愛犬も一緒に楽しめるマザー牧場訪問記

犬とお出かけ

犬を飼ってらっしゃる方にとっては牧場と聞くとほとんどの牧場が犬を連れて入場できるイメージがあるのではないでしょうか。

たいていの牧場は犬を連れて入場できますが今回ご紹介するマザー牧場には愛犬だけではなく飼い主にとっても嬉しい心遣いがたくさんある牧場です。

マザー牧場には牧場内に小型犬から大型犬までエリア別に別れた広々としたドッグランやアジリティのあるドッグランなどがあります。

またマザー牧場ではさまざまな動物とふれあい体験することができます。動物とのふれあいだけではなく四季折々の花畑も見たりショーを鑑賞したりさまざまなイベントも多く行われています。

今回は見る、食べる、体験する全てが揃ったマザー牧場へ愛犬のボーダーコリーを連れて行ってきましたのでご紹介していきたいと思います。

牧場内では動物を用いたショーが多く開催されています。愛犬がしつように吠えたり暴れたりしないようにしましょう。

また牧場には小さなお子さんもたくさん来場します。
噛みついたりとびかかったりしてトラブルに繋げないためにも、今一度しつけができているか確認することが大切です。

この記事に登場する愛犬

 キアヌ♂(ボーダーコリー)

ボーダーコリーの子犬

スポンサーリンク

愛犬と、花と緑に囲まれたマザー牧場へ

今回向かったのは千葉県富津市にある「マザー牧場」です。
マザー牧場までは東京湾フェリーや高速バスが直通していたり路線バスも多く運行していたりと比較的アクセスがしやすいようになっています。

マザー牧場には動物とふれあうだけではなく、遊園地や手作り体験、宿泊施設などがあるため1日中楽しめるようになっています。
(マザー牧場にあるオートキャンプ場は7~8月にかけて期間限定でオープンします。)

四季折々の花畑を鑑賞したり収穫体験をしたりと日常ではなかなかできないことも愛犬やファミリーと楽しく体験することができます。

マザー牧場の菜の花畑

マザー牧場の菜の花畑

マザー牧場の入場券には鴨川シ―ワールドと共通の入場券も販売しているので動物たちに囲まれたマザー牧場をたっぷり楽しんだあとはたくさんの海の生き物とふれあえる鴨川シ―ワールドへいってみるのもおすすめです。

マザー牧場案内マップ

マザー牧場案内マップ

マザー牧場はとっても広大な敷地にあるため移動手段として園内を走るバスを利用できます。歩き回るだけでも大変なのでバスを有効活用して園内を見て回ることをおすすめします。(犬を連れての利用はできませんので注意が必要です。)

マザー牧場内にいる動物たちは身近に感じられるよう常にふれあいやすい場所にいることが多いです。

ですが見ず知らずの犬が近づくと動物たちもおどろいてしまうので愛犬を近づけすぎるのはやめましょう。

またマザー牧場では牧羊犬と羊をつかったショーが開催されています。牧羊犬のお仕事の邪魔にならないよう犬を連れている方は一定の距離をとって鑑賞することになります。

マザー牧場にはたくさんの飲食店があります。犬同伴でも利用できますが、テラス席のみになるため天候に注意していくことをおすすめします。

マザー牧場では入場の際、狂犬病の予防接種済証明書などが必要になりますので事前に確認してから行きましょう。

また入場の際にもらえる小さなリボンを愛犬のリードや首輪に付けて入場することになります。

住所:千葉県富津市田倉940−3

電話:0439-37-3211

入場料
大人(中学生以上) 1500円
小人(4歳から小学6年生) 800円

犬 600円
(犬専用のマザー・2イヤーズ・パス1800円を購入すると2年間入場できます。)

愛犬も楽しめるドッグラン

愛犬をマザー牧場に連れて行く最もおすすめのポイントが牧場内に広大なドッグランがあることです。

ドッグランは中型大型犬エリアと子犬小型犬エリアに分かれています。ディスクやボール遊びを楽しめる貸切エリア(1組15分)もあります。

貸切エリアでは自由にディスクやボール遊びができるようになっており、ディスク練習したりしつけをしたりと愛犬と飼主が密な時間を過ごせるようになっています。

またアジリティのある広場もあるので犬種問わず挑戦できるためぜひ愛犬と一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

中型大型犬エリアで遊ぶボーダーコリー

中型大型犬エリアで遊ぶ愛犬

そしてドッグランには飼主と愛犬に嬉しい心遣いがあります。愛犬がたくさん遊んで喉が乾いたらすぐ水分補給ができるようにドッグラン内には水飲み場の用意があります。

またドッグラン内にはベンチもあるので愛犬が遊んでいる間ゆっくり座って見守れるため長時間の利用も安心です。

そしてなんといっても嬉しいのがマザー牧場の入場料にドッグラン利用料も含まれているということです。

犬専用のマザー・2イヤーズ・パス1800円を購入すると2年間何度でもマザー牧場を利用することができます。

このお値段ならドッグランだけでも十分に利用価値があるのでとってもお得です。

ボーダーコリー同士仲良く遊ぶ愛犬

ボーダーコリー同士仲良く遊ぶ愛犬

ドッグランのアジリティひろばは追加料金なしで愛犬を遊ばせることができます。

アジリティをしたことない犬や小さなお子さんでも一緒に楽しく遊べるエリアになっています。

アジリティを使用する際は愛犬がケガをしないように目を離さないように注意が必要です。

またゆっくり牧場を満喫したいという方はマザー牧場のショーや食事へ向かう前に愛犬をドッグランで十分に遊ばせてからいくと愛犬も休憩しながら落ち着いて待っていられるのでおすすめです。

アジリティで遊ぶ愛犬

アジリティで遊ぶ愛犬

マザー牧場の施設や見どころ

マザー牧場は犬を連れて入れない施設などあるものの、基本的に動物たちは屋外にいるので犬を連れて見ながら回ることができます。

マザー牧場では動物たちとふれあいながら楽しめるイベントがたくさんあります。中には犬同伴で参加できないイベントや施設もあるのでいくつかご紹介します。

マザー牧場では牧羊犬が約150頭の羊を誘導して行進する「ひつじの大行進」というショーを見ることができます。

牧羊犬が約150頭もの羊の大群を一匹も逃すことなくうまく誘導していく様は圧巻です。 ただ7月8月はお休みのためご覧になりたい方は気を付けてください。

また愛犬を連れて鑑賞する際はショーが行われている策に近づけないように注意が必要です。ショー終了後は羊とふれあい体験ができるので小さなお子さんにもおすすめです。

そしてお子さん連れにおすすめなのが「こぶたのレース」です。生後間もないこぶた達が愛らしい姿でレースをします。

こぶたを追いかけながら一緒にレースを走る参加型のショーなのでお子さんだけでなく家族で盛り上がること間違いなしです。

「乳牛の手絞り体験」はその名の通り牛の乳搾り体験が楽しめます。犬を連れての参加はできませんが近くで中の様子を見学する分には問題ないです。

中には犬を連れて近づくことができず鑑賞できないショーがあります。

アグロドームという場所で行われているショーですが「牧羊犬とまきばの仲間たち」「シープショー」は犬を連れての入場、鑑賞はできません。

アグロドーム内の客席を牧羊犬が自由に動き回るので危険防止のため愛犬を連れての入場はできないので注意しましょう。

愛犬を連れて入場できない施設や食事をとる際にぜひ利用したいのが「ドッグパーキング」です。

ドッグパーキングは犬を連れて入場できない施設を中心に至る場所に愛犬を待たせておくためのポールが設置されています。

ドッグパーキングで愛犬を待たせておくこともできるので犬を連れて入れない施設にも安心して入場できるようになっています。

ドッグパーキングを利用する際、万が一何かあったとしても飼主の自己責任になるので心配な方は利用を控えたほうがいいと思います。

また犬連れには嬉しい犬用の水飲み場も各場所に用意されています。広大な敷地の牧場を歩き回ることになるのでとても嬉しいサービスです。

他にもさまざまな動物たちと身近にふれあるようになっています。

動物たちと愛犬の写真を撮ったり餌やり体験をしたりと色んな楽しみ方ができます。

牧場の動物たちを見て愛犬がいつもと違った可愛い反応を見せてくれるかもしれません。

初めて見る馬に驚く愛犬

初めて見る馬に驚く愛犬

マザー牧場は動物以外にも遊園地やとても綺麗な花畑があります。季節ごとに美しい花畑が見られるので愛犬との記念撮影にもピッタリです。

ぜひ綺麗な花畑をバックに愛犬の素敵な写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

愛犬とマザー牧場の菜の花畑

愛犬とマザー牧場の菜の花畑

マザー牧場で愛犬や動物たちとふれあいのびのびと過ごす休日

マザー牧場は愛犬だけではなく飼主やファミリーも楽しめる牧場です。牧場内には犬連れに優しい心遣いが多く見られることもマザー牧場をおすすめするポイントの1つです。

牧場に来場する方も動物を好きな方が多くいらっしゃるので犬連れにとっても居心地よく過ごせる場所です。

愛犬もドッグランでのびのびとたくさん遊べる上、普段なかなかふれあえない動物たちとたくさんのふれあいや体験を楽しめます。

マザー牧場では季節によってさまざまなイベントや宿泊施設を利用できるのでぜひ一度愛犬と共に訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者の愛犬
キアヌ&クロエ

ボーダーコリー
キアヌ(ブラック&ホワイト)♂
クロエ(レッド&ホワイト)♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク