愛犬と一緒に夏の清里高原へ、萌木の村と清泉寮でのんびりお散歩

犬とお出かけ

今年の夏休み、我が家の愛犬オーストラリアンラブラドゥードルのルーナをつれて、山梨県八ヶ岳南麓に広がる清里高原へ行ってきました。今回は、そちらで立ち寄った萌木の村と清泉寮についてご紹介したいと思います。

この記事に登場する愛犬

ルーナ ♀ 2歳(オーストラリアンラブラドゥードル)

スポンサーリンク

ナチュラルガーデンが広がる萌木の村

萌木の村には、ランドスケープデザイナーのポール・スミザーさんがデザインされたナチュラルガーデンが広がっています。

四季折々の日本の山野草をはじめ、様々な種類の花が咲き乱れるこちらのガーデンは、華美というよりどこか懐かしく、心安らぐ感じがします。

萌木の村 ナチュラルガーデンの中に座るラブラドゥードル

萌木の村 ナチュラルガーデン

この素敵なガーデンの中には、かわいい雑貨屋さんやレストラン、カフェが点在しており、愛犬と一緒にのんびりとお散歩することができます。

ただし、お店の中には愛犬を連れて行くことができないところもあるので、気を付けて下さい。でもどうぞご心配なく。

ところどころに愛犬の係留ポールが用意されているんです。お店に入る時は、愛犬にはこちらでいい子にして待っていてもらいましょう。

各所に用意されているドッグリードの係留ポール

各所に用意されているドッグリードの係留ポール

もっと村の中の散策を楽しみたい!という方には、セグウェイツーリングをオススメします。セグウェイに乗る機会はなかなかないですし、ましてや森の中を走り回れるなんて…。ちょっと興味がわきませんか?

私たちが訪れた時も、参加されている方々がいらっしゃいましたが、皆さんとても楽しそうでした。途中で降りて、お店に入ったり休憩したりすることもできるみたいですよ。

ただ残念ながら、セグウェイツーリングは愛犬と参加することはできません。愛犬と一緒にできるアクティビティをお探しの方には、ハイキングやカヤックのプログラムがありますので、是非そちらを検討してみて下さいね。

冬にはなんと、スノーシューを履いてハイキングを楽しむことができるそうです。こちらでではありませんが、我が家も一度スノーシューを履いての愛犬とのハイキングを体験したことがありますが、スキーやスノーボードとはまた一味違ったウインタースポーツの楽しさを味わうことができたので、特にオススメしたいです。子供でも安心して参加することができますよ。

また、夏限定の催し物をとして、こちら萌木の村では日本で唯一の野外バレエ公演「清里フィールドバレエ」が行われています。

私たちが訪れた時も、たくさんのお客様がいらしていました。お天気に左右されるというリスクはありますが、天候に恵まれれば、満天の星空の下、月明かりに照らされた舞台の上で繰り広げられる美しい世界を見ることができます。非日常的な空間にいつか行ってみたいなと思っています。

森の中の萌木の村 メリーゴーラウンドカフェ、愛犬も乗れてお食事もできます

素敵なお花を眺めながら森の中を進んでいくと、なんとメリーゴーラウンドが!海外に行くと、街中に突然メリーゴーラウンドが現れたりしますが、日本で、しかも森の中のメリーゴーラウンドは初めて見ました。なんともメルヘンチックです。

メリーゴーラウンドと言ったら、普通ウマ、ですよね。でもこちらのメリーゴーラウンドは一味違います。なんと、ダチョウやネコ、そしてクマといった動物までいるのです。遊びに行かれた際は、他にどんな動物がいるか探してみて下さいね。

こちらのメリーゴーラウンド、一回300円で乗ることができます。我が家には小学生の子供がおりますが、もうメリーゴーラウンドに乗りたがる年ではなかったので、今回は見るだけでした。

驚いたことに、こちらのメリーゴーラウンド、愛犬も乗れちゃうそうです。愛犬との想い出作りに、是非一度乗られてみてはいかがでしょうか?

森の中のメリーゴーラウンド

森の中のメリーゴーラウンド

このかわいらしいメリーゴーラウンドの横にあるカフェ、その名もメリーゴーラウンドカフェには、愛犬と一緒に入ることができます。今回私たちはこちらでお昼を頂きました。

地元の高原野菜を使った洋食メニューがずらりと並んでいるので、どれにしようかとても悩みましたが、私たちはローストビーフサンドとカツサンドを注文しました。

特に、ジューシーな甲州信玄豚を使ったカツサンドはボリューム満点!どちらもとってもおいしかったです。

そして我が家の愛犬ルーナには、チキンのホワイトシチューを頼んであげました。ブロッコリーやニンジンとチキンがゴロゴロ入っているこちらのシチュー、これがとってもおいしかったようで、あっという間に平らげていました。

そして器がピカピカになるまで、名残惜しそうにいつまでもペロペロとなめていましたよ。

愛犬用のチキンのホワイトシチュー

愛犬用のチキンのホワイトシチュー

旅先では、愛犬との食事が心配になりますが、こちら萌木の村ではメリーゴーラウンドカフェの他にも愛犬と一緒にお食事できるレストランがあるので安心です。

その一つがROCK。1971年創業のROCKは、名物のカレーが大人気のレストランです。2016年に火災が起きて店舗が消失してしまったのですが、2017年に再建し、変わらぬ味を提供し続けています。

本当は私たちも行きたかったのですが、夏休みという事もあり、ものすごく混んでいて…。今回は泣く泣く諦めました。

こちらのROCKもテラス席であれば、愛犬と一緒に食事を楽しむことができるので、名物カレーのお味が気になる方は是非。

万が一、私たちのように入れなかった場合は、レストラン内にあるショップでレトルトのカレーを販売しているので、そちらをお土産にしてみて下さいね。とてもおいしかったですよ。

またこちらの地ビールも有名ですので、あわせてお土産にどうぞ。こちらでしか味わえない物なので、是非お試しくださいね。

萌木の村はフォトジェニックなスポットが満載!

旅の思い出作りに写真を撮られる方は多いと思いますが、萌木の村にはフォトジェニックな場所がたくさんあります。

カラフルな萌木の村 色鉛筆の前に座るラブラドゥードル

カラフルな萌木の村 色鉛筆の前で

 

車の中にも花々が植えられています

車の中にも花々が植えられています

私自身も、インスタグラムやフェイスブックをやっているので、たくさん写真を撮ってきました。子供たちやルーナまでもがうんざりするほどでしたが…。

でも、しばらく経ってからそんな写真を見ると、色々な想い出がよみがえって懐かしむことができるので、やっぱり写真はいいなぁと思います。

友人から聞いた話では、ハロウィンの季節が一番オススメとのことでした。まさにこれからですので、是非足を運んでみて下さいね。

少し足を伸ばして清泉寮へソフトクリームを食べに行こう

萌木の村を満喫した後は、是非清泉寮まで足を伸ばしてみて下さい。車で10分もかかりません。もちろん私たちも行ってきましたよ。

「清里の代名詞」と言われるほど有名な清泉寮ソフトクリームですが、ジャージーミルクをたっぷり使った濃厚なお味で、本当においしかったです。南アルプスや八ヶ岳を一望できるそのロケーションが最高なので、より一層美味しく感じられました。

清泉寮ソフトクリーム

清泉寮ソフトクリーム

広大な清泉寮の牧草地の前に座るラブラドゥードル

広大な清泉寮の牧草地の前で

清泉寮には広大な牧草地が広がっています。ここでルーナを走らせてあげられたら…と思いましが、残念ながらそれはできません。

その代わり、清泉寮にはたくさんの自然歩道が用意されています。一周30分程度の軽いお散歩コースから、4時間45分かかる本格的なトレッキングコースまであるので、皆さんの目的に応じて色々選べるのが嬉しいですね。

愛犬と一緒に、気持ちの良い清里高原でたくさんお散歩してみて下さいね。

愛犬と一緒に清里高原の大自然を満喫しよう

いかがでしたでしょうか?夏の避暑地のイメージが強い清里高原ですが、紅葉の季節も、雪が降り積もる季節も、様々な表情の大自然を楽しむことができます。

せっかく四季のある日本に住んでいるのですから、愛犬にも四季折々で楽しいことを体験させてあげたいですよね。是非、清里高原を訪れた際には、今回ご紹介した萌木の村と清泉寮に立ち寄ってみて下さいね。

スポンサーリンク