橋を渡ったところ

吊り橋を渡った後は、グランパル公園に少しだけ立ち寄りました。ここもわんこ連れオッケーです。

ゴーカートや迷路、ジップラインなど多数のアトラクションが楽しめます。また、ドッグランもあるので、パパと息子が乗り物を楽しんでいる間、私とジャズはドッグランで待っていました。

こうして予定していたすべてのミッションをクリアし、帰路についたのでした。

伊豆高原は愛犬との旅行に超おすすめ!

伊豆高原は、愛犬と一緒に過ごせるスポットがたくさんあり、観光するにしろ、ご飯を食べるにしろ、犬を連れていることで困ることが全くありませんでした。

そしてなんといっても「愛犬お宿」はいたれりつくせりの最高のお宿でした!わんこと泊まれるホテルはやみつきになりそうで、今度は必ず2泊以上は利用したいです。

ちなみに今回は「愛犬お宿 伊豆高原」に宿泊しましたが、姉妹ホテルに「ウブドの森 伊豆高原」というホテルもあります。「愛犬お宿」は15kgの中型犬までしか泊まれませんが、「ウブドの森」は20kg以上の大型犬も泊まれるそうなので、大型犬の飼い主さんは是非!

スポンサーリンク