星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳に愛犬と宿泊してきました!感想も!

犬とお出かけ

今回は、うちの愛犬ノーフォークテリア2頭と、2017年4月にリニューアルオープンした星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳に行ってきました。
今回のリニューアルでペットと泊まれる「レジデンスルーム・ペット」もリニューアルし贅沢に生まれかわっったという事なのでとても楽しみです。

リゾナーレ八ケ岳は、もちろんペット連れ専用宿ではありませんが、お店が立ち並ぶピーマン通りなど愛犬と一緒に楽しめる場所もたくさん有りそうなので楽しみです。ペットと泊まれる「レジデンスルーム・ペット」も新たに4部屋できたということなので、早速泊まって来ました。

この記事に登場する愛犬

 ノア ♂(ノーフォークテリア)
 ノエル ♂(ノーフォークテリア)

スポンサーリンク

星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳へのアクセス

東京から中央高速で2時間程度で小淵沢インターに到着。そこから、ほんの5分程度の便利な場所に、星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳はあります。 星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳の施設内にあるピーマン通りは季節にもよりますが、割と早い時間からカフェなどがオープンしているので、宿泊をしない時にも良く一休みに使わせてもらっています。

我々は愛犬を車の後部座席に座らせて、朝、東京を出発し、10時前には小淵沢に到着しました。いつもながら愛犬たちは少し酔ったようです。我が家ではドライブ旅行の際は愛犬の朝ごはんはお預けで、目的地に到着してからゆっくり食べさせます。

八ケ岳アウトレットを散策

まずは、いつも立ち寄る、八ヶ岳アウトレットに向かいました。ここには、広くはないですが、ドッグランがあり、また、ペットと入れるレストランも沢山あるので、ペット連れにはとても便利で、楽しめる施設です。

八ヶ岳アウトレットの駐車場に車を止めて、先ずはドッグランへ。まだ車も人も少なく、高原の空気がひんやりと、爽やかです。ワン達お待ちかねの遅い朝ごはんをあげて、用を済ませてから、ゆっくり、お店を散策。

八ヶ岳アウトレットは多くのお店が、抱っこをすればワンちゃん連れ入店OKなので、愛犬と一緒にショッピングを楽しめるのも嬉しいです。ワンちゃんグッズのお店など一回りし終えたら、ちょうど昼どき。

レストランエリアにあるサンクゼールマルシェというお店のテラスに移動。ここは、地の食材を使ったランチを楽しめます。テラスのみワンちゃん可ですが、テラスがとても広いので、自然の中でゆったりと食事を楽しむことができます。個人的には豚丼がおすすめですが、季節のパスタや、カレーなどが頂けます。

八ヶ岳アウトレットには大小含めると、17店ほどの食べ物屋さんが入っているので、好みに応じて好きなお店がチョイスできます。

新緑越しの、木漏れ日を浴びながら、のんびりランチを楽しんだ後、お店をもうひと周りしてから、八ヶ岳アウトレットを後にしました。

星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳にチェックイン

アウトレットからほんの5〜6分でリゾナーレ八ヶ岳に到着。リゾナーレ八ヶ岳のメインロビー前で荷物を係りの人に預け、駐車場に車を止めてフロントへ。
チェックインはワンちゃん連れも一般のお客さんと同じです。リゾナーレ八ヶ岳のロビー内はリードをつけていれば、ワンちゃんも一緒に歩いてOK。

チェックイン後、係りのお姉さんに案内されて今日宿泊する、リゾナーレ八ヶ岳自慢のレジデンスルーム・ペットへ。
部屋は、ホテルのメイン棟ではなく、ピーマン通り(ホテル内のショッピングストリート)沿いのレジデンス棟にあります。ちょうど丸山珈琲の向かいあたりの棟の、2階、3階の4部屋がペットと泊まれるレジデンスルームペットになっているそうです。エレベーターは無いので愛犬と一緒に階段で3階へ。

リゾナーレ八ヶ岳自慢のレジデンスルーム・ペット

リゾナーレ八ヶ岳レジデンスルーム・ペットの部屋4部屋ありますが、我々が泊まった部屋は90㎡の1LDKで、独立したキッチンまで付いていました。入って左側がダイニングキッチンと、広いリビング、右側がベッドルームというつくりです。ベット側の小窓からピーマン通りが見下ろせました。

部屋には、ワンちゃん用アメニティ一式と、大型のケージが置かれてていました。小型犬なら2匹一緒に余裕で入るサイズです。リゾナーレ八ヶ岳内のレストランが、ディナー時全てワンちゃん不可なので、ワンちゃ達は部屋のケージでお留守番ということなのだと思います。   ただ、残念ながら我々が泊まった時は、部屋にリードフックは無かったように記憶しています。

ピーマン通りのお店は、食品を取り扱う店以外は、小型犬のみ同伴可のようでした。

我々は、愛犬連れで食事がしたいので、ディナーはホテルの外のお店を予約しておきました。リゾナーレ八ヶ岳から車で3分ほどのところに、マジョラムというビザが美味しいイタリアンレストランがあり、室内にペット可席が沢山あるのでとても便利です。
小淵沢のお店は早く閉まる所が多いので、リゾナーレ八ヶ岳の外で食事する場合は事前に営業時間をチェックしておいた方が良いと思います。

リゾナーレ八ヶ岳内のワインバー

夕食から戻り、ホテル内にあるワインバー&売店でワインを仕入れて部屋で晩酌を楽しみました。リゾナーレ八ケ岳内のワインバーでは特別なサーバーで数十種類のワインがサーブされていて、全てバイザグラスで飲めるようになっていました。無論ボトル売りも有ります。買ったワインは専用のカラフェを買えば部屋に持って帰れます。おつまみも何種類か用意されていました。
ワインバー内は抱っこすればワンちゃんもOKで、うちもワンちゃんを抱っこしてお気に入りのワインを選びました。
ホテルの外で夕食をとる場合、運転手はお酒が飲めないので、ホテルに戻ってからお部屋でゆっくり美味ししワインが飲めるのはとてもうれしい限りです。

リゾナーレ八ケ岳での朝食

朝食は、リゾナーレ八ヶ岳内のYYgrillというレストランが会場になりますが、テラス席のみワンちゃん連れ可とのことだったので、そちらでとりました。
リゾナーレ八ヶ岳のYYgrillの朝食はビュッフェ形式なので、いちいちテラスまで料理を持ってくるのが大変だったのと、とにかく風が吹き抜けて、寒く、早々に退散しました。多分、寒い季節はテラス席での朝食は、厳しいかもしれません。

このあたりは、リゾナーレ八ヶ岳がペット連れ専用のホテルではないので仕方がないのかもしれません。客層も小さなお子さんを連れたファミリー客が多いようなので、小さな子どもの苦手なワンちゃんは少し大変かもしれません。

部屋が広くて、キッチンや設備も充実しているので、事前に朝食を仕入れておいてゆっくり部屋で朝食をとるのが良いかもしれませんね。

星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳に愛犬と宿泊 まとめ

全体的にリゾナーレ八ヶ岳は洒落で、愛犬と散策できるお店もたくさんあり、楽しいかったのですが、やはり、基本は、波の出る室内プールにしても、インディアンテント風の浴場にしても、レストランにしても、家族連れを意識したサービスになっているので、ワンちゃん連れの旅行には、少し不便と、物足りなさを感じました。

チェックアウトまで時間があるので部屋から見下ろせるところにある、ピーマン通りの丸山珈琲の、日の当たるテラスで愛犬と一緒に美味しいコーヒーを頂いてから、星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳を後にしました。
帰りは、インター近くの道の駅小淵沢で、フルーツや朝獲れ野菜、ベーコン、など八ヶ岳ならではのお土産を沢山仕入れて帰路につきました。

以上、星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳訪問でした。

この記事の執筆者の愛犬
ノア&ノエル

ノーフォークテリア ♂

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク