四国徳島の小松海水浴場で愛犬と過ごした楽しい夏の日

四国エリア

日の出と愛犬の写真を撮るために早朝から徳島県の小松海水浴場へ向かいました。小松海水浴場では愛犬は大はしゃぎでビーチで遊んだり、水に入って泳いでいました。

愛犬とおもちゃでたくさん遊んで水の中で楽しんだ後は、小松海水浴場に新しく設備されたドッグランで他のワンちゃんたちともたくさん遊べました。

そして、暖かい夕日をみながら1日を締めくくりました。愛犬も飼い主もとても充実した楽しい1日を過ごすことができました。

この記事に登場する愛犬

ジェイク ♂ (ジャーマンシェパードドッグ)

スポンサーリンク

小松海水浴場で愛犬と宝石のような日の出を見る

私たちは徳島県にある小松海水浴場の日の出と愛犬の写真を撮るために、午前4:30くらいに到着するのを目安に家を出ました。

日の出の時間はインターネットで調べることができるのですが、絶対に日の出を逃したくなかったので、余裕をもって家を出ることにしました。周りはまだ真っ暗でした。

9月だったので日中は暑いですが、さすがに早朝は少し涼しかったです。いつもと比べてあまりにも早く家を出たので愛犬はとても戸惑っていました。

しかし出かけるという気配を察してすぐに興奮して車に飛び乗りました。

小松海水浴場に到着するとまだ真っ暗。日の出を待っている間に愛犬と散歩し、ストレッチやウォーミングアップをしました。

徐々に温かい色が空に広がり、まん丸な赤い太陽が姿を現しました。

これを待ってました!さっそく愛犬の写真撮影。愛犬の写真を撮るときはいっぱい遊んで愛犬と楽しむのがポイントです。

犬は楽しんでいると仕草も顔も笑顔になるので美しい写真が何枚も撮れました。

宝石のような太陽は海にも反射し、全面が黄金色になります。本当に絶景です。

明るくなってくるとサーファーの人も増え、ちょっとずつ人がやって来ました。

サーファーを見るのが初めての愛犬はとても不思議そうに眺めていてとても可愛かったです。

愛犬からすれば水の上をスラスラとスライドして行く人は不思議でたまらないのです。

朝早く起きなければいけないので少し大変ですが、愛犬と美しい景色を楽しみたい人には小松海水浴場で日の出を見るのはオススメです。

人も少なく、場所も広いので、他の人に迷惑をかける心配がなく、愛犬と一緒に景色を楽しむには最高のスポットです。

私たちはしませんでしたが、キャンプが好きな人は駐車場の脇でキャンプをするのもいいアイディアだと思います。

次回はキャンプをして愛犬と日の出を楽しみたいと考えています。キャンプすると朝起きて海岸まで行く手間が省けるので少し楽になるかもしれません。

さらに、愛犬と自然のなかでキャンプするのはとても楽しいです。次回はぜひ愛犬とキャンプをしたいと思っています。

小松海水浴場で周りを気にせずに思いっきり走る

日の出を見終わり、写真撮影が終わった後は休憩がてら近くのマクドナルドに朝食を買いに行きました。

ドライブスルーで朝マックを買い、海岸へ戻り食事しました。愛犬と海の景色を眺めながらの食事はいつもよりも美味しいく感じます。

愛犬にも持参していたドッグフードをやり、胃捻転にならないようにしばらく車で休憩させました。

十分に愛犬も飼い主も休憩した後は海岸でまた遊びます。愛犬は数ヶ月前に関節炎であることが発覚し、関節にあまり負担をかけないように、走るのを極力避けています。

そのため走るだけではなく、大好きなフリスビーやボール遊びをあまりすることはできません。

しかし、小松海水浴場の砂はとてもふわふわで柔らかいので、関節にあまり負担をかけずに愛犬も走り回ることができました。

普段はあまり走り回ることができないので、愛犬はとても喜んでフルスピードで走り回っていました。

また、ボール遊びをするときは急ブレーキをかけることが関節に大きな負担になるので水の中以外ではしません。

また、サラサラの砂の上では安全にボール遊びもできます。愛犬とたくさんフリスビーやボール遊びをしました。

いつもはできない遊びをたくさんできて愛犬は満開の笑顔。長い舌には砂がついており、満足そうにパンティングしていました。

砂の上で運動するのは関節が悪い犬だけではなく、他の全ての犬にも利点があります。

砂の中に足が沈み、重くなるので、平地で犬を運動させるよりも疲れやすくなります。

なかなか疲れず、スタミナのある愛犬には砂の上でボール遊びなどをするのがオススメです。

しかし、真夏の時期は海水浴のために大勢の人がいるので走り回るの他の人の迷惑になるかもしれません。

さらに、真夏はアスファルトだけではなく、砂もとても熱くなります。愛犬を熱い砂の上で遊ばせると、肉球を火傷する可能性があるので注意が必要です。

また、愛犬は人間よりも地面に近いので、砂の上で遊ぶのが短時間でも熱中症になる可能性があります。

夏の海岸は時間や時期を選ぶと、涼しくて楽しい場所です。しかし、気をつけないと、愛犬の命を奪いかねない危険な場所にもなり得るので注意が必要です。

季節関係なく、水分補給も忘れないようにするのがとても大切です。小松海水浴場には水道がありますが、海岸から少し離れているので、ペットボトルに水を汲んでおくのがオススメです。

小松海水浴場で水に入ってクーリングダウン

小松海水浴場でたくさん走り、暑くなってきた頃に、愛犬を泳がせることにしました。

泳ぐことは関節に負担をかけずに筋肉をつけらるので、最高の運動です。さらに愛犬は泳ぐのが大好きなので一石二鳥。

小松海水浴場はとても美しいので、景色を楽しみながら愛犬を遊ばせることができます。

お気に入りのおもちゃの「プラー」は水に浮くので、愛犬と水で遊ぶ時はいつもこのおもちゃを使います。

遠くに投げたプラーを愛犬は泳いでレトリーブします。何度繰り返して投げても愛犬は飽きることなく、おもちゃを取ってきてくれます。

しかし長時間の水遊びは水中毒を引き起こす原因になるので、30分弱で愛犬を水から連れ出し、休憩させます。

水中毒は体内中の水分の割合が過剰に高くなり、命を落とす危険性もある恐ろしい病気です。

また、泳ぎなれない犬はライフジャケットを着用するなどして、安全に遊べるように気をつけることが大切です。

水遊びをした後は小松海水浴場のドッグランでたくさんの犬たちと遊ぶことができました。

小松海水浴場に新しいドッグランが整備されています。1.5mほどのフェンスがあり、地面は土です。大型犬と小型犬のランが分かれており、どんな犬種も安心して遊ぶことができます。

大型犬コーナーにはうちの愛犬以外に2匹の犬がいました。愛犬と遊ぶ機会があまりないので、はじめは愛犬も私も少し緊張していました。

しかし、時間が経つにつれて愛犬も打ち解け、とても楽しそうに他の犬たちと遊んでいました。

私も他の愛犬家と少し話ができ、とても楽しかったです。

夕方には海岸に戻り、変わる空の色を眺めていました。日が沈むのを見ることはできませんが、空が綿あめのような色に変わります。

とても長い1日でしたが、とても充実して、愛犬も私も楽しむことができました。

暑い夏のクールな1日

日の出の写真撮影から、ドッグランでクーリングダウンするまで、愛犬と小松海水浴場でとても充実した1日を過ごすことができました。

小松海水浴場はその名の通り、海岸しかありません。しかし楽しみ方はたくさんあり、とても濃い時間を愛犬と過ごすことができます。

さらに泳ぐことができるので、気をつければ暑い夏の日も愛犬と楽しむことができます。絶景を楽しみながら愛犬とのびのび遊びたい人には徳島県の小松海水浴場がオススメです。

この記事の執筆者の愛犬
ジェイク
フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク