わんちゃんと行く長野県入笠山登山!アプローチが楽しい2000m級の山!

犬とお出かけ

わんちゃんと行く入笠山登山 アプローチが楽しい2000m級の山

長野県にある富士見パノラマスキー場のゴンドラに乗って、わんちゃんと一緒に標高1955mの入笠山登山に行って来ました。

長野県の入笠山は実際には2000mより少し低い山ですが、2000m級の山というと空にそびえる高い山というイメージから、さぞかし登るのも大変と思うかもしれませんが、入笠山は富士見パノラマスキー場のゴンドラを利用すれば、初心者でも登ることができます。

勿論、登山経験の豊富な方が一緒にいれば、山登りが初めてという方でも挑戦できる比較的簡単な登山道です。

我が家は山歩きが大好きな愛犬と一緒に登ってきました。

この記事に登場する愛犬

 蕾(キャバリア×ビーグルのmix犬。女の子)

スポンサーリンク

入笠山の登山道は2カ所

入笠山の登山口は、富士見パノラマスキー場のゴンドラ山頂駅から湿原を経て登るコースと、富士見パノラマスキー場の手前にある分岐点で、入笠山登山口と書かれた標識を左側へ辿れば沢入登山口に到着します。

こちらの方が少しアプローチは長くなりますので、健脚の方はゴンドラを利用しないこちらのコースから登ることもできます。

富士見パノラマスキー場のゴンドラを利用して登った場合も、沢入登山口側から登った場合も、アプローチの距離が異なるだけで、どちらから登っても山彦荘で合流し、入笠山本山への登山道は同じになります。

私達はアプローチも楽しめる富士見パノラマスキー場のゴンドラを利用した登山道から、入笠山を目指して愛犬と一緒に汗を流してきました。

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート

愛犬、富士見パノラマリゾートにて

愛犬、富士見パノラマリゾートにて

入笠湿原では高山植物の競演が楽しめる

富士見パノラマスキー場のゴンドラは、大型犬でも一緒に乗ることができます。多くのゴンドラは、抱っこできるサイズまでとか、クレートに入れれば一緒に乗ることができる場合が多いのですが、こちらは大型犬でも乗ることができるので嬉しいですね。

愛犬、富士見パノラマリゾートゴンドラにて

愛犬、富士見パノラマリゾートゴンドラにて

山頂駅を降り入笠湿原入り口の案内板が立っている所から入ると、15分ほどはほぼ平坦な木立の中を歩きます。

この木立を過ぎると目の前が開け、入笠湿原地帯が現れ、湿原には初夏から秋にかけて多くの高山植物が咲き誇り、木道を歩きながらその姿を楽しめます。

愛犬、富士見パノラマリゾートにて

愛犬、富士見パノラマリゾートにて

多くの山歩きでは、目的である本山までのアプローチが長くて、林道や前峰の山歩きに疲れてしまうことがありますが、ゴンドラを利用した場合この入笠湿原に咲く花々を鑑賞しながら歩くことができるので、長いアプローチでも楽しく歩くことができます。

この湿原を訪れるのは、入笠山へ登るハイカーだけではなくむしろ、湿原に咲く花々を見に訪れる観光客の方が多く、それだけ魅力があり、またゴンドラを利用すれば少し歩くだけで高山湿原にたどり着けるわけですから人気があるはずです。

入笠林道

入笠林道

愛犬、入笠湿原にて

愛犬、入笠湿原にて

入笠湿原

入笠湿原

入笠湿原

入笠湿原

愛犬と入笠山登山開始!

我が家が愛犬を伴い入笠山へ行ったのは10月の体育の日だったので、まだ紅葉には少し早く、夏の高山植物はすでに終わっていましたが、キリンソウやリンドウなどの秋に咲く花が出迎えてくれました。

ゴンドラからは少し色付きだした紅葉と、富士山が見えます。
夏の時期でも平地より約10度低くなりますので、しっかり水分補給しながら登山すれば、わんちゃんと一緒に登ることもできます。

10月の空はどこまでも澄んでいて、草紅葉と化した湿原はキラキラと太陽の光を浴びて輝いていました。

山道を歩くには丁度良い気温で、光を遮る木立がない木道では少し暑いくらいでしたが、愛犬は自然を感じながら入笠山へ続くアプローチを楽しんでいました。

入笠湿原を抜けると入笠山登山道まで30分ほど林道歩きがあります。この湿原を抜けたところに山彦荘があり、沢入登山口から登ってきたコースとの合流地点。

入笠湿原

入笠湿原

入笠湿原

入笠湿原

愛犬、入笠湿原にて

愛犬、入笠湿原にて

私達はこの林道を半分ほど歩いたところで、沢入登山口から花畑を往復するバスに遭遇しました。
林道を周遊するバスがあることを知らなかったのですが、グリーンシーズン限定でマイカー規制により林道を無料で送迎しているそうです。

私達の横でバスが停車し、「乗っていきませんか?」と声を掛けられたので、「犬がいるんです」と答えると「わんちゃんも乗れます」と親切に応答してくださったので入笠山登山口まで乗せて頂きました。

愛犬がバスに乗ったのはこれが初めてとなりますが、おとなしく通路に座ってくれていましたが、蕾的には歩きたかったかもしれませんね。

バスに揺られること5分ほどで入笠山登山口に到着。

入笠林道バス

入笠林道バス

入笠林道

入笠林道

ここまでの道のりは、殆ど平坦でしたがここから急な登りに入ります。

ゴンドラ山頂駅の標高は1780mなので、200mほど高度を稼がなくてはなりません。私達が行った10月は登山には適した気候なので多くの登山客に遭遇しました。

入笠山の登山道は決して危険な登山道ではありませんが、大きな岩や急な登りはありますので、林道歩きのように油断は禁物です。

わんちゃんも段差の有るところもあるのでしっかりとリードを持って、わんちゃんのペースに巻き込まれないように必ず飼い主さんが主導権を握るようにして歩いてください。

わんちゃんは、山歩きが大好きで起伏のあるところでもマイペースで登っていきます。わんちゃんのペースに合わせてしまうと飼い主さんが疲れ切ってしまうので、あくまでも歩くペースはわんちゃんが飼い主さんに合わせられるようにしましょう。

少しリードはたるみを持たせて歩くようにして、首に負担が掛からないようにします。

我が家の愛犬は山歩きが大好きなので、いつも張り切りすぎて飼い主の間を行ったり来たりするため、人間の何倍も歩いてしまいます。

土の感触、木の枝や枯れ葉の感触、岩や小石の感触。すべて肉球を伝って脳を刺激しています。そのためアスファルトを歩かせているときよりも活性が良くなり健康にも繋がり、体力維持だけではなく、肉球からの情報や目や鼻で感じる自然は、わんちゃんにとって良い刺激となって気分も盛り上げてくれるため、自然の中の山歩きはわんちゃんにとっても健康的です。

入笠山山頂からの眺めは登った人だけが味わうことができるご褒美。

360度の絶景が味わえ、南アルプス、北アルプス、八ヶ岳、富士山まで臨むことができました。
絶景をバックに広げる昼食は最高に美味しかったです!

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山山頂

入笠山山頂

入笠山山頂

入笠山山頂

入笠山山頂

入笠山山頂

入笠山山頂

入笠山山頂

愛犬、入笠山山頂にて

愛犬、入笠山山頂にて

愛犬、入笠山山頂にて

愛犬、入笠山山頂にて

入笠山下山からゲレンデでのひととき

入笠山に限らず山歩きで注意したいのは下り。

登る方が体力的には大変で下山は楽に見えますが、降る勢いに任せて足早に歩いてしまうと事故の元になります。

枯れ葉の上は滑りやすく、浮き石なども点在していますので慎重に1歩1歩確認しながら降ってください。

特にわんちゃん連れだと、わんちゃんがリードを引っ張ってしまい吊られて足を滑らせてしまうこともあります。

入笠山には岩場コースと岩場迂回コースがあり、登りの時は岩場コースを、下りの時には迂回コースの方を利用すると良いと思います。

どちらもそれ程大差はありませんが、岩場コースでは1カ所だけ鎖場があります。自信の無い方は両方迂回コースを選んだ方が安全かもしれません。
私達は行きに岩場コース、帰りは迂回コースを辿って来ました。

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山登山道

入笠山はスズランの花が咲くことで有名ですが、私たちが行った時は秋だったのでとっくに花は終わっていましたが、スズランの真っ赤に色付いた実が見られました。

例年5月下旬頃から入笠湿原や山野草公園、ゲレンデなどに20万本のドイツスズラン、100万本の日本スズランが咲き誇ります。

ゴンドラ山頂駅まで戻ってきたら誰もいないゲレンデを、愛犬は独り占めして走り回っていました。

人間も遮る物がないだだっ広い場所に来ると、大声で叫んでみたり走ってみたくなる衝動に駆られることがあると思うのですが、わんちゃんも心境は同じなのでしょう。

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート

愛犬、富士見パノラマリゾートにて

愛犬、富士見パノラマリゾートにて

わんちゃんと行く入笠山登山 まとめ

入笠山へ向かうアプローチではたくさんの高山植物を愛でながら歩くことができ、春から秋にかけてスズランを初めエンレイソウ、水芭蕉、ザゼンソウ、チゴユリ、カラマツソウなど数え切れないほどの高山植物が楽しめます。

初夏の頃は一番花の数も多いのですが、梅雨の時期にも重なるため天気は不安定になります。秋には花の数は減ってしまいますが、草紅葉や遠くまで眺望も楽しめます。

わんちゃんと一緒に色とりどりに咲くお花を愛で、初心者でも登れる入笠山登山を楽しんでみてください。

この記事の執筆者の愛犬
蕾

キャバリア×ビーグルのミックス犬 ♀

フォローする

周辺でペット可プランのある宿

スポンサーリンク