愛犬とお散歩にオススメ!小田原城 城址公園

犬とお出かけ

ゴールデンウィークに愛犬を連れて小田原城へ行ってきました。小田原城 城址公園は犬を連れてお散歩ができます。 犬連れで小田原城を散策した時の様子をお伝えします。

この記事に登場する愛犬

 KAI ♂(カニンヘン・ダックスフンド)

スポンサーリンク

小田原駅から小田原城へ徒歩で出発!

午前9時頃にJR東海道本線 小田原駅に到着。

小田原駅は、小田急小田原線、JR東海道本線、JR東海道新幹線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道が通っています。

私達はJR東海道本線で来ました。
愛犬カイ(カニンヘン ダックスフンド)はキャリーケースに入れて、手回り品切符を購入して乗車しました。
ペットと電車に乗る際についてですが、 各路線によってルールが異なるので、電車を利用する場合は事前にホームページなどを確認しましょう。

車の場合は、小田原市のホームページによると、小田原城址公園には一般駐車場が無く、周辺の有料駐車場を利用する形になります。
土日祝日は道路が混み合うということなので、混雑する時間帯を避けるなど対策が必要ですね。

小田原駅の東口を出ると、すぐに小田原城が見えます。

小田原駅東口を出たところから見えた小田原城

小田原駅東口を出たところから見えた小田原城

駅からは徒歩10分程度です。

午前9時台ですが、ゴールデンウィークで観光客が多く、通常の歩道は狭く危ないのでカイをキャリーバッグに入れて運びます。

小田原城のお堀が見えてきた!

駅から小田原城が見えますが、スマートフォンで小田原城 城址公園までの道のりを地図で確認しながら進みます。
5月の暖かな日差しの中、歩くこと10分。
お堀が見えてきました!

新緑シーズンだったので、お堀の外から眺める景色は美しいです。
愛犬を撮影するには、なかなか良いフォトスポットです。

奥に見える橋は学橋です

奥に見える橋は学橋です

お堀に沿って進むと、最初に学橋が見えてきます。
学橋の先には馬出門土橋があり、こちらが正面入り口となり、正規登城ルートとなります。

駅から徒歩で来た観光客は、最初に見える学橋を渡って城址公園へ入って行きます。
私達も学橋を渡ります。
学橋を渡っている途中からの景色も美しいので、行き交う人の邪魔にならないように記念撮影をしました。

愛犬と学橋の上にて

学橋の上にて

お堀には、鯉がたくさん!
愛犬カイは初めて見る鯉に目が釘付けです。
こうした愛犬の反応を見るのも楽しいですね。

小田原城城址公園でお散歩スタート

城址公園には二の丸広場や報徳二宮神社、境内にはカフェ、レストランもあります。

二の丸広場

学橋を渡ると二の丸広場です。

この日は、ちょうど北條五代祭りがある日で、朝から屋台がたくさん並んでいました。

北條五代祭りは小田原市最大の観光イベントで、総勢約1,800名の武者隊・音楽隊・まち衆隊の大パレードが市内をまわるそうです。

小田原城では、年間を通じて四季折々のイベントが開催しています。
あじさい花菖蒲祭りや菊花展なども開催しているので、事前に調べてイベントに合わせて行くのも楽しいかもしれません。

私達は事前に調べていなかったので、賑やかな城址公園にびっくりしました。
お祭りだと人混みの中で愛犬を連れてのお散歩は難しいかなぁ?と思いましたが、お祭りが12:30開始だったので、まだそこまで混雑していません。お散歩続行です!!

二の丸広場は屋台が広がっていたので、広場を抜けたところから、愛犬をバッグから出しました。
そこからは一緒に歩いて進みます。

城址公園内は犬連れのお散歩はOKですが、建物内はもちろんダメです。
歴史見聞館、小田原市郷土文化館、小田原市立図書館が並びますが、その横を通り過ぎてテクテク歩いて進みます。

公園内は緑豊かなので、道端の草むらでクンクンにおい嗅ぎをしながら、ゆっくりのんびり天守閣へ向かって進みます。
私達も新緑の美しさを感じながら、ゆったり進みます。

途中、犬連れでお散歩されている方に何人もすれ違いました。やはり犬のお散歩には人気のスポットみたいですね。

報徳二宮神社

天守閣へ向かう途中に、報徳二宮神社へ続く道がありました。

狛犬さんと記念撮影

狛犬さんと記念撮影

報徳二宮神社は、あの二宮金次郎を神さまとしてお祀りする神社です。
二宮金次郎像もあるので、せっかくなのでお参りします。

鳥居をくぐり、緑が生い茂る道を進むと神社が見えて来ました。
こちらも人気で、まだ午前10時台ですが、お参りする人の列ができていました。

お参り前に、私達夫婦は手水舎で手や口を漱ぎ清めました。(もちろん愛犬カイは見学です。)
カイを抱っこして参拝の列に並び、一緒にお参りしました。

きんじろうカフェで休憩

境内には、以下のカフェ、レストランがあります。

きんじろうカフェ

コーヒーや江戸時代に金治郎が食べていた食事「呉汁」などが食べられるカフェです。

café 小田原柑橘倶楽部

ジュースやジェラート、軽食など。

Natural Chinese KONOMA 樹麻

飲茶を盛り込んだ広東料理のレストラン。

お店が新しく、おしゃれだったのでカフェで休憩する事にしました。

きんじろうカフェ

きんじろうカフェ

きんじろうカフェとcafé小田原柑橘倶楽部は並んでいて、座席は共有でした。
テラス席は犬連れでも大丈夫です。

きんじろうカフェでアイスカフェラテ。
café 小田原柑橘倶楽部でジェラートを買いテラス席に座りました。

5月の晴れた日で、日差しが強かったですが、テラス席は緑で囲まれていて木陰もあります。
風が吹くと涼しくて気持ちが良いです。

テラス席から空を見上げると鯉のぼりが見えました

テラス席から空を見上げると鯉のぼりが見えました

天守閣到着。

カフェでひと休みしたら、いよいよ天守閣へ。

こども遊園地を通り越して坂道をゆっくり登って行くと本丸広場に到着です。

見上げると、小田原城の天守閣が目の前に!

この日は快晴だったので、真っ白い城壁が青空に映えて美しかったです。 天守閣の中には愛犬を連れては入れませんので、本丸広場をお散歩します。

愛犬と記念撮影!

愛犬と撮影するなら、天守閣から少し離れて下から撮影すると天守閣全体が背景に入ります。 天守閣、青空、新緑が背景に入ると、愛犬も城主のように堂々と格好良く見えてきますね。 愛犬の目線をカメラに向けるには、オヤツや音で気を引きましょう!

天守閣を見ながら休憩

本丸広場には売店があります。
食べるスペースもあるので、売店で買ったものを食べたり、持参したお弁当を食べたり、色んな観光客が休憩していました。
私たちはきんじろうカフェで休憩したばかりなので、ここでは休憩しませんでした。

ニホンザル舎

なぜか、本丸広場にニホンザル舎がありました。
愛犬カイを連れて近づくと、カイのお鼻がヒクヒク。
カイのにおいセンサーが何かを察知!
においがする方にカイが歩いて行くと、目の前にニホンザル舎の檻があります。

お猿さんのにおいに反応

カイが檻の中を覗くと、そこにはニホンザルが数頭いました。

ニホンザルを見た途端、カイは私達もびっくりするくらいの半狂乱で吠え始めました!!
今までにないカイの吠え方に、やはり猿と犬は犬猿の仲なのかなぁ〜、なんて思ってしまいました。

半狂乱に吠えるカイとは対照的に、お猿さん達はカイを無視して仲間の毛づくろいをのんびりしていました…。

天守閣でのんびり過ごした後、お祭りで観光客が増えて来たので、来た道を下り小田原城を後にしました。
3時間弱くらいの滞在時間でしたが、愛犬を連れてのお散歩には十分楽しめました。

まとめ

小田原城の城址公園では、犬連れでお散歩ができます。
自然豊かな公園や天守閣までのお散歩道は、愛犬も喜ぶこと間違いなしです。
愛犬が本丸広場にいるニホンザルと対面した時の反応も楽しめます。
美しい小田原城を背景に撮影した愛犬の写真は一生の宝物になるでしょう。

新緑シーズンに小田原城の歴史を感じながら、愛犬とお散歩はいかがでしょうか?

この記事の執筆者の愛犬
KAI

カニンヘン・ダックスフンド ♂

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク